飯塚翔太|年収や給料は陸上選手で一番高いの?収入源も調べてみた!

世界陸上やオリンピックなどにも出場している飯塚翔太って知ってますか?

日本選手権では常時上位に入る実力選手。

世界陸上では惜しくも男子200メートル準決勝で敗退してしまいましたが、

彼の陸上選手として放つオーラはすごいですよね。

今回は、陸上選手/飯塚翔太について気になるお金の面を調べてみました。

  • 年収や給料はどのくらい?
  • 陸上選手の中での年収/給料としてもらってる方なのか?
  • そもそも陸上選手の収入源は?
  • 固定給なのか?

飯塚翔太選手みたいなオリンピックにも出る陸上選手は、年収はいくらくらいもらっているのか気になりませんか?

早速、飯塚翔太選手の年収や給料について見ていきます。

 

Sponsored Links







飯塚翔太のプロフィール

名前飯塚翔太(いいづか しょうた)
出身静岡県御前崎市
生年月日1991年6月25日
身長186cm
体重80kg
血液型AB型
出身高校藤枝明誠高等学校

飯塚翔太選手は、日本のスプリンター選手としては珍しい高身長の陸上選手。

世界ジュニア選手権200mでは、日本人初の金メダルを獲得。

あだ名は「和製ボルト」と言われています。

飯塚翔太は背が高いのも特徴です。

身長が小学6年時で約170cm、中学1年時で約180cmというビックサイズ!

飯塚翔太はが陸上を始めたきっかけは、

小学3年生の時の地元の陸上大会の100mで優勝し、

地元の陸上クラブの監督から誘われたことがきっかけで陸上を始めたそうです。

陸上を始める前に2年ほどスイミングクラブに通っていました。

この時、飯塚翔太を誘ってくれた監督に未来のオリンピック選手を見つけてくれてありがとうって言いたいですよね。

 

結婚してる?

飯塚翔太選手の結婚について調査したところ、飯塚翔太は、独身です。

過去に、元青山学院大学の美人ランナー鳥原早貴が彼女では?という噂もありましたが、

根拠となるものはなくおそらくデマである可能性が高いことがわかりました。

 

飯塚翔太の経歴がすごい!

飯塚翔太選手の経歴について簡単にまとめました。

2004年 ジュニアオリンピックDクラス100mで優勝
2006年 ジュニアオリンピックAクラス200mで優勝
2007年 国体の200m優勝
2008年 国体の100m優勝
2010年 4×100mリレーで日本学生記録を樹立。優勝
2010年 世界ジュニア陸上競技選手権大会200m 優勝
2012年 ロンドンオリンピック 出場
2013年 世界陸上 出場
2014年 アジア大会で4×400mリレー 優勝
2016年 リオ・オリンピック4×100mリレーで銀メダル獲得
2017年 世界陸上 出場 

昨年、2021年 東京2020大会 200m 出場

今年、2022年世界陸上 出場

輝かしい経歴の持ち主ですよね。オリンピック、世界陸上に出場、メダル獲得。

日本の陸上競技を背負っている選手の1人!

今回の世界陸上についても急遽出場がきまりましたが、しっかり準備して整えてきたのはすごいですよね。

さすがオリンピック選手!

飯塚翔太は、「この舞台で走れるのは幸せなこと」と話し、

陸上が好きだ!っということが本当に伝ってくる選手です。

 

Sponsored Links



飯塚翔太の年収や給料は陸上選手で一番高いの?

陸上選手ってどのくらいの年収/給料なのか気になりますよね。

そもそも給料制なのか?年俸制じゃないのか?

プロ野球選手みたいに稼いでいるのか?

気になりますよね。

早速、飯塚翔太は稼いでいるのかみてみましょう。

飯塚翔太はどこの企業?

