ピオデミリア(イタリア人記者)の経歴はヤバい?菅直人の関係や赤い旅団の関係を調査!

安倍首相の会見で外国の記者が投げかけた質問

『失敗したときの責任は』

どんな質問がくるかわからなかったのでしょうか
あたふたした感じと内容のない答えを導いてしまった安倍首相。

国民だけでなく各国からもアウトな反応があがってきそうですね安倍さん。

鋭い室慰問をしたイタリア人記者のピオデミリアさん、実はというかかなりヤバい人物のようです。

Sponsored Links

ピオデミリアのプロフィール

名前 Pio d’Emilia
出身 イタリア・国籍もイタリア
生年月日 1954年

日本で活動しているイタリア人ジャーナリストのピオデミリアさん。
法学部を卒業され、弁護士としても活躍されています。

国籍を日本に移しているならまだしも
イタリア国籍であれやこれやというのはどうかとも思いますが
この方以前にも、ダイヤモンドプリンセス号への日本政府の対応について
インタビューを受けており、日本政府の対応に批判されていた方です。

Sponsored Links

ピオデミリアの経歴はヤバい?

日本から世界へ記事を発信し続けている傍ら、イタリアの週刊誌や国営テレビ局への取材協力を行うなど精力的に活動されている方です。

ジャーナリストの仕事は、これまで30年以上続けてこられていますが
財政界にも多くの知り合いも多く、そのほか危険地域からの報道もつづけておられます。

2011年の東日本大震災では、30日にわたり現地を取材し6月にはイタリア語で著書を発表されています。
外国人のジャーナリストとしては唯一原発の正門まで出向くなど、リスクしかない部分にも取材されています。

Sponsored Links

菅直人の関係や赤い旅団の関係を調査!

政治と友人関係を一色単にしないでほしいともうのが
菅直人と20年来の友人であり、菅の内閣総理大臣在任時に特別顧問を務めたという経歴もあるようなんです。

韓国の時代劇ドラマで王様の側近が王様の意見を動かしてるみたいな縮図がありますが
まさに、ピオデミリアさんが菅直人にアドバイスまでしていたんですから

友人というか、まるで馬鹿にされているようにしか感じ取れませんがどうでしょうか?
友人だからといってアドバイスを直に受け入れていたのかはさておき
そこそこ濃い関係なのは確かのようです。

赤い旅団って何?

赤い旅団というのはイタリアのテロ組織であり
非常に過激派である集団として知られています。

ピオデミリア氏は、この組織の顧問弁護士を務めており
やはり密接な関係だといえるでしょう。

個人的に安倍首相の会見に記者代表として入れたわけを教えてほしいですね。
完全なる反日主義なので質問の意図も大いに理解できますが
まずは、自分の国のことを考えたらどうだとの意見も多かったです。

これはどうも一理ありますよね。

まぁその回答もダメダメなので、このやりとり自体
意味のない意見交換という感じにしか捉えられませんがね。

Sponsored Links

まとめ

今回は、安倍首相に質問していたイタリア人記者

ピオデミリア氏の経歴などを調査してみました。

そこまで日本に介入してくる意図は一体何なのか?と
また菅直人さんとも数十年来の友人であり、イタリアの過激派組織『赤い旅団』の顧問弁護士でもあることから
彼の発言全てに信憑性には欠けるかと。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です