スキズ(Straykids)ハンジソンのマレーシア留学の真相!高学歴で英語ペラペラってマジ?

新人の中でもめまぐるしい進化を遂げているStraykids

現在カムバック中でもある彼らですが、ここにも
オールラウンダーのメンバーがいるんですよ!

タイトルにもなっている通り、ハンくんが今日の主人公です。

しかも留学していたこともあるおぼっちゃま?
ふとしたときに垣間見れるハンくんの品のよさは海外生まれだからなのか?

Sponsored Links




ハンくんプロフィール!

名前 ハンジソン(한지성)
出身 韓国
生年月日 2000年9月14日
ポジション リードラッパー、ボーカル

スキズといったらヒョンジンでしょ~!
ピリちゃんに、イエニ(アイエン)も無視できない!
いやバンチャンだってかっこいいし、ダークラッパーも忘れるなし
顔国宝級のミノくんと最近やたら色気の出てきたスンミンだってなんですけど

まぁ落ち着いてくださいオタクのみなさん。

スキズのポテンシャルの高さは、グループ結成?デビューに至るまでの
サバイバル番組を見ればわかると思います。

何しろここまでできててもデビューは無理なんかえ?
一瞬で夢散るとはこのことかえとサバイバル番組につきものな
感動する場面が多いです。

このサバイバル番組の中で、恒例のYGとJYPの練習生対決みたいなものがあるのですが

唯一元YGの社長ヤンサが認めたのが、ハンジソンなんですよ。
YGの練習生でもほめやしないヤンサの目に留まったのが大きいと感じます。

Sponsored Links

マレーシア留学の真相!

韓国出身なのに、マレーシア留学してたのかって話にもなりますよね。

実は、親御さんの仕事の関係で幼いころに(今でも十分幼いが)マレーシアに住んでいたそうなんです。
留学ではなく、育ってきた環境がマレーシアのようです。

なので、韓国で学校に通った経験はゼロのようですね。

学校に通っていたというのも、小学生から中学生くらいの間でしょうか?
実はハンくん、高校には通っていません。

1度?韓国に帰ってきたときにJYPのオーディションに挑戦して
落ちたら、マレーシアに戻ろうと思ったと言っていました。
それが合格してしまったから、1人韓国に残り
海外練習生と同じように宿舎で生活を始めたそう。

芸能スクールアカデミーのラップ専攻科にて練習を積んできたそう。

1度ハンくんがラップメイキングするところを見たことあるんですが
相当早かったです。

高校に通わないことで、さみしい思いをしたこともあるようですが
ずっと自分のやりたかったラッパーに近づく意味でも
経験が身になってるなと感じます。

Sponsored Links

高学歴で英語ペラペラってマジ?

高学歴というのはここででは違うとなってしまいますが
英語が話せるのは事実です!

リーダーのバンチャンとフィリックスはオーストラリア出身なので
英語が母国語となり話せるのはわかりますが
幼少期にマレーシアにいた感じだと、あれ?話せるのかな?ともなりますが

なんとマレー語も話せるんですって
もはや第2の故郷ですもんね!

とにかく掘ればほるほどハンジソンくんというメンバーは沼が深いということがよくわかります。

一見、おちゃらけメンバーのラッパーかと思いきや
ボーカルさせると違う持ち味がでてくるし
努力して手に入れた才能の塊、THEストイック仕事人間です。

ハンジソンが作曲したHoodie Season

こちらもすごくお勧めの曲です!

Sponsored Links

まとめ

今回はスキズのメンバーハンジソンの留学についてお伝えしました。
留学ではなくて、マレーシアに住んでいたことがあるハンくん。

どちらかというと海外生活の方が長く
韓国で学校に通った経験がない!
学歴社会の韓国で、新しい道を築き始めてると感じます。

小学校のモテ男はリレーで1位の男子のように
英語ができちゃう、涙もろいハンくんは
スキズの中でも、はまれば沼いり確実の怖いメンバーです

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です