Baserangeのトップスを海外通販してみた!送料や関税はいくらぐらいかかるの?

オタク30代

ファストファッションよりも上質な服を身に着けたい年頃になってきました!

国内のセレクトショップも毎シーズンチェックしますが

人気のブランドは、すぐにSOLD OUTになりますよね。

そしてSOLD OUTになった途端に喉から手が出るほど欲しくなるのが、消費者心理というものですよね?

最近、巷で人気のオーガニックブランドBaserangeってご存知ですか?

【中古】BASE RANGE ベースレンジ クルーネックバンブーTシャツ ピンクベージュ S レディース

Baserange(ベースレンジ)と読みます!

国内のショップでも取り扱いが増えてきているこのブランド。

非常に人気で、気が付けばSOLD OUT祭りなんです。

欲しくても国内で売り切れ。

メルカリやラクマなどのフリマアプリで高額な値段で買おうとしてるそこのアナタ!

ちょっとストップ!

海外の公式サイトに在庫があるなあら諦めないで!個人輸入は慣れれば簡単!

定価+(もろもろ費用)でも断然フリマアプリより安いんですよ!

前置きが長くなりましたが

今回は、海外サイトの通販してみたいけど、英語わからないし

そもそも使ったことないし、心配!という方に必見です!

Sponsored Links

Baserangeとは?

この投稿をInstagramで見る

Fatma and Elvan wearing Summer 19.

baserangeさん(@baserange)がシェアした投稿 –

2012年に設立されたフランスとデンマークに拠点を置くブランドです。

オーガニック生地を使用した高品質な衣類が特徴で、環境への配慮も心がけています。

ファストファッションの流行から

生産国の労働環境や簡単に服が捨てられるといった環境問題が生じてる中

現代に寄り添ってるブランドだともいえますね。

一生着れるような服を作るので、肌触りが抜群にいいのと

まるで着ていないかのような、衣類の軽さが特徴です。

毎シーズ売り切れる定番のシャツは、素材はもちろんのこと

カラーの選定がとても綺麗で、清潔感があり、今求めているもの全部がそろってます。

Sponsored Links

Baserangeのサイトからトップスを海外通販をしてみた!

Baserangeは海外のブランドなので、国内で購入の場合

取り扱いのあるセレクトショップを探すか、実店舗で購入のどちらかになります。

実店舗は、東京に1店舗しかなく

他はセレクトショップでの販売の為SOLD OUTが多いんですね。

Baserangeの公式サイトには「日本語表示」のボタンがあり、

日本人気と顧客の多さをよくわかっているなと感じます。

購入方法!

Baseranger 公式サイト

国内のECサイトと同じように、カートに入れ→配達先の住所などを入力し決済までいけば完了です。

面倒な会員登録はしなくても大丈夫ですよ!

Billing details(請求者情報)

・First name:性
・Last name:名

・Company Name:会社名(ここは会社に送ってほしい人のみ)
・Email:メルアド
・Phone:電話番号

・Country:国名
・Address:住所

・Postcode / ZIP:郵便番号
・Town / City:~区以下の住所入力
・City:市名
・State / County:県名

・Create an account?アカウントを作りますか?
※ここにチェックすると、パスワードとe-mailの入力画面が現れます。
作りたい人はチェックを入れてください

・Order notes:ラッピング希望や何か質問事項があればここに記入してください。

・Sign me up for the newsletter!
※ニュースレターに登録の文字

・Ship to a different address?
※送り先の住所が違う場合は、こちら側にも記入。
例えば友達へプレゼントしたいときなどに。

住所の英語変換はこちらのサイトが便利ですよ住所変換

決済方法!

この投稿をInstagramで見る

Otay Honda Jumpsuit-Raw Silk-Aster Blue

baserange tokyoさん(@baserangetokyo)がシェアした投稿 –

日本からの支払方法はクレジットカードかPaypalの対応になっています。

どちらの場合も、決済ボタンを押すと決済ページに切り替わるので簡単に支払いできます

海外通販ならPayPal登録が便利!

PayPalはクレジットカードや銀行口座を登録しておけば

IDとパスワードだけでオンラインショッピングが可能なサービスです。

国内の銀行から引き落としすることが可能なので

わざわざクレジットカードを作る必要もなく使用できるのがPayPalの便利なところですね。

IDとパスワードで紐づいた銀行口座から決済できるので

電子決済と似たような感じで使えると思います。

国内外問わず使用できますが、特に安心なのが海外通販を利用するときです。

クレジットカードで決済をすると、お店側にカード情報が伝わってしまうので

海外通販でのカード決済は少し怖いところでもありますが

PayPalを使用すると、カード情報を渡さなくていいのも便利なポイントの一つですね。

会員登録の仕方

①パーソナルを選択し、登録に進みます

②空欄を全て埋めたら、次へをします。
*パスワードは細かく設定しておいてください。

③住所と電話番号を入力しましょう。
*ワンタッチ設定は、支払いの画面でPayPalの画面を立ち上げたのちログインの手間を省きそのまま決済のページまでいける設定のことです。

