夢色パティシエールが韓国人気なのはなぜ?IUが流行らせたのか調べてみた!

今、韓国やK-POPファンの間で大人気になっている「夢色パティシエール」を皆さんはご存知ですか?

韓国ドラマ?と思った方もいるかもしれませんが、実は日本のアニメなんです!

日本のアニメ「夢色パティシエール」が今になってなぜ韓国で人気になっているのでしょうか。

IUが韓国で流行させたとの噂もあるようなので調査してみました!

Sponsored Links






夢色パティシエールとは?

夢色パティシエールとは日本の漫画家、松本夏実先生による作品です。

『りぼん』(集英社)にて、2008年10月号から2011年7月号まで連載され、『りぼん』2012年5月号に読み切り作品『夢色パティシエール -ア・ラ・カルト-』が掲載、その後『りぼん大増刊号』に掲載先を移籍して連載しました。

テレビアニメが日本国内で2009年10月4日から2010年12月26日まで放送されました。

Sponsored Links


夢色パティシエールが韓国人気なのはなぜ?

>夢色パティシエールは最近のアニメではなく11年以上前のアニメ作品なんですね。

このアニメのOP曲が韓国で大流行しているそうなんです!

OP曲は「夢にエール!パティシエール♪」です。

児童向けの番組でしたが、曲のアップテンポさと可愛さが大人にも人気がでました。

日本向けのアニメと思っていましたが、実は2010年に韓国の「Tooniverse(トゥーニバース))」にてアニメ化され当時の韓国の子供達にも大人気だったそうです!

韓国版はIUがOP曲を歌っていた

韓国でも放送されていた夢色パティシエールですが、当時のOP曲をカバーして歌っていたのが韓国の国民的妹と呼ばれ絶大な人気を誇るIUです。

日本の曲と全く同じですが、IUが歌うことでK-POPのノリの良さと可愛さが相まってとても良い曲に聞こえますね!

なぜ今になって流行っているのか?


IUがリリースしてから10年以上経っていますが、tiktokでの「ダンスチャレンジ」で再度流行するようになったようです。

数々のK-POPアイドルが「#꿈빛파티시엘(夢色パティシエールチャレンジ)」というタイトルをつけてダンス動画をtiktokに投稿して人気を博しているようです。

日本のアニメ曲でK-POPアイドルが踊ってくれる姿は日本のファンとしては嬉しいですね!

韓国国内でも当時流行ったアニメということもあり懐かしさもあるのではないでしょうか。

Sponsored Links


IUが夢色パティシエールを流行らせたのか?

tiktokでK-POPアイドルが踊っていることで流行っているのもありますが、tiktokの曲だ、と括られてしまうのが当時のアニメが好きだった人達には不評なようです。

それだけ当時、大人気アニメだったということですね!

しかし、tiktokで再流行しているのもありますが曲を歌っているのがIUだから流行したのではないでしょうか

IUの可愛らしい声がアニメの曲と雰囲気に合っていたことも大きく影響しているように思います。

実際日本版の「夢にエール!パティシエール♪」も良いですが、IUが歌う方が耳に音楽が残るのと、踊りたくなる雰囲気があります。

tiktokの恩恵だけでなく、韓国の大人気歌手IUだからこそどちらの効果もあって今の時代にまた流行しているのではないでしょうか。

Sponsored Links


まとめ

いかがでしたか?

今回は夢色パティシエールが韓国人気なのはなぜ?IUが流行らせたのかを調査しました!

韓国とは近くて文化も似ている点もありますが、歴史問題でなにかと衝突しがちな国でもあります。

今回調査をして日本のアニメが韓国でも大人気だったことやカバー曲が流行していることが分かり、文化の面ではお互いの良い点が融合しているなと思いました。

みなさんも「夢にエール!パティシエール♪」聞いてみてくださいね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です