MAVE:(韓国)メンバーの名前や事務所コンセプトはaespa?実在しなくてVtuberアイドルなの?

2023年にデビューすることが決まっているガールズグループ・MAVE:。

ネットマーブルF&Cの技術とKakaoエンターテインメントの感性が加えられて作られた総合メディアコンテンツ制作会社METAVERSEエンターテインメント初のアイドルグループということで、既に話題となっていますね!

そこで今回は、メンバーの名前や事務所、コンセプトはaespaに似ていると言われていますが本当なのかについて調査していきます。

また、噂ではVtuberアイドルということなのですが、その真相についても調べてみました!

Sponsored Links







MAVE:(韓国)メンバーの名前や事務所コンセプトはaespa?

まずは、MAVE:(韓国)の実態について探っていきましょう!

MAVE:(韓国)メンバーの名前は?

MAVE:は4人組のガールズグループということで、メンバーは以下の通りです。

  • マティ
  • ジェナ
  • タイラ
  • シウ

公開されたビジュアルを見てみると、マティはピンクアクセサリーで愛らしさを強調し、ジェナはレザー素材の衣装とポニーテールヘアでガールズクラッシュな魅力を生かしています。

また、タイラは派手なファッションをHIPHOPに解釈したスタイルで、シウは銀髪で神秘的な雰囲気を漂わせているビジュアルになっていますね!

幅広い趣向を狙い撃ちする4人4色の魅力を備えたメンバー構成が目を引きます!

MAVE:(韓国)の事務所はどこ?

そんなMAVE:の所属事務所は、韓国ゲーム開発大手ネットマーブルの系列会社である「METAVERSEエンターテインメント」。

METAVERSEエンターテインメントからデビューする初のガールズグループということで、事務所側はMAVE:について

【緻密で完成度の高い世界観の下でつくられたグループ】

と紹介しており、期待してほしいというコメントを発表しています。

MAVE:(韓国)コンセプトはaespa?

話題を集めているMAVE:ですが、一部ではaespaに似ているという声があがっているようです。

他にも、

【MAVE:とaespa似すぎだろ…】

【なんかMAVE、うぃんたーとかりなとにんにん混ぜたみたいな(?)ボブの子きためちゃくちゃaespaモデルな感じする!!!パクリでは無いんだろうけど一部から批判くらいそう】

とあまりにも aespaと似ているということで、コンセプト自体がaespaなのかな?と思ってしまいますが、ここまで似すぎと言われているため、今後一波乱ありそうな予感がしますよね…

Sponsored Links



MAVE:(韓国)実在しなくてVtuberアイドルなの?

実は…

MAVE:は存在するK-POPアイドルではなく、バーチャルアイドルなんです!

びっくりですよね!

ビジュアルと見ると明らかに人間のように見えたのですが、実際はCGで作られたもの!

さすが、所属事務所はゲーム会社ですよね…

そして、2023年1月19日の最新情報では、2023年1月25日にデビューすることが決定したと発表されました!

と同時にデジタルリリースするファーストアルバム「PANDORA’S BOX」は、

【感情の自由を求めて未来から来た4人の子どもが2023年の地球に不時着した】

という異色の世界観を表現しているとのこと。

これまでにないK-POPアイドルグループとして、独創的であることがK-POP界に新しい旋風を巻き起こすのか要注目です!

Sponsored Links



まとめ

今回は、2023年1月25日にデビューすることが決定したバーチャルガールズグループ・MAVE:について徹底調査してきました。

4人組のK-POPアイドルかと思いきや!

実は、バーチャルアイドルだったとは驚きですよね…

明らかに人間と思ってしまうくらい完璧なビジュアルで、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか今から楽しみです!

最後までお読み頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です