④同意してアカウントを開設

ここまで来たら、PayPalを使えるのも目の前です。

⑤銀行口座を登録します
口座名義(カタカナ)、支店コード、普通預金、口座番号を打ち込めばOKです。

このままBaserangeのページでPayPalの決済を選択し、決済ページまで行き

IDとパスワードログインで支払いまでできます。

海外通販の場合は、その日のPayPalの外貨レートが適用されます。
自動計算で、日本円に換算してくれるので

きちんと支払い金額も確認できて、安心して決済できます。

Sponsored Links

送料や関税はいくらぐらいかかるの?

送料は?

公式サイトをチェックしてみると国際郵便はすべてFedexに統一されています。

普通 Fedex 2〜4日 22 €(約2700円)
速達 Fedex 1〜2日 35 €(約4200円)

決済画面でどちらか選択できます。

私は、シャツを3枚購入して送料は€22決済でした。

商品到着時には、宅配業者からも手数料がとられましたよ(悔しい)

ここは国際郵便の値段の高さに驚愕してしまいますが、その分商品の値段は

国内のショップで購入するよりも安いので

レートによっては安く済むこともあります。

なによりも、欲しかった商品が手に入るのでそんなことは忘れています。

決済終了後、配達の準備が整えばインボイスが送られてきます。

いわゆる注文書ですね。

そこから大体1週間ほどで荷物を受け取りました。

Baserangeの洋服って本当に軽いんですよね。

旅行の時に便利なアイテムだなと実感しました。

実際届けてもらった宅配業者DHLだったので

国によって変わるのかもしくは速達の場合のみFedexなのかもしれません。

関税はかかるの?

通販って気軽ですし

外国でしか販売していない商品を手に入れることができるのでついつい手が伸びちゃいます。

そんなこんなで、よく利用します。

荷物が届いた瞬間に「~円お願いします。」と言われた日にゃ

それ何のお金?となったことありませんか?

商品代や送料は支払い済みで、他に要求される金額が「関税」や「輸入消費税」です。

改めて気を付けてほしいのが、海外から輸入(=購入)した商品には税金が課せられるということです。

一部のものを除いては、必ず課せられる税金ですね。

貿易関係の仕事をしている方なら、簡単かもしれませんが

初めての海外通販で、金額請求されたらなんのこっちゃともなりますよね。

課税の種類も分かれていますが、海外通販で請求される関税には2種類あります。

簡易税率

簡易税率

商品のトータル金額が20万円以下であり、個人の使用目的で輸入する場合*例外あり

海外通販の場合は、ほとんどがこの簡易税率が適用されます。

「輸入許可通知書」という書類に沿ってみていきましょう!

20万以上の商品となると高級ブランドのカバンとかになってきそうですよね。

海外通販の場合は、商品金額の「60%」の金額に課税されます。

例えば、今回私が買い物した金額は€197.83

そこから、送料となる€22を引いて€175.83

これに課税対象の60%、×0.6=€105.50が課税価格(CIF価格)となります。

輸入通関時のレート122.03円をかけて

12,874円に衣類の関税率10.9%が適用されます。

関税額は1,308円となります。

税額は1000円未満切り捨てでの計算になるので

請求される金額はこのようになります。

CIF価格12,000円×関税率10.9% = 1,308円=1,300円 (関税)

一般税率

一般税率

商品のトータル金額が20万円以上であり、商業用で輸入する場合*例外あり

ほぼ商業用に適用されるので、個人輸入ではあまり使われません。

商業用になると一般税率で計算されるんだと思っておいてください。

簡単に通販できちゃいますけど、余分にお金がかかってしまいますので

ここまで計算してからとは言いませんが

商品の金額プラスで請求される税金があるということを覚えておいてください。

また、決済の金額と税金が請求されるときのレートは異なりますので注意してください。

その他消費税の計算

消費税

申告価格の12,874円+関税1300円 = 14,174円 =14,000円

14,000円 ×6.3% = 882円=800円 (消費税)

地方消費税

800円 X 17/63の税率1.7% =215円=200円

実際に支払う税額は合わせて2,300円となります

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、Baserangeの公式サイトから海外通販をしてみた結果をまとめてみました!

購入金額は25363円+税金2300円+DHL手数料1080円28,743円

1枚あたり9,581円なので、国内のセレクトショップによっては同じくらいの金額か

少しお得になるかな?って感じです。

ちなみにセールの時がねらい目ですよ!

最後までお読みいただきありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です