ENHYPENが売れない原因は本国人気がないから?不仲説も関係してるのか調べてみた!

こんにちは!
BTSやTXT所属で話題の事務所『Big Hit Entertainment』にて先日行われた『I-LAND』というオーディション番組から誕生しました、『ENHYPEN』ですが、今回は売れない原因は不仲説が出ていることが原因なのかということにも着目していきながら調べていきたいと思います!!

Sponsored Links




ENHYPENとは?

ここで『ENHYPEN』について簡単にご紹介をしたいと思います。
まず、このグループは2020年6月から9月までの間に行われた『I-LAND』というビッヒによるビッヒの練習生の為のオーディション番組でした。

主に『M-net』にて放送されておりましたが、日本では『ABEMATV』にて日本語字幕付きと同時翻訳の2パターンにてリアルタイムで見ることができました。

現在では、このオーディション番組は『ABEMATV』にて見る場合、プレミアム会員にならなければすべてをみることができませんが、興味がある方はぜひ見てみてください。

22名から始まり、様々なミッションを経て、最終的に7名のデビューメンバーが決まり現在に至ります。

I-LANDの特徴は?

オーディション番組はプロデューサーがデビューメンバーを決めたりするものや、国民プロデューサーの投票によって決まるものなど様々なパターンのものがありますが、今回『ENHYPEN』のメンバーをきめた『I-LAND』ではまず最初に『I-LAND』の建物に入ることのできるメンバー12名その他のメンバー『グラウンド』の建物にて練習しなければならないというシステムだったのですが、まずはじめに自分達によって『I-LAND』へ入れるメンバーを選抜しなければならないという身内の自他共に厳しい判断をしなければならないとても残酷なスタートからでした。

パート2に入る少し前から視聴者投票も入り、パート2へ残ることができるメンバーの選抜に視聴者が関わる様になりました。

その後、パート2では視聴者投票結果とプロデューサー方の評価と交互ミッションが行われ、最終的に6名を視聴者が、残り1名をプロデューサーが決めたことにより現在の『ENHYPEN』のメンバーが誕生しました。

完全にプロデューサーや国民プロデューサーのみの結果ではなく、そこをミックスし、さらには、練習生達にも判断をさせたことにより、現代感の出した新しいカタチのオーディション番組だったのが最大の特徴ではないかと思います。

Sponsored Links

ENHYPENは売れていないの?

そんなENHYPENですが、売れていないという噂があるようですね。
それはオーディション番組『I-LAND』放送中もなかなか視聴率が取れていないという噂を耳にしておりました。
そこからの影響が続いている可能性もありますが、ただ、一つ言えることは『ENHYPEN』まだデビュー前なんです。

そのため、私としてはデビュー前に売れる売れないという判断はつけにくいのではないかなと思いますし、現在世界で大人気のBTSも最初は絶対売れないと本国のファンの方々から断言されていたのにも関わらず、現在では世界のファンを虜にする大スターと成長しました。

ですが、これはあくまで私としての意見ですので、実際にSNS上での皆さんの反応などを探って行きたいと思います。

SNS上での反応は?

実際にファンの間などではどんな反応なのかを探って見ました!

はい、ざっとこんな感じで書かれておりました。
私が調べた限り、『売れないとか言わないで~』という意見の方しか見当たりませんでしたが、このようなことが言われているということはもちろんその反対の「売れない」と言っている方々がいるからこそこのような意見が目立っており、ファンやそれ以外の方々の間では「売れない」と言ってくる人がいるんだということになっているようでした。

4つ情報を載せましたが、その中でも3つ目の情報に注目をしていただきたいのですが、「ケイくんがいないグルなんて推さない」と書いてありますよね。このケイくんは日本人練習生だったのですが、ダンスが凄くうまく、ENHYPENのメンバーであるヒスンやニキとも切磋琢磨していた練習生でした。
ケイくんは最終審査にて残念ながら落ちてしまい、ENHYPENのメンバーに入ることができなかったのですが、ケイくんのファンの方々はやはり日本人が多く、熱狂的なファンが多いイメージでした。実力もあり、リーダーシップも取ることができるケイくんが落ちてしまったことにより、ファンの方々の気持ちが下がってしまったようで、最終審査直後はケイくんのファンからの言葉によるENHYPENメンバーVSケイファンなどもあったようです。

これらのSNSが飛び交っていたことも現在まで『ENHYPEN』が売れないと言われ続けている要因の一つでもあるかもしれないなと私は思いました。
ただ、これだけが要因の全てではありませんのでケイくんファンが悪いわけではありません
それくらいケイくんはファンにとっても視聴者にとっても期待の練習生だったことがわかりますので、今後の活躍を期待して行きましょう

売れないのは本国人気がないから?

