社内お見合い|1話2話3話ネタバレ&あらすじをまとめ!ドラマの感想も!

数々の話題作を配信しているNetflixで現在配信されている「社内お見合い」。

今話題沸騰中のアンヒョソプさんが主演ということで注目されています。

そこで今回は「社内お見合い」1話~3話までのネタバレ&あらすじと感想について徹底調査していきます。

Sponsored Links







社内お見合いの概要&キャストは?

名実ともに優れたイケメン御曹司カン・テム。

そんな彼とのお見合いを台無しにし、友達を助けたいシン・ハリ。

代わりにお見合いをするのですが、カン・テムはまさかの勤務先のCEOでした!

慌てふためくハリでしたが、次第に真実の愛に変わっていきます。

しかし嘘を重ねたせいで大ピンチに!

ウェブ小説原作で漫画化もされたドキドキ展開のオフィスラブドラマです。

「社内お見合い」主要キャストは?

【アン・ヒョソプ:カン・テム役】

 

この投稿をInstagramで見る

 

안효섭(@imhyoseop)がシェアした投稿

食品会社GOフードのCEO。

見た目もスペックもハイレベルで完璧な財閥3世。

嘘が大嫌いな性格です。

【キム・セジョン:シン・ハリ役】

食品会社GOフードの社員。

家族や友人の存在感が大きすぎて目立たない。

財閥の娘の友人の代わりにお見合いに行くハメになりますが、お見合いをぶち壊す目的で、本来の自分とは全く違う女性に変身します。

【キム・ミンギュ:チャ・ソンフン】

 

この投稿をInstagramで見る

 

김민규(@mingue.k)がシェアした投稿

テムの秘書で秘書室長。

カン・テムとは兄弟のように育ちました。

【ソル・イナ:チン・ヨンソ役】

ハリの親友。

財閥マリングループの一人娘です。

運命の愛に憧れている乙女な部分を持っています。

Sponsored Links



社内お見合いの1話2話3話ネタバレ&あらすじと感想!

ネタバレ1話から3話

▼1話▼

アメリカ支社から帰国したGOフードの若き御曹司テムは不在中にパク専務が好き勝手に会社を動かしていた事に憤り、彼を解雇すると言い出します。
しかし、パク専務は祖父であるカン会長の親友の息子でした。
カン会長は亡き親友との約束を破ってパク専務を解雇する代わりにテムにお見合いをして結婚しろとしつこく説得を続け、テムも渋々それを承諾する。
一方、テムの会社で会社員として働くハリは誕生日に憧れの男友達ミヌに呼ばれて彼が経営するレストランに向かうも浮かれすぎて大失敗してしまっただけではなく、好きな男と行けと公演のチケットをプレゼントされて落ち込みます。
そんなある日、マリングループ財閥令嬢で親友のヨンソは当日に突然お見合いに参加しろと言われて、これまでのようにハリに代打を頼んでお見合いをぶち壊してほしいと頼む。
ヨンソの手で派手に着飾ったハリだったが待ち合わせ場所のラウンジに現れたのはテムだった。
あまりのイケメンに緊張するハリだがもらった名刺で自分の会社の社長であると知って慌てふためきます。
それでもどうにか「男性が嫌う女性像」を次から次へと披露し、挙句の果てにはアクシデントで浮気女のレッテルを貼られ、お見合いを完全にぶち壊したと自信満々にヨンソのもとに向かうのでした。

▼感想▼

テムは常に仕事のことを第一に考える仕事人間のようでした。
それでもしつこく見合いを迫るダクの思いに折れて見合いをしたのでした。
一方、ハリはヨンソに頼まれて、仕方なく見合いに行ったのでした。
そこで2人は出会います。
テムは見合いに行く前から、見合いのせいでスケジュールに不備が出ないように最初の相手と結婚すると決めていたのでしょう。
自らが完璧だと思っているからこそ、相手が断らないという自信を持ち、すぐに結婚するという話に持って行ったと思います。
ハリはテムが嫌うように演技をするものの、テムには効かなかったのでした。
縁談を進められてしまったヨンソに怒られ、再びハリはヨンソのふりをして結婚しないと告げたのでした。
役目は果たしたと思っていたハリだったものの、ミヌと鉢合わせしそうになってしまい、逃げ込んだのはテムの車だったのです。
今後の2人の関係はどうなっていくのでしょう。
また、ハリはいつ自らがヨンソではないことを伝えるのでしょうか。
そんなヨンソはソンフンと出会い、一目惚れしてしまいます。
完全にヨンソの気持ちはソンフンに向かっているようでしたが、この2人の関係もどうなっていくのか気になりますね。

