Bondeeアプリ危険性が高くて個人情報流出ってマジ?削除方法や韓国でも問題になってるの?

みなさんは『Bondee(ボンディー)』というアプリをご存知でしょうか?

Bondeeはシンガポール発の次世代メタバースSNSアプリとして今アジア圏で大流行中のサービスです。

今回はそんな話題のアプリ「Bondee」について、危険性が高くて個人情報流出って本当なのか?削除方法や韓国でも問題になってるのか?など調べてみようと思います!

それではいってみましょー!

Sponsored Links







Bondeeとは

Bondee(ボンディー)とは、次世代メタバースSNSと呼ばれているアバターを使用してコミュニケーションが取れる1月25日にスタートしたばかりの新しいアプリです。

メタバースとSNSを融合させ、自分のアバターで色々な人と会話やアクションがとれるのが特徴となっています。

アバターもスペースも細かな部分まで作り上げることができるので、その可愛さからも人気を集めているようです。

日本でいうアメーバピグの現代版みたいなものを想像して頂ければ!

Bondeeの遊び方・使い方とは?

ここで簡単にBondeeの遊び方をご紹介します。


電話番号で認証
ID・PASS・ニックネームの設定
アバターを作成
マイスペースを作成
友達を追加する
航海する

電話番号での認証後、IDなどを設定すればアバター作成が始まります。

Sponsored Links



Bondeeアプリ危険性が高くて個人情報流出ってマジ?

そんな今話題のBondeeですが、始まったばかりのサービスでもあることから、「Bondeeで個人情報が流出している」などの噂が広がっているようです。


Bondeeは「Metadream」というシンガポールの独立系テック企業が開発したアプリです。

アマゾンウェブサービスというクラウドプラットフォームを採用し、全世界の各地域で安全性・データの保障がされているので安心して使用できるはずなのですが、なぜこのような噂が広がってしまったのでしょうか。

東南アジアではクレカ不正請求

Bondeeを登録してから、東南アジアではクレジットカードの不正請求があったと話題になっているようです。

Bondee登録後にクレジットカードの情報が流出・悪用されたというユーザーのツイートが拡散されました。


しかし、Bondeeの親会社メタドリームは、このユーザーのクレジットカード情報が漏洩したという主張に対して真っ向に反論し、クレジットカード情報の流出に関しては「当サービスの利用とは関係のない偶然」という姿勢を貫いているようです。

中国のバックドア疑惑

日本よりも先にBondeeが流行した台湾では、中国によるバックドア疑惑も話題になっています。

バックドアとはITやセキュリティの分野で、攻撃者が管理者に気づかれないようにコンピュータへ不正に侵入するための入り口を指す言葉として使用されます。


実はBondeeを運営するメタドリームは、2022年9月にシンガポールの共有オフィススペースで登録されていますが、無名の会社で実態がよくわかっていないようです。

代表取締役の名前も公表されておらず、シンガポールに本拠地を置きながら実態は中国の企業…というような可能性もゼロではないということになります。

このようにBondeeが実は中国の企業で、アプリを経由して不正アクセスをしているのではないかという議論も浮上しているようです。

実際問題、Bondee側が個人情報を流出したことを認めたわけではないので、本当にBondeeのせいと断定するのはできませんが、ここまでBondeeのせいにする何か根拠はあるのでしょうか?

調べてみたところ、恐ろしい事実が発覚しました…。

Sponsored Links



Bondeeの規約内容について

どんなアプリでもかならず利用規約というものが存在するかと思いますが、Bondeeの規約内容がこちらです。


「貴方のプラットフォームと本サービスで共有される情報および個人情報が他の人にコピー、転載、任意に修正または使用できることに同意します」

また「Bondeeはユーザーのデバイス内のカメラ、写真アルバム、マイク、連絡先リスト、メッセージ通知等の権限にアクセスし、関連するデータを収集し、使用することもある」と記載されています。

つまりアプリに登録した、名前、アカウント ID、パスワード、携帯電話番号、生年月日だけでなく、それ以上の情報が収集される可能性はあるということになります。

個人情報は他では絶対使用しませんという趣旨が書かれているのが普通だと思ってたらダメってことですね。

特にこういった海外のアプリを登録する時は、必ず規約内容を読み込んでおきましょう!

Sponsored Links



削除方法や韓国でも問題になってるの?

ここまで情報流出が話題になると、登録解除したい方々も多いことでしょう。


Bondeeの退会・アカウント削除は、アプリから簡単に手続きを行うことができるようです。

アプリの「マイルーム」-「トップ設定」-「アカウントとセキュリティ」をクリックするとアカウント削除があります。これを押して削除、アプリ自体を削除して頂ければ終了のようです。

ただ一旦登録してしまったので、情報はすでに向こうサイドにとられてしまったかもしれませんが。。怖

韓国でも問題になってるの?

そして日本だけでなく韓国でもこの個人情報流出について問題になっているようです。


このようにSNS上でも「個人情報流出が怖いので退会しました」「退会したのに連絡がくる、怖い」など実際に不正請求などの被害にあっている方はいないようですが、危機感を思っているユーザーが多いようです。

みなさんも個人情報を登録する時には慎重に!

まとめ

ということで、今回は

・Bondeeとは
・Bondeeアプリ危険性が高くて個人情報流出ってマジ?
・Bondeeの規約内容について
・削除方法や韓国でも問題になってるの?

についてまとめてみました!


ここまで読んで頂きまして誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です