飯塚翔太選手は現在「ミズノ」に所属。

ミズノの社員ということになります。

陸上選手でもありますが、ミズノ社員でもあります。

飯塚翔太選手は、プロ選手ではなく実業団に所属する実業団選手となります。

プロだと怪我などをしたらそれまでですが、

実業団選手であることでアスリート人生後もミズノの社員として会社で働くことができるということになります。

大企業ミズノ社員ということなので給料も良さそうですよね?

 

陸上選手ってどのくらい貰えるのか?固定給なのか?

一般的な陸上選手は、実業団に所属している方が多いです、飯塚翔太選手も実業団選手。

企業から給料をもらっている選手ということになります。

実業団選手は、社員選手と契約選手に分かれます。

社員選手は、午前中に仕事、午後は練習。大会前は仕事が免除され、競技に集中することができる選手です。

契約選手は、基本的に競技のみ集中できるよう企業からサポートを受ける選手です。

 

企業所属選手の給料について基本的には、同期社員と同等の基本給+競技者手当と言われてます。

競技者手当は、成績により変動します。

平均年収は310万~405万くらいと言われています。

契約選手の場合は社員選手より少し全体的高いとも言われています。

 

飯塚翔太 年収いくらもらってる?

そう考えると一般的な実業団所属選手の年収は一般のサラリーマンの年収と変わらないみたいですね。

飯塚翔太選手もおそらく年収350万円~450万円くらいの年収ではないかと予想されます。

 

飯塚翔太が年収 一番高い?

飯塚翔太の年収について陸上選手としては多い方なのか?一番高いのか?気になりますよね。

実業団選手である飯塚翔太は、オリンピックや大会で成績を残すことで競技者手当やボーナスが加算されると思われます。

飯塚翔太の年収については、もらっている方なのかというと一番ではないかもしれません。

どうしても実業団選手よりプロ選手の方が年収は良くなります。

大会での賞金やスポンサー収入などが年収に大きく影響するみたいですね。

東京オリンピックで現役引退した大迫選手の年収を見てみると

ナイキとスポンサー契約、日本新記録を出した際の報奨金2億円もあり、推定年収6000万円とも言われています

自己記録やスポンサー契約の条件次第で年収はかなり変わってくることがわかりますよね。

 

Sponsored Links



陸上選手の収入源とは?

飯塚翔太選手の年収は、おそらく年収350万円~450万円くらいではないかと予想されています。

本当にこれだけなのか、収入源は他にあるのか?

気になりますよね。

あんなに活躍してるのだからもっともらってもいいのでは?と思ってしまいますよね。

 

会社からの年収以外に大会での賞金も!

陸上選手の収入源については、賞金も大事な収入の一つです。

オリンピックでメダルを獲得すれば報奨金

大会などで優勝すると会社からボーナスも出ます。

大きい陸上競技の大会での賞金は1000万円という高額賞金もあります。

この金額でも意外と他のスポーツよりも低いというから驚きです。

実際に賞金がもらえるのは一握りなので、陸上選手は大変ですね。

 

スポンサー収入歯大きな収入源!

陸上選手のもう一つの大きな収入源は、スポンサー収入です。

プロ選手も実業団選手でも同じようにスポンサー収入はかなり大きいようです。

スポンサーがつくつかないで年収/給料は大きく変動します。

同じ陸上選手のマラソンプロ選手の川内優輝選手や大迫傑選手、ケンブリッジ飛鳥選手などかなりの収入があるようですが、スポンサー契約が大きく収入源となった言われています。

 

Sponsored Links



まとめ

今回は、飯塚翔太の年収や給料、陸上選手で一番高いのか、収入源は何なのか?色々見てきました、

陸上選手、アスリートで稼いでいる人は本当に一握りなんですね。

会社に属して給料をもらうシステムであることに驚きました

飯塚翔太選手は、本当に陸上が好きで頑張ってきているのでこれからも優勝してメダルを多く取ってほしいですね。

これからも飯塚翔太選手の活躍を応援しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です