スタンフォード卒の松久直司のプロフィールを調査!意外な経歴や現在の活動も!

芸能人ではないけれど、界隈のすごい人を紹介する「あいつ何してる?」
では東大卒兼スタンフォード卒の松久直司さんが登場!

世界的にも注目されてる若手の研究員のようで
最年少でノーベル賞にも最有力候補と言われてるみたいです。

Sponsored Links

松久直司のプロフィール!

名前 松久直司
出身 兵庫県
生年月日 29歳or30歳

兵庫県の有名進学校出身の松久直司さん!

進学校の県立龍野高等学校に通い、高校の入試の答案用紙を見ただけで
先生たちが、東大に行けると確信したインテリの匂いしかしなかったんでしょうね。

昔から数学が得意な少年だったようで、得意な科目を活かせる
高進という進学塾にも通い、見事現役で東大に合格したまさに天才と言われる一つの要素ですね。東大模試はオールAで文句のつけどころもありません。

東大の工学部を卒業後、そのまま東大の大学院に進学し博士課程を修了させ
シンガポールにある南洋工科大学に進学。2年間の研究を終え、スタンフォード大学で研究員をされていらっしゃいます。

東大と聞けば、日本で№1クラスの大学と誰が聞いてもわかりますが
シンガポールの大学がどれくらいの偏差値なのかは、パッときいてもわかりにくいですよね。

イギリスの大学評価機関が発行する「世界大学ランキング」では、世界の名だたる大学の11位に選ばれているのが、南洋工科大学のようです。工学部の中でも部門が細かく分けられていることから、専門的な知識が学べると有名なようです。

しかし、以前にはテストにもなると緊張で体の調子が悪くなるタイプだったそうです。
天才と言われる人にも弱点があったんですね。
それも試練と考え、精神的に強くなれたのは進学塾で多くのテスト演習のおかげだと語っています。

松久直司さんのように、苦手だと思っていたことでも
チャレンジすることでしか、克服はできないんだなと考えさせられました。

Sponsored Links

意外な経歴や現在の活動も!

松久直司さんは、出身大学だけでも高学歴で
現在、伸びるインクの研究をされているようなのですが

個人的に気になったのが、PhDという称号です。
PhDとは英語で「Doctor of philosophy」の略で直訳すると
哲学博士という称号のようです。Drと何が違うのか?と思いますが
博士の中でも、専門性の高い分野の博士になるとPhDを使われる場合もあるということみたいですね。

PhDを取得していることで、取り組めない研究もあるようなので
専門的な分野に進みたい人には必須の課程だそうです。

現在の活動は?

日本を変える研究者30人の中にただ1人若手として名前を上げられている程
松久直司さんの行っている活動は、我々の生活も大幅に改善してくれるような発明の数々のようです。

松久直司さんが東大在学中に発明したのが「印刷できる伸縮性導体」
一体何に使われるかというと、近年注目されているウェアラブルデバイス
腕時計型の血圧計など、生体情報を簡単にモニタリングできる製品です。
最近では、衣服に導入することで着用するだけで身体の状態がわかるので
介護やスポーツ業界で注目されているんだそう。

この開発を東大在学中に発明したことで、日本を変える研究者30人の中にも選ばれる人材として注目されています。

子供の頃は勉強するのが億劫ですが、松久直司さんの功績を見ていると
親から勉強しなさいとひっきりなしに言われていたことを思い出しますね。

今後も松久直司さんや科学の進歩で治せない病気はなくなりそうな勢いですね。

Sponsored Links

まとめ

今回は、あいつ今何してる?に出演予定の松久直司さんのプロフィールなどを調べてみました!

高校入試の答案用紙を見て、先生をうならせる人って初耳でしたね。
東大からアメリカのスタンフォード大学に進学している松久直司さん!
今後の研究にも目が離せませんね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です