Netflix『配達人終末の救世主』実写の結末って漫画の最終回と違う?ウェブトゥンはどこで見れる?

2023年5月12日にnetflixで公開される
『配達人』キムウビン主演

2071年の未来を舞台に描いた作品です。

実は、韓国のウェブトゥンが原作なんです!
最近はウェブトゥンがドラマ化されることが多いですよね。

気になるのは、実写と同じ結末なのか?
ドラマはドラマで完結するのか?
早速調べてみました!

Sponsored Links







Netflix『配達人終末の救世主』実写の結末って漫画の最終回と違う?

大気汚染が深刻化した2071年には
空気まで統制される時代。
空気で汚染された韓国が舞台。

漫画に出てくる場所や企業名などには
わずかに違う部分がみられるようですね。

実写とは違うのか調べていきましょう!

実写の結末は?

ドラマと原作はほとんど似ているようですが
いくつかの変更点がありました。

たとえば、原作の「天明グループ」の名称が変更されています
また、ドラマの中でのキャラクター「サウォル」は
原作と同じ名前ですが性別が変わっています。

さらに、原作のウェブトゥーンでは、サウォルの姉である「ジャン・スルア」は普通の会社員ですが
ドラマでは名前も「ソルア」に変更され、職業も軍少佐に変わりました。

予告編の宅配トラックを見ると
「5-8」の所属が「千名宅配便」となっていることがわかりますが
原作では「大韓宅配便」に所属しているので
これも変更された部分と言えます。

また、原作の後半部と結末に対する評価があまり良くなかったため
ドラマではこの部分が補完されるように見え

全体的に物語のディテールや流れ
設定において原作とは異なる要素が加えられているようです。

漫画の最終回は?

難民が多くすむ「特別区域」は
チョンリャングループが
中心居住地域の汚染された空気を排出したためであり

これを利用して多くの防毒マスクで
収益を得て国民を欺いていることが原因でした。

また、チョンリャングループは奇形人を
実験対象に難民の特殊部隊に負けない配達人を育成し
チョンリャン配達を作り「配達人業」に進出する。

鋼の骨を持った奇形であるサウォルは
奇形人たちに自分の姉が
チョンリャングループに生体実験されるということを知り
下水道で特別区域を破壊し、ガードポストに勝って
酸素ボンベを破壊させ中心区域まで到達しますが捕まります。

(中心区域とはチョンリャングループが独占状態を占める酸素ボンベなしの世界)

すると、サウォルは
姉に代わって自分を生体実験対象にと提案します。

一方、5-8区域の配達人は配達人による大会で
ランキング1位を記録し、ガードポストに選出される。

また、難民と市民、大統領はチョンリャングループの
独裁政治に反して反乱を起こし
結局中心地区は陥落、チョンリャングループの主要幹部は監獄に閉じこめられた。

そして彼女の姉が傷跡のある兄によって救助される。
以後、デモ隊と千人の実験体の戦争が第2部で連載される見通し。

ドラマでは、キムウビンが主演ですが
漫画では、難民から特殊部隊を夢見るサウォルが主人公
しかも、漫画では女性ですが、ドラマでは男性が演じているので

内容は似ていても、物語の流れ的には
違う最終回になる可能性が高いように思います。

Sponsored Links



ウェブトゥンはどこで見れる?

韓国版の「配達人」はネイバー漫画にて
1話から4話まで無料で閲覧できます!

「配達人」韓国語ウェブトゥンはこちら配達人を見る

日本語版は、TOOMICSで見ることができます。
「配達人」日本語ウェブトゥン日本語版を見る

日本語はログインが必要なものの20話までは
無料で閲覧できます!

気になる方は
漫画からチェックしてみてもいいかもしれません!

Sponsored Links



まとめ

今回は、『配達人終末の救世主』実写の結末って漫画の最終回と違うのか?
について調べていきました。

実写が公開され次第違うのかどうなのか
更新していきますね!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です