うえはらじゅん(プデュjapan)も参加?プロフィールやproduceX101の動画をまとめ!

プロデュースX101に参戦し、最終91位で終わってしまったうえはらくん

JH1という韓国の事務所に所属しながら

練習生だったのですが、今回プデュJAPANに出演するという噂が!

ただ1人の本国プデュ経験者のうえはらじゅんくん!

もう間もなく発表されるであろう、プデュJAPANの参加者たち。

今回は、うえはらじゅんくんにフォーカスを当てていきたいと思います。

Sponsored Links

うえはらじゅん(プデュjapan )身長や経歴のプロフィール!

名前 上原潤
出身 日本
生年月日 1995年
身長 176㎝
体重 60kg
血液型 B型
練習歴 2年3ヶ月

プデュX101では、なかなか放送の分量ももらえてなかったうえはらじゅんくん!

これは本当に残念でしたね。

現在、投票の操作があったのか現地の警察は調査中だとは言いますが
それ以前に、プデュXでのうえはらくんの放送分量が少なすぎる。

こちらから探しに行かないと見つけれないレベルでしたね。
撮影は101人から始まるので当然人数が多いことが関係してくるといっても少なかった。

日本人練習生として、JH1というほぼほぼ無名の事務所から参加していました。

YGのマヒロくんは、YG宝石箱にも出演していたので参加の時点で

知名度があった。この時点でも雲泥の差なんですよね。

Sponsored Links

身長や経歴は?

うえはらくんの身長は、176㎝とアイドルに適した身長ですね。

(アイドルに適してるって何やねんですが)

とにかくスタイルが抜群の韓国アイドルと方を並べるなら

身長は低くても、スタイル・バランスは命だと考えます!

うえはらくん脚ながいですからね。

経歴は?

皆さまご存じのプロデュースX101に出演していました。

最初のバトルでは、Wanna Oneの켜줘(キョジョ)組だったんですよね!

それにしても放送の分量が少なすぎて

あれでは、うえはらじゅんくんの良さなんてひとつも伝わらないわ!

プデュのシーズン2では、高田健太が素晴らしい功績を残したので

Xシリーズの日本人練習生にも期待されていたことは間違いありません。

個人的には体操のお兄さんでもいそうな
爽やかさを兼ね備えている、うえはらくん!

Wanna Oneの켜줘は、メロディラインが難しいと思うんですよね。
サブボーカルでは、透明感のある声で

「うえはらじゅんくん、歌うま!」ってなったことを覚えています。

韓国アイドルを目指し、単身韓国まで渡って練習生をしているって
すごいことだと思うんですよね。

今回日本のプデュに参加するということは、韓国の事務所を退所してると思います。

日本では応募資格の中に、プロダクションに所属していない方という項目がある理由からです。

Sponsored Links

パフォーマンス動画も!

켜줘のフォーカスカメラを見ていきましょう。

写真の時よりも幼さを感じませんか?

また練習生歴も2年3か月頑張ってきてると思ったら

ばばあ涙腺崩壊です。

ちなみに、うえはらじゅんくん韓国語ぺらぺらです!
これがびっくりするほどネイティブ並みのペラペラさなんです。

この語学の頑張りをみるだけでまた

ばばあ涙腺崩壊状態なんですね。

そして何より、街中で1人でダンスをするという荒業まで行っています。

ばばあ涙腺崩壊(3度目)

誰でも簡単にできることではありません。

やっぱり、こういった一つ一つの努力が報われてほしい。

しかも!しかも!

愛嬌も抜群にあって、かわいいキャラなんです。
人はそれを小悪魔とも言いますが

生クリームを鼻につけちゃうあたり、かなり憎い演出してきますよね。

本国のプデュに出演していますし、練習歴も2年3か月と着実に進んできているので
プデュJAPANでは、他の参加者よりも

群を抜いてイケメンに違いないと踏んでいます。

本国のプデュでは残念ながら91位という悔しい結果でしたが
うえはらじゅんくんのせいではありません!

投票の操作が何かしら行われていると、警察まで介入して捜査が進められています。

本当だったら、後戻りできませんし
脱落してしまった練習生たちもかわいそうです。

うえはらじゅんくんには、プデュJAPANで思い切り暴れてほしいなと思います。

プデュX101も見ていたファンの方全員が、うえはらじゅんくんのことを応援してると思います。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、うえはらじゅん(プデュjapan)も参加?プロフィールなどをまとめてみました!

おそらくあの写真の一番上の段の金髪がうえはらじゅんくんだろうと予想しています。

悔しさをバネにして、デビュー組に組み込んでほしい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です