【韓国】FIFTY FIFTYの事務所や所属アイドルを調べてみた!海外の反応がヤバイって本当?

2022年にデビューした新人アイドル【FIFTY FIFTY】

韓国のネット記事で今話題になってるんです!
韓国では新人が次々とデビューするので

・知らない
・聞いたことがない!
というK-POPファンも多いでしょう!

まずは、事務所からチェックしていきましょう

Sponsored Links







【韓国】FIFTY FIFTYの事務所や所属アイドルを調べてみた!

事務所は?

FIFTY FIFTYは、韓国の中小企画会社であるAttract Entertainmentに所属しています。

韓国・ソウルのシンサに位置しています。
比較的、芸能事務所の多いエリアなので
集まってるという感じですね。

ちなみに事務所の設立は2021年なので
会社としても出来立てほやほやみたいです。

事務所の代表は「전홍준」チョンホンジュンさんです。

韓国アイドル事務所の経営者の経歴には多様性がありますが
一般的には音楽業界や芸能業界での経験が豊富な人が多い傾向があります。

例えば、元歌手、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、ダンサー、俳優、映画監督
などがその例です。

また、多くの場合、経営者自身がアイドルグループを育成するなど
自らが音楽業界での経験を生かして事務所を経営しています。

チョンホンジュンさん自身もどんな経歴なのか調べてみましたが
社長業では、韓国語でもヒットせず。

作詞作曲家の人で1人ヒットしました。
Brown Eyed Soulは、韓国の4人のR&Bグループのプロデューサーを務めているようです。

名前は同じですが、同一人物かどうかまでは
わかりませんでした。

所属アイドルはいるの?

公式ウェブサイトによると、FIFTY FIFTY以外には現在公式に所属しているアイドルグループはありません。

FIFTY FIFTYが最初のアイドルなんですね。
中小アイドル事務所あるあると言いましょうか。

プロモーション自体は上手ではないといえそうです。
何せ弱小事務所なので。

しかし、代表自身が作詞作曲家なのであれば
【楽曲】に対しての期待度は爆上がりですね。

大手事務所と比較して規模は小さいですが
その分マネジメントの密度が高く
アイドル一人ひとりに対して個別のケアが行われることが多いのは
安心な部分です。

中小事務所のアイドルは個性的な魅力を持っていることが多く
独自の路線で活躍するとも言われています。

他にも、STAYC所属事務所も大手ではありませんが
彼女たちのルックスや楽曲で
1位の常連になりつつあります。

Sponsored Links



海外の反応がヤバイって本当?

実は、FIFTY FIFTY
初のシングル「Cupid」でビルボードのメインシングルチャート「Hot 100」にランクインしました。

このニュースは韓国でも報道されています。
海外から人気が出て、国内で注目を浴びる
逆転の現象が起きています。
27日、ビルボードは公式SNSを通じて「Cupidが今週のHot 100に100位でランクインした」と発表しました。

FIFTY FIFTYは、昨年11月にデビューし

約4か月ぶりにビルボード「Hot 100」に入りました。これにより
デビューから6か月で「Hot 100」に入ったNewJeansを抜いて
最も早く「Hot 100」に入ったK-POPグループとなりました。

また、これまでは、HYBE、YG、JYPなどの大手芸能事務所所属の歌手たちが
「Hot 100」に入ったのに対し、中小企画会社(アトラクト)所属の歌手としては初めて「Hot 100」に上がりました。

海外での評価が高いことがよくわかります。

ちなみに、彼女たち実力は申し分なく
新人というよりは、ベテランか?というくらい
歌唱力、ラッパー、英語の発音にしても
申し分ありません。

最年長メンバーが20歳
他は18歳、19歳というメンバー構成なのですが

大人の雰囲気を出せる強みが
海外でうけているのかもしれないです。

海外の反応はこちら

Finally a group who is not afraid to do an actual live. They did so well I especially love the harmonies. Very few kpop groups nowadays make “lives” without autotune and effects applied to their voices. Live nowadays sound like studio released versions with nothing genuine or raw anymore so kudos to this girls for this amazing live performance.引用元:Youtube

「ついに、本当のライブをすることに恐れをなしたグループが現れました。とても良くやっていて、特にハーモニーが好きです。最近のK-POPグループの中には、自分たちの声にオートチューンやエフェクトをかけない「ライブ」をするグループが非常に少なくなっています。今日のライブは、生のものが残っていないスタジオでのリリースバージョンのように聞こえます。だから、この素晴らしいライブパフォーマンスをしたこの女の子たちに賛辞を送ります。」

there are barely any groups in kpop anymore who can harmonise this well!! 💕 it’s a lost art and I’m so happy they use it a lot in their music. They are trained perfectly.引用元:Youtube

「今では、こんなに素晴らしいハーモニーを奏でるK-POPグループはほとんどいないんです!💕 ハーモニーは、失われた芸術であり、彼女たちが自分たちの音楽にたくさん使っていることにとても幸せです。彼女たちは完璧にトレーニングされています。」

Normally a group only promoting for 2 weeks after comeback. It has been a month now & their song still stay strong. Fighting!!引用元:Youtube

「通常、グループはカムバック後2週間しかプロモーションを行いませんが、今回は1か月が経過し、彼らの曲はまだ強いです。頑張ってください!」

と歌唱力が高く生歌を完璧にこなしている部分が
海外で高く評価されている理由なんだと思います。

海外の反応を受けて、今後は国内での需要が高まりそうだなとおもいます。
彼女たちが、練習生時代に培ってきた努力が評価されるのは
何より嬉しいことですね。

Sponsored Links



まとめ

FIFTY FIFTYはまだデビューしてから間もないグループですが
彼女たちの才能は既に多くのファンを魅了しています。
特に海外ファンの反応がヤバイのは本当でした!

彼女たちの楽曲やパフォーマンスがどのように評価されるかは、今後の活動次第です。
今回の記事でFIFTY FIFTYの事務所やメンバーについて知ることができましたが

彼女たちの今後の活躍に期待が高まります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です