EBOYZ(韓国)のメンバープロフィールをまとめ!ウォンヒョクとユリ炎上の件も調査!

プエクに出演するとその後の活動が気になってくるところですね。
人一倍デビュー意欲の強かったウォンヒョクのことを覚えてる方

ソーン(手を上げての韓国語の意)

E-BOYSとしてデビューするみたいですね。

今回はデビューメンバーのプロフィールと
プデュの頃起きた炎上事件の内容についてまとめてみたいと思います。

Sponsored Links

E-BOYSとは?

まだチーム名が仮になっているので、本格デビューになった時には違う名前になるのでしょうか?
Eエンタからデビュー予定の8人組ボーイズグループの『E-BOYS』

Eエンタからは初のグループデビューとなります。
それもこれプデュに出演したウォンヒョクとウォンジュンのおかげですかね。

デビューを控えたメンバーで練習生としての立ち位置なので
EエンタのEとボーイズを組み合わせた名前になったようです。
2020年の上半期デビュー予定のようですね。

Sponsored Links

メンバープロフィールを調査!

ラノ

名前 ラノ(라노)
出身 韓国
生年月日 1998年12月10日
身長 175㎝
体重 60㎏
血液型 いて座
ポジション リーダー、ラッパー、ダンサー

1番明るいメンバーでグループの中はお父さん的な役割のようです。

チェイン

名前 チェイン(최인)
出身 韓国
生年月日 1996年2月11日
身長 170㎝
体重 50㎏
血液型 水瓶座
ポジション ダンサー

マッヒョン年長のメンバーがチェイン君です。
彼はホンデで?バスキンをしていたグループのメンバーでもあるようです。
ピアノが得意らしいですね。

チェスンヨプ

名前 チェスンヨプ(최승엽)
出身 韓国
生年月日 1997年5月8日
身長 176㎝
体重 60㎏
血液型 おうし座
ポジション ボーカル、ビジュアル

ミュージカル専攻の学校に通ってるみたいですね。
Eエンタでは練習期間が1番長いようですよ。
そのため精神力もかなり強くポジティブらしいです。

ベクギョル

名前 ベクギョル(백결)
出身 韓国
生年月日 1999年12月1日
身長 180㎝
体重 61㎏
血液型 いて座
ポジション ボーカル

ギターが得意なメンバーなようです。
EBOYZは結構高身長が多いですね。

ロミン

名前 ロミン(로민)
出身 韓国
生年月日 20014月24日
身長 179㎝
体重 58㎏
血液型 おうし座
ポジション ボーカル

ウォンヒョク

名前 ウォンヒョク(원혁)
出身 韓国
生年月日 2002年2月22日
身長 181㎝
体重 63㎏
血液型 うお座
ポジション ボーカル、ラッパー

プデュ最終順位33位のウォンヒョク
無名事務所にしては結果を残したといっても間違いないでしょうね。

イウォンジュン

名前 イウォンジュン (이원준)
出身 韓国
生年月日 2002年3月8日
身長 171㎝
体重 58㎏
血液型 うお座
ポジション ラッパー、ボーカル

練習生歴が1番短いウォンジュンくんもプデュ参加者です。
どのくらいの実力があるのか事務所から試された感じでしたね。

結構多才で、英語中国語を話し、ピアノとギターが得意みたいですよ。

オイェジュン

名前 オイェジュン(오예준)
出身 韓国
生年月日 2002年8月23日
身長 178㎝
体重 58㎏
血液型 おうし座
ポジション ボーカル、末っ子

髪の毛の癖が強く、チョコレートプードルとメンバーから呼ばれてるみたいです。

Sponsored Links

ウォンヒョクとユリ炎上の件もまとめてみた!

プエクに関しては、もう最悪としか言いようがない幕の閉じようだったのですが
練習生もある程度プデュを知っているせいか、なんとなく
カメラを意識した発言が多く人間味が感じられなかったという総評です。

不正投票の件は視聴者がプデュに慣れすぎて、ファンの中の人気と
実際の投票結果がおかしい?と思ったファンによる動きだったとも感じます。

そしてその中でも炎上した件というのが

『ポジション評価』でのチーム分け

そしてウォンヒョクとユリ含め4人のチームだったんですけど
チームワークがあまりにもなさすぎる件。

韓国特有の年長には逆らえないという雰囲気もあるのですが
これはアイドルになりたい子たちによるバトルなわけですよね。

ウォンヒョクとユリがセンター候補で名乗りあげ、ユリに決まったのですが
ペクジンとユリの2人の雰囲気がただの治安悪いお兄さんって感じで
いけ好かなかったですね。

トレーナーの前で練習の成果を披露するのですが
ユリくんが全く歌えない、自分の歌詞を消化できないという状態で言い訳をかまし
チーター先生からおりを受けるはめに。

結果、4人の中で何の議論もなくペクジンがセンターに変わりましたが
ウォンヒョク君のセンターへの欲もあってか練習に集中できず
話し合いなどの結果本番に。

それまでにも英語ができるユリがウォンヒョクの歌詞を直してあげないという
何というか、ネチネチした感じが見えてました。

結果本番で4人中3人が歌詞を忘れるなどのミスをする羽目になって
イウジンくんは完全なる被害者でありながら、他の2人の練習不足がかなり全面に出てしまいましたね。

ウォンヒョクくんだけがノーミスで舞台を終えたということになります。

見てる視聴者側も結構最悪だなと思ってしまう感じだったので
練習生の中でも相当思う感じはあったはずですね。

これによりウォンヒョクくんはベネフィットをもらうことになります。
ユリはハーフでイケメンでしたけどこの一見で完全に好印象からガタ落ちでしたね。

センターになりたい気持ちは、スンヨンを見てれば分かったと思いますが
全員なりたいのも間違いないですし、何よりも雰囲気が悪いのが1番なし!

ウォンヒョクくんはよく頑張ったと思いますよ。
というのが炎上の件でした。

個人的にはいつでも前向きですし、やる気に満ち溢れているウォンヒョクくんのグループは
楽しみでもあります。

Sponsored Links

まとめ

EBOYZ(韓国)のメンバープロフィールを調査してみました!

プエク練習生からデビュー組がでるのは楽しみですね。
色んな意味でウォンヒョクくんは目立っていたと思うので
どんなまとまりのあるチームになるのか楽しみです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です