▼2話▼

結婚して欲しいと言い出したテムにもう一度会って結婚するつもりはないと言い放ったハリ。
しかし、ミヌが歩いているのを見かけて苦し紛れに残り込んだ車はテムの車でした。
ある日、ヨンソは駐車場の後ろの車と折衝してしまいますが、中から出てきたのは街で見かけた運命の王子様ソンフン。
名刺を渡して喜んだのもつかの間、偽物のヨンソを呼び出してほしいと頼まれてしまいます。
「始祖鳥に似ている」と言われた仕返しにハリを呼び出したテムでしたが、ハリは同じ会社の職員だと気づかれないようにとっさにシン・グムヒと名乗ってしまいます。
エスカレートする祖父のお見合い作戦に嫌気がさし、当たり障りのない事しか言われないお見合いを1日に11件こなしたテムはハリに結婚相手のふりをしてくれと持ち掛けるのでした。

▼感想▼

テムはハリに振られてしまうものの、ハリがヨンソではないことが発覚。
テムはある意味ショックを受けていたようでしたね。
しかし、真実がわかり本物のヨンソと会うものの、気持ちはハリに向いているようでした。
本当はテムはハリに惚れているのだと思いますね。
テムは結婚を白紙に戻したことで、ダクは勝手にお見合いの予定をまた入れ始めたのでした。
1日で何人もの女性と会わなくてはいけなくなったテムは迷惑そう。
テムは見合いを止めるためにハリに白羽の矢を立てることに。
一方、ハリはごまかしてもたい、自分の正体を隠してもらうはずがバラされれしまい窮地に。
テムと会うものの、なんとか偽名を使い難を逃れるものの、実家の住所がバレてしまい、協力者にされてしまいます。
そして、テムに「付き合っているふりをして欲しい」と頼まれます。
お金の誘惑に惑わされながらも、会社の社長をだませないと断ろうとしました。
それでもテムに契約書を持ってこられてしまい、断りにく状況に。
それでもどうにか断るものの、最後にテムとハリは事故ながらキスをしてしまいます。
このキスが今後の2人の関係を変えることになるのでしょうか。

▼3話▼

会長の前でテムの恋人のふりをするという契約を交わしたハリはテムのこれまでの経歴や、偽りの彼女「グムヒ」として会長の水準に合うように作られた偽の履歴書を覚えさせられます。
聞かれた時の為に出会ったきっかけを決めようと提案するハリですが、そこでテムは雨の日が嫌いなことを知ります。
ヨンソは懲りずに見合いをすすめてくる父に腹を立てて家を出ることを決意。
高級マンションの一室で悠々自適な一人暮らしを満喫しますがゴキブリの出現で偶然通りかかった隣人に抱きつきます。
その隣人は運命の王子様ソンフンでした。
会社ではコラボ予定だったシェフのスキャンダルで企画が倒れてしまい、ハリの片思いの相手ミヌを起用することになったのですが、その知らせを持ってレストランを訪れたハリはミヌと別れたはずも元彼女ユラがキスをしているところを見て傷付いてしまいます。
心に傷を抱えたまま会長との顔合わせに出席したハリはカラ元気で会長の前でうまく会話を繋ぎ、雨の話をした事でテムの期限を損ねるも会長から気に入られることに成功しました。
ミヌから誕生日祝いに貰ったコンサートチケットを見ることになったハリとテムですが、失恋を思い出して泣きだしたハリを気遣ったテム。
2人は屋台でトッポギを食べて少し距離を縮めますが、そこに思わぬアクシデントが…

▼感想▼

疑似恋愛を成功させるために契約書を交わすことにしたのでした。
ハリは事故ながらテムに頭突きをした申し訳なさがあったから断れなかったのかもしれませんね。
ハリは成功させようと、クムヒとしての設定、そしてテムの情報を叩き込みます。
とても払えるような違約金じゃなかったからこそ、ハリが努力できたのでしょうね。
その結果、ハリはダクとの対面を上手くやり過ごすことができたのでした。
ダクはハリのことをかなり気に入ったようでしたが、ハリはいつまで疑似恋愛を続けるのか気になりますね。
さらに、ハリはミヌがユラとよりを戻したことを知ってしまい、正式に失恋したことを知るのでした。
ハリにとってこの失恋はかなりショックだったようなのですが、ハリは平気な素振り。
立ち直ることができるのか心配ですね。
テムは雨の日がかなり嫌いなようでしたが、その理由も気になります。
テムは疑似恋愛をしているうちの徐々に惹かれているように見えました。
飾らないハリの姿が魅力的にうつったのかもしれませんね。
しかし、ハリには本当の恋愛をして欲しいと言われてしまいます。
テムは複雑な気持ちだったでしょう。
このことからもテムが今後本気の恋愛にシフトできるのか気になるところです。

Sponsored Links



まとめ

今回はドラマ「社内お見合い」の第1話~第3話までのネタバレ&あらすじと感想をご紹介してきました。

放送開始前から話題となっていたドラマだけに、配信後もとても注目されているようですね!

まだ見ていない方は是非チェックしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です