ナフナ(韓国歌手)のプロフィールや経歴を調査!現在の活動状況は国内で大人気ってマジ?

K-POP文化以以前、はるか遠い昔の日本で人気だった
韓国の歌手の方がいらっしゃるようです。

その名も、ナフナさん!

めちゃくちゃいい感じのおじ様なんですけど
最近、また韓国で急上昇中みたいですよ!

今回は、ナフナさんとはどんな方なのかプロフィールや経歴を調査してみました!

Sponsored Links

ナフナ(韓国歌手)のプロフィールや経歴!

プロフィール

名前 チェ・ホンギ(최홍기)
出身 釜山/韓国
生年月日 1947年2月11日
身長 175㎝
体重 71㎏
血液型 B型

ナフナさんは、韓国の伝説のトロット歌手だと呼ばれています。
1970年代の時代のアイコンなんだそうですよ!

K-POP世代のお父さんやお母さんの中では有名な歌手なのかもしれませんね!

現在の年齢は、73歳とまだまだ若々しさを保っておられます。

韓国では、トロット=日本でいう演歌が流行しており
トロットのサバイバル番組が非常に人気で
そこからまたスーパースターが出てきているといった状況なので
過去に人気だったナフナさんが、またテレビに出演することは
一つの人気の指標だといえるでしょう。

しかも現代男性のようなスマートさとは裏腹
ごつごつしているTHE男性という感じなので
同性からの人気も高いと伺えます。

経歴は?

1965年にプサンからソウルに上京し、高校に通っていたそうです。
昔の韓国がどんな感じだったのか、いまいちつかめませんが
高校が地方にはまだ少なかった時代だったんでしょうか。

大学ならまだしも、高校で上京とは中々だと思います。
その後高校1年生のときに、レコード会社と契約をかわし
1968年には、「愛は涙の種」を発売し大ヒット!
快進撃は一行に止まらず、国内では最高の数字をたたき出し
アルバムの発表数だけでも200枚以上、800曲異様作詞作曲を含め2600曲くらい
の楽曲保持者だといいます。

別名:トロットの王者、歌皇(歌謡界の皇帝)と呼ばれているようです!

声質の特徴としては、どっしりし重厚感が感じられる低音と特有の絶妙な高音
これこそがトレードマーク匹敵されるナ・フナ特有の唱法は歌謡界に大きな衝撃をもたらしており、数多くの偽ナフナを作る原因になったりしたようです。

モノマネする人もめちゃくちゃ難しいらしい
そのくらい独特な歌い方と言われています。

日本でも何度か来日ライブを行っているようで
ソウルオリンピックの頃の世代の方には知っている日本人もいるのではないでしょうか。

Sponsored Links

現在の活動状況は国内で大人気ってマジ?

現在の活動状況は?

最近になっても新曲を発表しているナフナさん!

2020年8月には、ナフナの9回目の物語を発売
勢力的に活動されている印象です。

国内で大人気ってマジ?

現在も引き続いて人気のようで、チュソクの特別番組に出演して話題になりました。

その時の視聴率が、国内70%という数字を叩きだしたみたいです。

しかもですよ。
ライブの演出がとんでもなく豪華で
特殊技術を使用したものだったから余計に話題に上がっているようです。

「パフォーマンスだけ見たら、ナフナが20代で俺が70代なんだけど」

「ナフナが中高年を代表してらっしゃる。そうですよ皆さん!70代はめちゃくちゃ健康のようです」

とナフナさんのパフォーマンスと視聴率のすごさも目にして
人気の再燃が予想されそう

しかもこのライブは3時間も行われたそうなので
同じ70代には勇気を与え、若者には逆に元気を与えているようでした。

このパフォーマンスをうけて、アンコールコンサートも予定されているようなので
注目のおじさまトロット歌手も見逃せない
韓国情報でした!

Sponsored Links

まとめ

今回は、ナフナ(韓国歌手)のプロフィールや経歴を調査してみました!

韓国ではトロットの王者と言われており、現在も引き続き活動しておられます。
3時間行われたライブでは、70%の視聴率を記録したみたいです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です