石井洋介の出身中学や高校を調べてみた!医師としての経歴もまとめてみた!

お食事中の方失礼致します。
思い切って失礼します。

「日本うんこ学会」ってご存じでしょうか?
絶対に知るよしもありませんよね。

石井洋介さんという方が、設立された非営利団体なんだそうです。

石井洋介さんがなぜこの学会を立ち上げられたのかや
プロフィールなどもまとめて調べていきたいと思います。

Sponsored Links

石井洋介さんのプロフィール

名前 石井洋介
出身 神奈川県
生年月日 1980年7月12日

経歴は?

石井洋介さんは、お医者さんであります。
そして、メインとなる治療なのが消火器外科なんだそうです。
なぜ医者を目指したかというと、16歳の時に「潰瘍性大腸炎」に自身がかかってしまったため。しかも病状がかなり深刻化し最低で32kgまで落ちてしまったそうです。

一時は、命の危険も感じたという石井洋介さんは、手術によって「人工肛門」になりますが
それも手術してくれる人と出会い、最終的には当時珍しかった手術を受け
医者になることを決意したそうです。

幼い頃の病気がきっかけ
自分も助ける側の人間になりたいという心意気は
非常に強い信念とかっこよさを感じてしまいますね。

Sponsored Links

石井洋介の出身中学や高校を調べてみた!

医者となると出身中学や高校も私学なのかなと
思いますが、石井洋介さんの場合は病気を患っていたのと
家庭環境が複雑だったために、高校はギリギリの範囲で卒業したくらいだったんだそうです。

出身中学と高校は?

神奈川県伊勢佐木町なので、実家近くの中学校であることは予想できますが
具体的な中学校の名まえまで見つけることはできませんでした。

お母様の意見で、エスカレーター式の私立高校を受験していたようです。

高校名はわかりませんでしたが
「埼玉県の進学校」だったようです。

ですが病気の影響で欠席が増え、不登校になりギリギリで卒業したようです。

Sponsored Links

医師としての経歴もまとめてみた!

高校卒業し、フリーターの時代もあった石井洋介さんですが
その時に急死をさまよう体験をし高知大医学部

大学病院での研修の際に、これまた環境が悪く
仲の良かった先輩が自殺に追い込まれてしまい
まずは、高知いる研修医との交流から取り掛かったといいます。

何事も行動し、前に進まれた石井洋介さんならではだと思います。

そして自分も患った病気を1人でも助けたいと
横浜市民病院で外科医を志望し、執刀医だった先生の下働けるようになったみたいです。

人って頑張ってる人を応援したくなるというのは
本当のことなのかもしれませんね。

しかし、早期発見が大事な大腸がんにとって
訪れる患者さんの多くは手遅れの場合が多く

何とかならないかと考えて立ち上げたのが
アプリの開発や非営利団体を立ち上げたこと
これがうんこ学会への一歩だと言います。

祖の流れで現在は、医療現場のコミュニケーションの促進
患者にとってのクリニックの設立など
自分の経験を通して、地域や社会に還元する取り組みを行っておられます。

Sponsored Links

まとめ

今回は、石井洋介の出身中学や高校を調べてみました

出身は神奈川で、中学校はわかりませんでしたが
高校は埼玉県の私立の進学校ということが判明しました!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です