高梨沙羅のスーツやスパッツはどこのメーカーなの?サイズはダボダボだったのか調べてみた!

北京オリンピック
スキージャンプ混合団体で、スーツ?スパッツの規定違反により
失格になってしまった、高梨沙羅選手

彼女が着用していたスーツやスパッツはどこのメーカーのものなのでしょうか?

Sponsored Links







高梨沙羅のスーツやスパッツはどこのメーカーなの?

どこのメーカー?

高梨沙羅選手が着用していたスーツは「MIZUNO」ミズノが提供しているものでした。

ミズノと言えば、スキージャンプだけではなく
他の協議でのオリンピック選手のユニフォームを作成しています。

日本だけでなく世界的に有名な会社ですよね。

高梨沙羅選手のスーツが規定違反となった今
ミズノのに対しても批判が集まるのではないでしょうか。

選手が着用するユニフォームは、ただのユニフォーム扱いではなく
競技に影響する道具として見なされるからなんですね。
ジャンプスーツの規定は、年々厳しく改訂されています。

特に、浮揚力を利用するスキージャンプはサイズによって大きく影響してきます。
ジャンプスーツは特に厳しいのが特徴で違反となれば失格を言い渡さえるようです。
選手の体型に合わせたスーツは、いわば特注品です。

細部まで微調整を繰り返し、サイズ規定に違反しないように作っているのは
オリンピック選手のユニフォームを作成するミズノであれば、周知の事実ではないでしょうか。

また、スーツの作成に携わっている担当者は
元代表選手ということもありルールやスーツ規範の厳しさは誰よりも理解されている方かと思います。

また道具と記載したように、ギリギリの範囲内で不利にならないように
調整を行っているとインタビューで答えていました。

スーツなのスパッツなの?

高梨沙羅選手は、測定の際に
「スパッツも脱がされた」と話しています。

これはスーツのことではないのでしょうか?

スキージャンプでは、スーツの下にスパッツを着用しているようです。

本来であれば、スーツの下に着用しているスパッツを脱ぐことはなく
スパッツの上からサイズ測定が行われるというもの。

これまでの測定とは違い、高梨沙羅選手も困惑したのではないでしょうか?

また不可解な点は他にもあります。

高梨沙羅選手の他に5名の選手がスーツ規定違反によって失格となっています。
国際的な試合でこのように失格者が多いのも疑問が残るところです。

スーツ規定違反者が1名や2名ならまだしも、5名も失格者が出ているということは
規定違反ではなく、元々の規定を見直すべきだと考えるからです。

競技後の失格はなぜ?

また不可解な点は、競技後に失格になった点

本来であれば、スーツ測定の際に規定違反と判断されるのが普通ではないでしょうか?
103mと飛距離が伸びたため、サイズによる規定違反だと見解されてもおかしくありません。

選手達はオリンピックのために努力してきています。
スーツ規定違反で、失格になるのは精神的なダメージを受けるどころか
今後の選手生命をも揺るがしかねません。

Sponsored Links



サイズはダボダボだったのか調べてみた!

一部では、サイズがダボダボだったのでは?とも言われています。
素人目にみても、高梨沙羅選手のユニフォームはダボダボだったとの意見もあるようです。

ただ、高梨沙羅選手が決めた着用したユニフォームではなく
用意された、準備されたユニフォームの着用と説明なので
この辺りまで高梨沙羅選手に委ねられるのか?
周りのスタッフの責任も関わってくるものと見られます。

また前述のように、スキージャンプのユニフォームは規定が厳しく
調整を重ねてつくっているということがわかります。

当日の検査によって失格になったことは非常に残念ではありますが
現在異議申し立ての最中ですので、認められることを祈っています。

Sponsored Links



まとめ

今回は、高梨沙羅のスーツやスパッツはどこのメーカーなのかについてチェックしていきました!
彼女はMIZUNOのスーツを着用しています。

スパッツは、スーツの下に着用していたことがわかりました。

ダボダボだとも言われていますが
高梨沙羅選手用に作られた特注品です。
厳しい調整を経てのユニフォームなので、規定違反となるのは難しい判断だったのではないでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です