ブルースクエア(アイマーケット&インターパーク)ホール見え方と座席表をチェック!アクセス方法やコインロッカー情報も!

皆さんこんにちは!

日本にも来日してくれるK-POPアイドル!
ファンになって、韓国に初めて行くという人も多いのではないでしょうか?

また、日本と違ってチケットの購入は先着順なので
自分で座席をチェックしてから購入できるというメリットも
(その間にSOLD OUTになってしまうこともありますが)

ライブやイベントに参加する人によって、重要視する内容が全く異なってきますもんね。

  1. 値段を重要視するのか
  2. 推しを近くでみるのが大切なのか
  3. 旅行がてら覗ければOK

また国内と違って、座席表を見たいけど見れない人のために
今回から、各会場の座席からステージの見え方と座席表をまとめてみました!

Sponsored Links

ブルースクエア(アイマーケット&インターパーク)見え方と座席表をチェック!

ブルースクエアにあるアイマーケットホールとインターパークホール

アイマーケットホールは全席スタンディング
主にコンサートで使用されるのに対し、
インターパークホールはミュージカルの公演などで使用されることが多いようです。

この辺りの街がドラマのタイトルにもなっている梨泰院に位置するコンサート、イベント会場ですね。

正確に位置するのは、ハンガンジン駅から直結と駅を降りてから
地図を見ながら歩くこともないので初心者でも安心です。

またこの辺りのエリアは、海外の大使館が立ち並ぶため
異国情緒あふれる街並みになっており、弘大エリアや江南エリアに続き
人気の観光スポットにもなっています。

ライブやコンサートだけで終わらすのは勿体ない!
探検できる場所がたくさんあるのがこのハンガンジン駅周辺になります。

直近のイベントであればHYUKOHのワールドツアー
このブルースクエアアイマーケットホールで開催されますね。

Sponsored Links

ブルースクエアアイマーケットホール

このホールは、スタンディングなので番号によって
どれくらいの距離で見えるのかをチェックしていきたいと思います。

音楽を楽しむだけなら、番号が遅くても問題なしですが
好きなアーティストを近くで見たいということであれば
100番台ではどうみえるのか?1000番台ではどのくらいの距離になるのか気になるかと思います!

座席表

収容人数は、800人から1000人規模
ワンフロアであはありますが、基本的には2つのブロックの作りのようです。

座席表は☆をクリック

2階には座席があるため、ゆったり鑑賞したい人は2階を選ぶのがよさそうですね!

見え方

スタンディング

ステージの作り的には舞台はメインしかないので
サブステージができるとは思えませんが
スタンディングの区域は、コンサート内容によって
2つから3つに分かれることはあるようですね。

B区域150番台

C区域59番台

3列目

7列目

2階

7列

9列19番

10列

スタンディングがフロアで広く場合によっては押し合いになることもあるかも?
全体的には、どこからも見やすい光景ではありますね。

Sponsored Links

インターパークホール

インターパークホールはミュージカル会場として有名
ロングラン公演されている演目などもあるので
ミュージカルファンにとってはよく知られている場所でもあります!

座席表

座席数は1066席でミュージカル規模としては大きいのではないでしょうか?
1階から3階まであるので

ミュージカルを楽しむファンとしては
見え方を存分に楽しめる会場だと思います。
座席表は☆をクリック

見え方

1階

C区域3列6番

7列目

15列目

22列センター

舞台が結構高めの作りなのか1列目とかだと見上げる形になってしまう?かも
3列目でも見上げる感じがあるので5列から8列目くらいか見やすいかなと思います。

2階+3階

3列左側

最初の1枚は2階真ん中あたり

他の写真は3階2列あたり

3階の写真はあまり出てきませんでした。
ホールではなく講堂のような作りなので、比較的見やすいかと思います。

Sponsored Links

アクセス方法やコインロッカー情報も!

地下鉄6号線「ハンガンジン駅」から直結なので
すごく便利な会場だと思います。

この辺りで時間を潰してもよし!
イテウォン駅から直進すれば、ハンガンジン駅に到着するので
広い範囲にわたって遊べるスポットが多いのも魅力ポイントですね。

コインロッカーは、ハンガンジン駅にも設置されているみたいですし
ブルースクエアの2階に無料のコインロッカーが60個設置されているようなので

小さい荷物であれば問題なさそうですね。
これがキャリーケースだと預かる場所が難しいかと思いますので
気を付けてくださいね。

もしくは、クロークができる可能性もありますので
近くのスタッフに確認するのがベストかと思います。

まとめ

今回は、ブルースクエア(アイマーケット&インターパーク)ホールの座席表と見え方をチェックしてみました!

ハンガンジン駅は、オシャレスポットとして知られていて
セレクトショップや可愛いカフェなどが立ち並んでいます。

時間潰しにも最適なので
ブルースクエアを利用する際は、散策してみるのも◎

最後まで読んでいただきありがとうございます。

次へ

※韓国コンサート会場の座席表や見え方一覧は画像をクリック

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です