チョンハ(ioi)彼氏や元カレの噂を調査!好きなタイプや憧れの人も調べてみた!

圧倒的なパフォーマンス力を誇る女性ソロアーティストといえば、チョンハ。

ioiとしての活動後も第一線で活躍し続け、「ioi1番の成功者」と呼ばれることも!

2月8日には1stフルアルバム「Querencia」のタイトル曲である「Bicycle」のティーザーが公開され、既に熱い反応を得ています!

今回はそんなチョンハの気になる彼氏や元カレの噂
好きなタイプ・憧れの人などを調査しましたのでぜひご覧ください!

Sponsored Links







チョンハのプロフィール

名前キム・チャンミ
出身ソウル特別市東大門区
生年月日1996年2月9日
身長161㎝
血液型B型
所属事務所MNHエンターテインメント

MNHエンターテインメントの看板歌手であるチョンハですが、
以前はあのJYPエンターテインメントに所属していたことも!

JYP公開採用オーディション9期でダンス3位となり、練習生生活を送っていたようです。

この第9期オーディションではikonのドンヒョク元AB6IXのヨンミンなども共に練習生となっています!

しかし結局JYPでは目が出ず、JYPで2PM担当チーム長を務めていたイ・ジュソプ氏にスカウトされMNHエンターテインメントへ入社します。

アルバイトやバックダンサーをしながら、長い下積み時代を送っていた苦労人のチョンハですが
大きな転機となったのがサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101」への出演!

初めこそ37位と決して高い順位ではありませんでしたが、
圧倒的なダンススキルは勿論、真面目で実直なリーダーシップある性格などが評価され、
最終4位で見事ioiのメンバー入りを果たしました!

ioiは当初の予定通り約1年で解散してしまいましたが、
その後事務所に戻り2017年6月ソロ歌手としてデビュー!

2ndシングル「もう12時」では音楽番組で6冠を達成し、
昨年リリースしたデュエット・ソング「Bad Boy」はあのBTSの「Dynamite」を抑えて
音楽サイトで1位を獲得!


また毎年、数々の音楽賞を受賞しており
ソロアーティストとして着実に確立した地位を築いています。

パフォーマンス力の高さは勿論、透明感のある感性的なボーカルも魅力の1つ
多くのアーティストとコラボしたり、ドラマのOSTに参加したりと、
幅広く活動しています。

Sponsored Links



彼氏や元カレは?

ガールクラッシュな魅力で女性人気も高いチョンハですが、
恋愛事情はどうなっているのでしょうか?

調べてみるとチョンハは「母胎ソロ」だと話題になったことが!

母胎ソロとは生まれてから1度も恋愛経験がないという意味。

チョンハは過去出演したラジオやテレビ番組で、
「これまで1度も恋愛したことがない」

「メールで連絡を取っていた人は居たけれど、1カ月で終わった。付き合ったことはない」
などど赤裸々に語っています。

とっても意外ですよね!

ただ、これらは2018年に話していた内容ですので、
現在のことは分かりません。

しかし熱愛報道がでたことは今まで1度もありませんし、熱愛の噂も聞きません。

最近出演したTV番組では、休む暇もなく多忙な日々を送ってきた心の葛藤を吐露していたチョンハ


事務所を背負ってひたすら仕事に打ち込んでいて、
恋愛をする時間や心の余裕もなかったのかもしれませんね。

Sponsored Links



好きなタイプや憧れの人は?

理想のタイプについては、あるラジオで
「特にあるわけではないけど、よく笑って、良い人なら」と語っていました。

憧れの人は、男性の名前を挙げたことはないようです。

尊敬する女性アーティストとしては、同じソロで活動するイ・ヒョリBOAの名前を挙げていました!

イ・ヒョリのカリスマ性やオーラ、BOAのダンスとボーカルの実力を尊敬しているとのこと。

ファンの中にはチョンハのダンスにBOAに似た部分を感じる人もいるようです。

チョンハの抜群の実力やステージ掌握力をもってすれば、
いずれイ・ヒョリやBOAと肩を並べるアーティストになってもおかしくない気がしますよね!

Sponsored Links



まとめ

今回は、ソロアーティストとして多方面で活躍するチョンハについて調べてみました!

昨年末はコロナに感染しファンも心配していましたが、
今は元気な姿を見せているチョンハ。

2月15日に迫るカムバックのタイトル曲はチョンハ自らが作詞しており、
今度はどんな新しい姿を見せてくれるのか、期待大ですね!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です