冨永愛のフランス語がキムタクよりも堪能と言われる理由は?グランメゾン東京のセリフで検証してみる!

2020年3月24日に放送の「セブンルール」に出演する
パリコレモデル冨永愛さん。

モデルと言えば、彼女しか思い浮かびません。
読者モデルという分野がでてきてはいますが、やはりランウェイを歩いてなんぼだと思います。

世界で活躍中の冨永愛さんは、最近木村拓哉さん主演のグランメゾン東京にも女優として出演されていました。
その時に話していたフランス語のセリフが素晴らしく美しいというので
調べてみたいと思います。

Sponsored Links

冨永愛のプロフィール

名前 冨永愛
出身 神奈川県
生年月日 1982年8月1日
身長 179㎝
血液型 B型

冨永愛さんといえば、世界で活躍するスーパーモデル
身長はなんと179㎝とモデルとして生きるために生まれてきたようなものですよね。

しかし学生の頃は身長がコンプレックスでありすごく嫌だったとインタビューえ答えていらっしゃいます。

日本からパリコレのランウェイを歩けるようになるまでには
モデルとしての資質が必要じゃないかと考えさせられますよね。
最近だとアンミカさんがパリコレモデルになれるよう指導している番組をあるくらいですから。

冨永愛さんの場合は違いますよ!

制服のままヴォーグに載ったのを受け、世界中からオファーがくるようになった
まさにモデルとして生まれた方なんだと思います。

Sponsored Links

冨永愛のフランス語がキムタクよりも堪能と言われる理由は?

冨永愛さんは、2019年に放送された木村拓哉さん主演の「グランメゾン東京」に出演されていました。
これがまた、グルメ雑誌の編集長リンダを演じ話題になりました。

その話題になった1つに英語やフランス語の語学の堪能さが目立ちました。

もちろんこの役柄を消化できるのは冨永愛さんしかいないと思わせ
美しさや気品さを思わせる食事のマナーさや反応がフランス人のようだと大絶賛されていました。

ドラマの内容的にフランス語が必須になるわけなので
話す頻度も多かったと思いますが、やはり海外で仕事されている回数が多い
冨永愛さんの発音が美しいと評判が高かったようです。

自身のお子さんもインターナショナルスクールでもある木村拓哉さんも
負けてはいないと思いますが、やはり本場パリで仕事をされた経験があるからこそ
木村拓哉さんよりも堪能だと言われているのではないでしょうか。

Sponsored Links

グランメゾン東京のセリフで検証してみる!

グランメゾン東京でフランス語を話している冨永愛さんの動画を
探したのですが、どうも日本語でのセリフの部分しかでてきませんでした。

楽しみにされたいた方すみません。

仕草は完全にフランスの人のようだという意見がかなり多いのが印象的です。
またフランス語と同時に英語の発音も綺麗だと言われていますね。

これは2008年の映像になるので、このころよりも一層スラスラと話されているかと思います。

Sponsored Links

まとめ

今回は、セブンルールに出演する冨永愛さんのフランス語がキムタクよりの堪能だといわれる理由について書いてみました。

パリを拠点に活動する彼女だからこそ、フランス語が堪能なのがもはや当たり前なのかもしれません。
ファッションウォークの本場パリでの活動は、スーパーモデルとしての証そのものです。

英語の発音も完璧で気品が高く女子が憧れる女性だと感じます。
パリコレに復帰され、更なる活動に期待がかかりますね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です