NU’ESTが売れないと言われる理由は悪口が原因なの?日本と韓国どちらが人気なのか調べてみた!

2012年にPledisエンターテインメントからデビューしたNU’EST!

最近では久しぶりに日本でカムバもしてくれて、また少しずつ日本での活動も増やしてくれてるのではないかと期待しちゃいますよね!

今回はそんなNU’ESTが売れないと言われている理由と、日本と韓国での人気について調べてみました!

Sponsored Links






NU’ESTとは?

名前NU’EST(뉴이스트)
出身韓国(JR・ベクホ・ミニョン・レン)・アメリカ(アロン)
デビュー日2012年3月15日
ファンダム名L.O.Λ.E(ラブ)
所属Pledisエンターテインメント

AFTERSCHOOLやSEVENTEENが所属するプレディスから2012年にデビューしたのがNU’EST(ニューイースト)!

ちなみにセブチよりも先輩にあたりますが、年齢はあまり変わらないんですよね。なのになぜかとても大人に見える気がしますね。。

そんなニュイですが、あのサバイバルオーディション番組「プロデュース101 シーズン2」に参加したことがきっかけで
知っているという方も多いのではないでしょうか!

メンバーは、アメリカカリフォルニア出身のアロン・JRことキムジョンヒョン・ベクホことカンドンホ・ミニョンことファンミニョン・レンことチェミンギ

の5人からなるボーイズグループです!

長男であるアロンは当時膝を怪我していたためプデュに参加できなかったのですが、
他の4人がプログラムに参加し、全員がデビュー評価までたどりついているという好成績を残しています!

その中でもミニョンは最終9位になり、ワナワンのメンバーとしても活動していました!

最近では票操作の記事がニュースにもなり、ニュイからもベクホが本当はデビュー組に入っていたということが明らかになったことで
ファンとしては複雑な心境にもなりましたよね。

ニュイが2012年にデビューした際は、同時期にデビューしたのがEXOやBTOBといったアイドル激戦区の時代だったため、その中で埋もれていってしまったそうです。
それからだんだんと人気も下がっていってしまい、CDの売上も悪くなってしまったそうです。
そんな中でカムバしたいとも言い出せず、活動が難しくなっていってしまったようです。

日本での活動を中心にしすぎたため本国での活動が少なくなってしまったことも人気が落ちていった原因と言われていますが、

そのおかげもあって、メンバーは日本語が話せるんですよね!
特にミニョンとJRは流ちょうな日本語でスピーチしたこともありますし、
今回10月に発売した日本語曲を聴いてみるとメンバーの日本語の上手さが分かると思います!

人気が下がってしまったこともあって再起をかけてプデュに参加したメンバーですが、
ミニョンが9位、ベクホが13位、JRが14位、レンが20位という最終結果になりました。

プデュに参加したことで4人の人柄や実力はよく分かっているかと思いますが、
実はアロンもすごい経歴の持ち主なんです!

カリフォルニア出身ということでもちろん英語は話せるのですが、頭の良さも有名であのSAT(アメリカの大学入学資格試験で、日本でいうセンター試験のようなもの)で、上位0.5%に入ったこともあり、
ニューヨーク大学にも受かっていたそうです!
同時期にプレディスに合格していたため、大学には行かなかったそうですが、ニュイに入ってくれて本当によかったですね!

そして歌とダンスはもちろんラップもこなしてしまう、まさにオールラウンダー!
さらに料理もできる上に、1番のレンペンであるとも言われています!

けがでプデュに参加できなかったときは、他のメンバーが宿舎を離れていたことから
1人で生活していたということなのでとても寂しい思いをしたと思います。

そんなアロンも含めて仲の良いニュイの5人ですが売れないという噂があるのでその辺をチェックしていきましょう!

Sponsored Links


NU’ESTが売れないと言われる理由は悪口が原因なの?

プデュをきっかけにニュイの知名度も以前より上がりましたが、あまり売れていないんじゃないか、ということも言われているようですね。

その話題の陰にはアロンがセブチの悪口を言ったという噂もあり、炎上してしまったことが原因とも言われています。

もしそれが本当なら大人気のセブチペンも敵にまわしてしまうし、イメージも悪くなってしまいますよね。

実際のところ詳細はもうあまり出ていないのですが、2013年頃の話ですごく前の話だそうです。
ニュイとセブチがテレビ出演した際に、もともと仲が良く、またカメラがあることを意識してなかったようで思わずいつものように
接してしまったそうです。

それが悪口のような言い方になってしまったみたいで、炎上してしまったようです。
普段から仲が良いからこその軽い冗談だとは思いますが、そこで見た人はびっくりしてしまったのかもしれません。

アロンは公式に謝罪もしていますし、もちろんセブチのメンバーも怒ってなどはいないので
今でも仲良い姿はインスタとかでも見られますよ!

Sponsored Links


日本と韓国どちらが人気なのか調べてみた!

そんなニュイの現在の人気はどんな感じなのかチェックしたいと思います!

日本での人気は

プデュ以前のニュイは日本での活動がメインになっていたため、韓国よりは日本の方が知名度があったようです。
(といってもK-POP好きのファンの間では…といった感じだそうですが)

公式ファンクラブも日本にありましたし、日本向けのyoutubeもあったのでそれなりに人気はあったのだと思います。

ただ、プデュへの参加をきっかけに日本公式ファンクラブを閉鎖。
その後は再始動後も、特にファンクラブの設立は公式な発表をされていませんね。

SNSでもニュイペンの方々はやっぱり日本人気が低いとみんな言ってますよね。。

その陰には韓国での人気が高くなってしまったので、日本で活動させるなという運動も起きてしまったことがあるようです。
そのせいで日本で活動することがないため、知名度が上がりきらなかったのかもしれません。

ようやく日本でカムバしましたので、これから日本での人気も上がってくるかもしれませんね!

韓国での人気は

もともとデビューした時は音楽番組で賞をとったりと少なからず注目されていたニュイですが、すぐに日本での活動に
うつってしまったため韓国では知名度があまりなかったようです。

プデュに出たときも韓国では「誰?」といった声も多かったそうですね。

ただそのプデュをきっかけにして、今ではセブチに劣らないほどの人気があるそうです!

海外人気が強いセブチに比べると、ニュイはそこまでではないですが韓国内での人気は相当高いようで、K-POPに詳しくなくても
ニュイは知ってる
という人もいるほど人気があるそうです。

とても苦労してきたニュイですので、人気が出てきて本当に良かったですよね!

Sponsored Links


まとめ

今回はNU’ESTが売れないという理由と、日本と韓国での人気について調べてみました!

原因と思われる悪口ですが、今では謝罪して仲直りもしていますし
セブチのメンバーととても仲が良いというのはお互いがv liveでも話しているので問題ないですね!

また日本と韓国での人気についてですが、韓国での人気が高すぎて日本での活動がなくなっているので
日本での人気はあまりないようです。

日本語堪能なメンバーですし、ぜひその姿も見たいですよね!
いつか落ち着いたらきっと日本でも活動してくれると信じて今は待つしかないようです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です