売れないと言われている要因は上記の他にもあるようです。
それが、「本国」の韓国での人気がないからだと言われているようです。

なぜ韓国人気がないと言われているのかというと、『I-LAND』の視聴率が実は韓国では0%だったとか・・・。

それには理由がありました。

練習生同士で選択させることに対してあまりにも残酷すぎる

また、韓国では日本よりも年功序列が厳しいのをご存知でしょうか。
年下は年上を尊敬し、生意気な態度などは取らなかったり、敬語で話したりと日本よりもかなり厳しいのです。
それも今回の残酷さに影響したということも言われております。

これが大きく関わっていたようでした。
BTS所属のビッヒによる初めてのオーディション番組のため誰もが高い視聴率を期待していたからこそ一話の残酷さに耐えられず見るのをやめてしまったファンの方々も多かったようです。

ただ、パート2からは徐々に視聴率や投票率も上がっていたようで、しっかりと韓国票も視聴者投票にて入っておりました。

現在の本国での人気は本当にないのかまではわかりかねましたが、こうしてデビュー前のアイドルの広告が韓国に出ていることなどにより、全く注目されていないわけではなさそうです。

私自身も30日に正式デビューをしてこれからの季節での歌謡祭やいろんな所での露出により本国のファンが沢山増えてくれることを願って行きたいと思います。

Sponsored Links

不仲説は関係ある?

ENHYPENのメンバー内で不仲説が浮上しているようですね。
その不仲説ですが、『ヒスン』と『ニキ』に注目されて噂されているようです。

きっかけは最終メンバーが呼ばれるときに5位~1位、6位、7位という順番で呼ばれたのですが、
ヒスンは最終順位が『5位』でした。そして、ニキは『4位』でした。
ヒスンは練習生歴も長く、TXTのメンバーになる可能性があったと言われるほどの実力の持ち主でした。
I-LANDの中では常に1~3位内をキープし続けていました。その中での今回こそはデビューしなければならないというプレッシャーと『5位』という順位にヒスンの心の中はメンバーに入れた安心感と順位に対しての悔しさが混ざっている中で、『4位』のニキの発表があったのでニキのハグに対応する余裕がなかったのではないかと思います。

また、ニキはパート1の際もグラウンドから視聴者投票によりパート2に進むことができたメンバーであり、さらに、パート2でもなかなか未熟な所も多く、メンバーを戸惑わせてしまう瞬間や順位もなかなか上がることがなく、デビューメンバーに入ることが難しい可能性もあったメンバーでした。

その中で、最終順位がヒスンよりも上だったということにもしかしたらヒスン自体は複雑な気持ちもあったのかもしれませんが、私はただニキが呼ばれたときにヒスン自体の心の余裕がまだできてなかった為にニキのハグに対応ができなかったのだと思います。

そんな中、実際のところ二人の不仲説とはどうなのか気になりますが、下記の写真を見てください。

この写真からも十分伝わりますが、ヒスンとニキは仲が良いですし、現在『ABEMATV』にて放送されているバラエティ番組なども始まり、特にヒスンとニキに限らず、メンバー全員不仲説が浮上するような様子は全くありません

なので、不仲説で人気に影響が出ている可能性はないのではないかとは思いますが、バラエティ番組や公式SNSを確認するくらいのファンの方以外だとSNS上のみの情報を信じていまい、それにより不仲の為推すのをやめようという方もいるのかもしれないのでなんとも言えませんが、私は不仲説がENHYPENの売れないと言われていることに対して関係はしないと思います。

Sponsored Links

まとめ

今回はENHYPENが売れない原因は本国人気がないからなのかと不仲説も関係してるのかに注目をしてみましたが、いかがでしたでしょうか。

私自身はENHYPENが売れないかどうかはまだ正式デビュー前のため現時点では判断ができないかと思います
ENHYPENのコンセプトや今後の活躍によって人気が出てくる可能性もたくさんあるということと、BTSもデビュー当初は絶対に売れないと本国から言われていたが、現在では世界スターへと成長したということを含めて、ENHYPENの可能性は期待できるかと思います。

また、不仲説が売れないことへ影響しているのかという点についても、現時点でメンバーの様子を見ている限り、不仲であることはありえないかと思います。まだ結成されたばかりのグループである中で、彼らの良さや特徴などもどんどん配信されていくと思いますので、彼らの関係を暖かく見守って行きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です