NCTジェヒョンの吐きダコはストレス?ドラマが影響しているって本当?

SMエンターテイメント所属のK-POPボーカルグループNCT。

韓国・日本・中国・アメリカ・カナダ・タイ・マカオ・香港・台湾出身のメンバーで構成されており現在ものすごい勢いでファンダムを拡大中!

また、派生グループも結成されるなどまだまだ勢いがおさまることがないグループと言えるでしょう。

そんなNCTメンバーの一人・ジェヒョンに吐きダコがあるという噂が浮上。

原因はストレスではないか?とも言われていますが真相はどうなのでしょうか。

そこで今回はジェヒョンの吐きダコができた原因について調査していきます。

Sponsored Links






NCTジェヒョンのプロフィール

名前ジェヒョン
本名チョン・ユノ
生年月日1997年2月14日(24歳)
出身地韓国ソウル特別市瑞草区
身長180㎝
体重63㎏
ポジションメインボーカル・リードダンサー・サブラッパー

メンバーやファンからは「ジェヒョン」「ジェ」「ジェイ」などと呼ばれています。

また、誕生日が2月14日のバレンタインデーということもあり「バレンタインボーイ」というニックネームもあるそうですよ!

性格は優しく穏やかな性格で、かなり真面目&聞き上手。

メンバーからも誠実な性格と言われています。

料理が得意で、中でも豚肉の辛炒めを作ると「販売できる」と絶賛されるほどの腕前だとか。

2016年に放送された「NCT LIFE韓国料理王挑戦記」で優勝し、SMエンターテイメントのレストラン「SMT SEOUL」でジェヒョンが開発したメニューが一カ月という限定で提供されたこともあります。

また、5歳のころから4年間アメリカに住んでいたこともあり、英語はペラペラ。

SMエンターテイメントへは2012年の中学3年生のころに路上でスカウトされ3年間の練習生期間を経てデビューとなりました。

Sponsored Links


NCTジェヒョンは吐きダコはストレス?

真面目で穏やかなジェヒョンですが、吐きダコがあるという噂が浮上しています。

ここでは本当に吐きダコは存在するのか?考えられる理由について調査します。

ジェヒョンに吐きダコは本当にある?

吐きダコとは手指を口につっこみ嘔吐を繰り返すことでできるもので、主に過食症や拒食症の方に多く見られます。

嘔吐を繰り返す際に上あごや歯に手の甲や指が当たることが原因で、普段生活している中で通常ではできない場所にタコができるということです。

過去にジェヒョンが授賞式に出席した際、赤くしこりのような指が見える手元の写真が撮影されたため吐きダコではないかという心配の声が多くあがったようですね。

確かに右手中指の骨が出ている部分に赤いあざのようなものが見えますね。

考えられる理由はストレス?

実際、吐きダコなのかどうかは定かにはなっていませんが、嘔吐を繰り返し吐きダコができているのであれば考えられる理由はストレスが一番かもしれません。

元々ジェヒョンは食べることが大好き「3日間食べられないのであれば3日間寝ない方がいい」と公言するほど。

そのため、好きな物を食べた分、嘔吐してしまうという方法を取っている可能性はなきにしもあらずです。

韓国アイドルはビジュアル面をとても重視している面があるため、体重管理が厳しいというイメージです。

もしかしたら食べたいのに体重を気にしなければいけないというストレスから吐きダコができてしまった可能性があるのではないでしょうか。

Sponsored Links


NCTジェヒョンのストレスはドラマ撮影が影響している?

吐きダコがあると同時に激やせしたという声も多くあがったんですよね。

吐きダコ&激やせの噂が出始めたのは2018年。

当時、ジェヒョンは複数のユニットを掛け持ちし、海外スケジュールも多く、長期ドラマ撮影などが重なっていたようです。

このようなハードスケジュールだったため、疲労から痩せたのではと言われていますが、ドラマ撮影のための役作りではないかとも言われています。

また、カムバックのためにダイエットしたとも。

何が真相なのかはジェヒョン自身から明かされているわけではないためわからないのですが、ファンが心配するほど痩せたことは明らかなようですね。

Sponsored Links


まとめ

今回はNCTジェヒョンに吐きダコができているという情報を受けて理由などを調査してきました。

確かに吐きダコらしきものができていたのは確認できたのですが、それが本当に吐きダコなのかはわかっていないのであくまで予想として捉えて頂ければと思います。

また、かなり痩せていることもわかりました。

吐きダコ&激やせの時期が同じということからファンの方も本当に心配されています。

人気があるゆえに仕方がないことなのかもしれませんが、体を壊さない程度にしてもたいたいですよね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です