コブクチップが売ってる場所や通販はどこで買える?韓国の値段と比較してみた!

今、SNSから話題になるお菓子がたくさん出ていますね。

しかも、そのほとんどが韓国のもの。

そして、今現在話題になっているのがコブクチップというお菓子です。

入手困難になっているということで、どこで買えるの?と探している方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はコブクチップを買える場所や通販、韓国と日本の値段の違いなどについて徹底検証していきます。

Sponsored Links







コブクチップが大人気!どんなお菓子なの?

コブクチップは亀の甲羅をモチーフにした4層構造のスナック菓子で、オリオンから発売されています。

味のバリエーションはコーンスープ味、シナモン味、きな粉餅味、エビ味に続き、2020年9月に新しく発売されたチョコチュロス味の5種類。

チョコチュロス味は発売から1カ月で100万袋売り上げ、品切れ続出!

第2のハニーバターチップと呼ばれています。

一番人気のチョコチュロス味は1袋728キロカロリーという高カロリーなのですが、本当に美味しいということで1度食べたら止まらないという声が多く聞かれています。

コブクチップを実際に食べた方の反応

「美味しい!」という声が続出していますね。

しかし、やはり入手困難のようです。

Sponsored Links



コブクチップが売ってる場所や通販はどこで買える?

日本でなかなか手に入れることができないコブクチップですが、日本で買えるとすればどこなのでしょうか。

また通販では購入可能なのかを調査しました。

コブクチップが買える場所

まずは、コブクチップが買える場所についてです。

一番候補にあがっているのが海外輸入品を多く扱っていることで有名な「カルディ」。

しかし、現時点でカルディでは取り扱いがないようです。

次に目撃情報が続出しているのは「ドン・キホーテ」です。

常に入荷している訳ではなさそうなのですが、目撃情報が多いことから入手しやすい店舗かもしれません。

ドンキの公式アカウントで入荷情報がツイートされているようなので、登録しておくことをおすすめします!

中でも新大久保のドンキで購入したという方が数多くいることがわかっているため、数あるドンキ店舗の中でも入荷しているしていないと大きく分かれている可能性は高そうです。

また、ヴィレッジヴァンガードやプラザでも入手できる可能性があるとのこと。

ドンキほど大量入荷はないようなので、すぐに売り切れてしまう可能性が高いですが、運が良ければ買えるかもしれませんよ。

後は、コリアンタウンのような韓国のグッズや食べ物が売っている場所などは結構販売されている可能性があります。

コブクチップが買える通販

店舗での入手は諦めて通販サイトで購入しようと思っている方もいるかと思います。

そこで通販サイトで購入できるのか調査したところ、先ほどご紹介したドンキの通販サイトでは販売されていないようです。

ドンキに関しては店舗のみのようですね。

購入できる通販サイトと言えば楽天・Amazon・Yahoo!あたりが有名ではないでしょうか。

これらの通販サイトではコブクチップが販売されています!

しかし、かなり高額で取引されているようです。

高ければ1袋1,000円を超えるものもありますね。

Amazonであれば1袋500円程度で購入できるので、高くてもいいから食べてみたいという方は利用してみても良いのではないでしょうか。

Sponsored Links



コブクチップの韓国と日本の値段の違いは!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

greenery(@greenery_jp)がシェアした投稿

コブクチップは韓国のお菓子なのですが、日本と韓国では販売されている値段が違います。

そこで値段の違いについて調査してみました。

日本では200円前後で購入できるようですね。

一方の韓国では、グラムによって値段が違い70グラムで1700ウォン(日本円で約170円)、160グラムでは2400ウォン(日本円で約240円)となっています。

日本ではおそらく70グラムの方かと思うので、韓国と日本ではそこまで大きな値段の差はないように思います。

ですが、通販サイトではその2倍3倍以上の値段で販売されていることが多いため、やはり購入するのであれば店舗で入手する方がお安く購入できるということになるでしょう。

Sponsored Links



まとめ

今回は現在激売れしているコブクチップについて調査してきました。

日本でも入荷はしているようなのですが、すぐに売り切れてしまうそうで、入手するのは困難な部分もあるようですね。

ですが、通販サイトであれば少し値段は高いですが確実に購入できるようなので、どうしても食べたい方は検討してみてもいいのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です