ミカユカラ(フィンランド)経歴や顔画像を調べてみた!検査方法は正しかったの?

北京オリンピック
ノルディックスキー・ジャンプ混合団体でスーツ規定違反の為
失格になった高梨沙羅選手

検査を行ったミカユカラ氏はどんな人物なのでしょうか?

Sponsored Links







ミカユカラプロフィール

名前Mika Yukar(ミカユカラ)
出身フィンランド
生年月日1964年

ミカユカラ(フィンランド)経歴や顔画像を調べてみた!

経歴は?

ミカユカラ氏の経歴ですが、現在検査員のチーフというところまでしか分かっていません。

オリンピックや国際試合での検査員などは
これまでの経歴を背景に抜擢されているケースが多いでしょう。
また、各国より検査員を呼び寄せるのは
時刻の選手を贔屓させないといったことや
オリンピック辞退、スポーツマンシップにのっとっているので
そのあたりの公平性を主張するといった部分なのは間違いありません。

現在、ミカユカラ氏にはスーツ測定に関しての
責任説明が求められているようです。

分かり次第更新していきます。

顔画像を調べてみた!

共同通信へは、検査時のインタビューが掲載されています。

顔画像を調べてみましたが、こちらも現在見つけることができませんでした。

高梨沙羅選手の他に、失格になったオリンピック選手
数名いらっしゃいますので、日本だけでなく
国際的な問題に発展しているのは間違いありません。

今回なぜ、スーツ規定に引っかかってしまったのでしょうか。

他の検査員は?

ミカユカラ氏以外に検査員だった人は国際スキー連盟(FIS)から派遣された
女子選手を担当した、アグニエスカ・バチコフスカ機材検査官です。

彼女は選手出身者ではないので
選手の気持ちに立てないことも原因なのでは?という見解もあるようです。

Sponsored Links



検査方法は正しかったの?

ちなみに、高梨沙羅選手が失格となったスーツ規定の内容は

太もも部分が規定寸法の最大許容差(女子の場合プラス2から4cm)
より2センチ大きかったためと言われています。

ここで、5人もの失格者を出した
スキージャンプ団体でのスーツ検査方法ですが
高梨沙羅選手曰く、これまでの検査方法とは異なった計測だったと話しています。

通常の検査方法

・スパッツをはいたままの測定だったのに
→今回はスパッツを脱がされた

・両腕を八の字にして体から30㎝話しての計測だったのに
→バンザイの状態で計測

かなり異なっていることがわかります。

またこの証言は、高梨沙羅選手だけではなく
同じく失格とされたノルウェーの選手も
今回の検査方法について妙だったと話していることが分かっています。

Sponsored Links



まとめ

今回は、ミカユカラ(フィンランド)経歴や顔画像を調べてみました!
インタビューにはこたえてるものの、顔画像まで見つけることができませんでした。

分かり次第更新していきます

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です