彼女はキレイだった| 韓国と日本に違いはあるの?内容やラストから調べてみた!

韓国版で大人気だった「彼女はキレイだった」

日本でもリメイク版が放送され、注目を浴びていますね。

既に韓国版を見てから日本版を見ている方も多く、さまざまな意見があるようですね。

そこで、今回は韓国版と日本版の違いや内容、ラストなどを考察していきたいと思います。

Sponsored Links






彼女はキレイだったあらすじ

まずは、元祖である韓国版のあらすじをご紹介します。

日本版も現時点で同じ内容となっていますね。

小さい頃に太っていたけれど、現在はイケメンでファッション誌の副編集長を務めるチ・ソンジュン(パク・ソジュン)。

小さい頃はとっても美人だったけれど、現在はそばかすだらけ&天然パーマで無職のさえないキム・へジン(ファン・ジョンウム)。

鬼のように仕事をこなす冷血人間のソンジュンですが、好きな女性にはものすごく優しい男性に変わります。

一方へジンは、小さいときは優等生でしたが、現在は無職でアルバイト生活。

しかも父親の遺伝でそばかすも大量にできてしまい、生まれつき天然パーマということもあり自分に自信をなくしていました。

この2人のラブストーリーになっているのですが、へジンの親友であるミン・ハリ(コ・ジュニ)もソンジュンのことを好きになってしまいます。

そして、へジンの会社の先輩であるキム・シニョク(チェ・シウォン)はへジンのことを好きに。

ソンジュンとへジンのすれ違いや、ハリやシニョクの片思いがとても切なくて、最後は感動する胸キュンドラマとなりました。

Sponsored Links


彼女はキレイだった|日本版のラストはどうなる!?

内容的には同じなのですが、日本版のラストはどうなるのか気になりますよね!

韓国版のラスト

ハリはソンジュンを、シニョクはへジンを諦めて、最後はソンジュンとへジンが結婚します。

へジンは、小さいころから夢だった「絵本作家」になることもできました。

ソンジュンとへジンの間に、そばかす&天然パーマの女の子が生まれ、とても幸せに暮らすというハッピーエンドで終わります。

日本版のラスト考察

宗介(中島健人)からプロポーズを受けた佐藤愛(小芝風花)ですが、童話作家になるため、結婚を1年待って欲しいと伝えます。

こうして、宗介は仕事のため一人アメリカへ。

愛は日本で幼い頃からの夢であった童話作家になるため、引っ越して新生活をスタートさせます。

離れても毎日ビデオ通話で愛を育む2人。

月日は流れ、宗介は予定の日程を前倒しして日本に帰国。

急の帰国を知らされていなかった愛は、宗介と電話が繋がらず心配します。

雨の日、現れた宗介を見て愛は傘を投げ出し抱きつきます。

宗介は車も家も全て売り、日本で住む家も会社の決めて帰国したと愛に伝えます。

家はなんと愛の実家、仕事は、結婚する編集長の後任として「ザ・モスト」誌の新編集長に就任するのでした。

その後、愛は童話作家デビューし、遂に宗介と愛は結婚します。

童話作家として、充実した毎日を送る愛。

親友である桐山梨沙(佐久間由衣)は自身のレストランをオープン。

そして、愛に片思いしていた樋口拓也(赤楚衛二)は、世界を旅しながら、テンとして新作を発売します。

数年後、宗介と愛の間にはくるくるパーマの女の子の姿が。

2人は、愛によく似た娘を授かり、幸せな日々を送るという韓国版とよく似たラストになりそうですね。

ただ、韓国版と日本版の違うところはクールの長さ。

そのため、韓国版を先に見た人は日本版が物足りなくなり可能性はありますね。

Sponsored Links


彼女はキレイだった|ファンの反応

中島健人 パク・ソジュン

出典元:https://bit.ly/3x9Imh2

ファンはどのような反応なのかを調査してみました。

やはり韓国版を見てから日本版を見ると比べてしまう方が多いようですね。

韓国版は内容が濃いですが、日本版はクールが短いためどうしても淡泊な内容に思えてしまうかもしれません。

またキャスティングにもさまざまな意見が出ているようで、これに関しては人それぞれ感じ方が違うでしょうし色んな意見が出るのも仕方ないかなと思いますね。

Sponsored Links


まとめ

今回は「彼女はキレイだった」の韓国版・日本版の違いを調査してきました。

内容的には同じなのですが、日本版は現在放送中のため、考察でご紹介させて頂いています。

もしかすると韓国版とは全く違ったラストになる可能性もあるかもしれませんね。

どんなラストが待っているのかドキドキです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です