BEFIRST(ビーファースト)韓国の反応や人気はあるの?KPOPの真似と言われる理由も調査!

元AAAのSKY-HIさんが主催したボーイズグループオーディション「THE FIRST」から生まれたBEFIRST。

毎週金曜日に朝の情報番組「スッキリ!」でオーディションの様子が放送されていたので、見ている方も多かったのではないでしょうか。

そんなBEFIRSTですが、韓国での反応や人気はどうなのでしょうか?

また一部ではK-POPの真似と言われているようなので、その理由についても徹底調査していきます。

Sponsored Links







BEFIRST(ビーファースト)ってどんなグループ?

BEFIRSTはオーディション「THE FIRST」から選ばれた7人組のボーイズグループです。

毎週、オーディションの様子が放送されていたこともあり、デビューが決定した7人以外の参加メンバーもとても人気があったというくらい大反響の番組でしたね。

そんなオーディションから7人のメンバーが決まり、2021年11月3日に「Gifted.」でデビューを果たしました。

2021年8月のデビューメンバー決定後わずか3日後に配信されたプレデビューシングル「Shining One」はオリコンのデジタルシングル週間ランキングをはじめ、主要チャートの1位を総なめ。

ミュージックビデオも2週間で再生回数1000万回を突破するなどデビュー前から破格の勢いで人気を集めてきました。

メンバー7人はいずれも音楽的感度が高く、「日本の音楽界を変える存在」と称されています。

Sponsored Links



BEFIRST(ビーファースト)韓国の反応や人気は?

日本では知名度&評価がともに高いBEFIRSTなのですが、韓国での反応や人気はどうなのでしょうか。

【翻訳】

「歌も映像も良くてこれぞ本物のミュージックビデオ!これがデビュー前ならもうデビューしたほうがいいんじゃない?名前もロゴもすべてが良い!応援します」

【翻訳】

「日本で#BEFIRSTという新しいボーイズグループが出てきました!歌も上手、踊りも上手、ラップも上手な7人です! MV一度見てください〜」

【翻訳】

「韓国の翻訳付きです。 BEFIRSTのリアクションも見られますよ。 SKY-HI社長大当たり~!」

韓国でもなかなかな人気があるようですね!

Sponsored Links



BEFIRST(ビーファースト)がKPOPの真似と言われる理由は?

日本&韓国ともに人気があることがわかったBEFIRSTなのですが、一部ではK-POPの真似と言っている方もいるようです。

中でも「BTSに似ている」という声が多いようなのですが、理由について調査してところ4つ浮上しました。

理由①ビジュアルが丸っきりK-POP!?

このようなツイートがあるように、セカンドシングル用とファーストシングル用を比較するとビジュアルがK-POPに激似なんですよね。

一番最初にテレビ出演した時のビジュアルがこちらです。

それが次のビジュアルでは、こちらに。

どうですか?

このビジュアルだけを見た方は「K-POPアイドル?」と思うかもしれませんね。

良く言えば垢抜けたとも言えるのですが、悪く言えば完全にK-POPの真似ということになります。

それに全員日本人なのに韓国ファッションを着るだけで韓国人っぽく見えますよね。

理由②BTSに見える!?

今や全世界で大人気のK-POPグループであるBTS

そんなBTSにBEFIRSが寄せていっているのではないかという声が結構浮上しているようです。

同じ7人ですし、そもそも産みの親であるSKY-HYさんはBEFIRSのコンセプトについて「歌って踊れるアーティスト」と明かしていることからも「BTSの真似をしている」と言われるようになったのでしょうね。

理由③BEFIRSとBTSのInstagramは似すぎ!?

SKY-HYさん自身がBTSを意識しているのかしていないのかはわかりませんが、このInstagramを見たらやはり少しは意識していることはお分かりになると思います。

まずはBTSのInstagramです。

出典元:Instagram

続いてBEFIRSのInstagramです。

出典元:Instagram

確かに激似ですよね。

BTSだけではなく、K-POPアイドルのInstagramは細切れでアップしていることが多いのですが、このような形になったのはBTSが最初ではないかと言われています。

そのInstagramに激似しているということは、やはり真似をしていると言われても仕方ないのかもしれません。

理由④曲調がK-POPに似ている

プロデュースしたSKY-HYさんは元所属していたAAAがアイドル枠から抜け出せずに終わってしまったためか、BEFIRSは「歌って踊れるアイドル」ではなく「歌って踊れるアーティスト」にしたかったのでしょうが、周りからはやはりアイドル括りで見られてしまっているようです。

そのため、曲調もアイドルではないものをと考えて作っているようなのですが、それでも聴く側からすればどうしてもK-POPアイドルっぽく聴こえてしまうのでしょう。

ある意味、それはK-POPっぽい曲調ではなくやはりBEFIRSがアイドルという目で見られているからそう聴こえるだけなのかもしれません。

Sponsored Links



まとめ

今回は、BEFIRSの韓国での反応や人気、K-POPを真似していると言われている理由について調査してきました。

韓国でも日本同様人気があることはわかりましたが、一部でK-POPの真似をしていると言われているのも本当のようですね。

確かにK-POPと類似している点が複数あることがわかったので、真似をしていると思われても仕方がないかもしれません。

現在、話題となっているグループなので、今後の活躍が楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です