HYBEはガラムのいじめ問題を擁護してる?理由も調べてみた!

ルセラフィのガラムのいじめ問題が大きく報道されている中

新たな事件として言われているのが
植木鉢事件も問題になっているようです。

ニュースとしても報道され活動休止の発表もなされました。
デビュー前から取り上げられていたこの問題

HYBEからは特に立場を表明することもなく
いじめ問題を擁護してるのでは?という意見もあるようなので見ていきたいと思います。

Sponsored Links







ルセラフィムガラムのプロフィール

名前本名:キム・ガラム / ハングル表記:김 가람 英語表記:Kim Ga-Ram
出身地韓国・ソウル特別市(※不確かにつき、分かり次第更新致します)
生年月日2005 年 11 月 16 日
身長170 ㎝
血液型不明
家族構成父、母、姉(2003年生まれ)、弟(2015年生まれ)
MBTIISTP
Sponsored Links



HYBEはガラムのいじめ問題を擁護してる?理由も調べてみた!

いじめ問題まとめ

デビュー前

まず事の発端は、2022年4月5日にガラムが中学時代に
不適切な行動や学校内で暴力をふるっていたという主張が韓国のコミュニティサイトに投稿され
当時のFacebookページや、Twitterなどで証言が溢れだしたことからです。

掲示板投稿元URLはこちら

中学時代のガラムを知らない人はいない、
といった書き出しから、当時タバコや飲酒まで行っており
被害者が複数いるといった内容です。

この時点では、レンガで人を殴ったり、学校暴力委員会が開かれたと言われています。

HYBE及びソスミュージックは、この時点で暴露した対象者に告訴を行い
Twitterアカウントは違反と判断され停止されています。

このままデビューを迎えたルセラフィム
ショーケースでは、記者からガラムに対しいじめに関する質問が多かったです。
しかし、法的な手続き中のためであったため
説明はされず終わりました。

2022年5月14日

反論文が掲載されました。

この反論文によるとガラムは被害者であるということです。
有名だったのは間違いないけど、「可愛くて」有名だった

校内暴力ではなくただの喧嘩であり、ガラムの悪意的な噂を広めるために投稿しているといった内容でした。

被害者という人物は加害者であり、ガラムに謝罪したこともある。
ガラムの友人の裸の写真をFacebookに投稿し、その友達が給食も食べれなくなってしまい
友人のためにガラムが問い詰めにいったことだという内容でした。

それだけでなく、タバコと広がる写真も該当写真の背景から見て、学校の構造上、該当空間でタバコを吸うことが現実的に不可能だと
これまでのガラムの噂内容を覆すものでした。

2022年5月15日

2022年5月15日、ガラムが加害生徒と書かれた「学校暴力対策自治委員会結果通知書」という公文書の一部を誰かが公開されました。
文書の一部だけが公開され、職印および学校名が見えないため、写真上では真偽が分からない状態です。

しかし、ガラムの学級が1年3組である点、時期が2018年、学校暴力委員会が開かれたという点
最後に裏面に「事件概要書」という字が映った点を見て、ある程度信憑性のある主張とみられています。

この投稿により、韓国でもニュースとして取り上げあれ
最悪な加速状況となっているといえるでしょう。

いじめ問題を擁護してるの?

HYBE、ソスミュージックがこれまで黙認しているのかといった件ですが
当時中学時代だったこともあり、法的な手続きを進める上でガラムも含めて
未成年が多いので慎重に行ってる。

なので事務所としての立場が遅くなっているといった内容でした。

確かに、嘘か本当なのかといった主張ですが
未成年であるため守られる部分が多く、はっきりさせないと
発表できないという部分はあるかと思います。

ここまでは、擁護ではなく立場表明に時間がかかるといった点でしょう。

ただ、HYBE側も易々とガラムのいじめ問題を容認できないはずです。
ニュース報道により事が大きくなった今、活動を休止させるのが
グループの為だという流れではないかと考えます。

Sponsored Links



理由も調べてみた!

デビュー前の対応

一部では擁護しているという内容の意見が見られます。

というのも、デビュー前からいじめ問題が報道されているので
こうなることはおおよそ予測できたのでは?という見解ですね。

これまでもアイドルのいじめ問題に関しては
多くの報道がされてきた通り、活動休止に追いこまれたり
発覚すると脱退になったりと多くの例があるにも関わらず
何も発表せず、ルセラフィムの話題性に頼り
ファンや大衆の空気を読んでいけるのでは?という論破感も否めないのではという見方ですね。

デビュー前は特に新人デビューとなると人選から始まり
コンセプト、ティーザー写真などかかってくる費用も多く
既に済んでいてから、いじめ問題が分かっていたのであれば
「知っているのにデビューさせた」という捉えられ方になるので
HYBEへの信頼もなくなる。故に理由として擁護していると言われているようです。

韓国ではネチズンの反応が大きいので
裁判中に決定打ではないような話題は避けたいということが考えられると思います。

擁護というよりは、「事実確認中」という考えの方
近いのかなと思いました。

Sponsored Links



まとめ

今回は、HYBEはガラムのいじめ問題を擁護してるのかについてみていきました。

事が大きくなっているので
簡単に公式の立場を表明できないのではと思います。

反対に、知っていながらデビューさせたとなると
また問題になってきそうだなと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です