Road to Kingdom(ロキン)4話の結果とネタバレをまとめ!脱落グループはゴルチャなの?

今夜の4話で初の脱落者が決まるRoad to Kindgom!

今回のサバイバル内容は、『自分たちの曲:ナエノレ』
前回の3話ではPENTAGONのジノが入隊してしまう展開
どのグループも泣ける状態を作り出してしまいましたね。

今回はその続きONFからとなります。
PENTAGONの雰囲気に続き非常にやりにくい中でのスタートですね。

視聴サイトは記事の下に貼ってます!↓

Sponsored Links

나의 노래(ナエノレ)

1番:PENTAGON
2番:ONF
3番:GOLDENCHILD
4番:ONEUS
5番:VERIVERY
6番:TOO
7番:THEBOYZ

PENTAGONのパフォーマンスが終了し、続いてONFの番になりますが
「自分たちにも心の整理が欲しい」と嘆くメンバーたち。
そりゃそうです。やりにくいったらありゃしない。

ONF

사랑하게 될 거야/さらはげてるこや

ONFはコラボでゲストが来ました!
女性だということはガールズグループですかね?

これからONFの見方が変わります!
実力あるのに、なぜ注目されてこなかったの!
でました!おまごるのユアちゃーんダンスといえばユアちゃんしかいません。

さすが先輩の雰囲気!

結構難しいコンセプトだと思うんですが
どのグループも消化できなさそうな、しかも男性から好かれそうな
同世代の支持を得れるのはすごいな。

チラチラ映るTOOの子の不安そうな顔。

パフォーマンスに引き込まれる各グループ

PENTAGONの後としては本当によく頑張ったと思う。

GOLDENCHILD

WANNA BE

ごるちゃは選曲の時の雰囲気から良くない。
でもこれは確かに怖いと思うんですよね。

結果がよくないと心が落ちてしまいますからね。

2019年にWANNA BEで1位を獲得したので今回はWANNA BEかな

チュチャンくんのバイオリンが楽しみなパフォーマンスになりそうですね。

ライブパフォーマンスを見てる気分。
おっと舞台の上からいいですね。
流れに飽きを感じさせない!

後ろにオーケストラを構えての登場か!やるな!
生放送でのカメラワークとは思えないな。

新人グループは得に圧倒される感じの表情でカメラに捉えられちゃう。

チュチャンくんのバイオリン独奏+ダンス舞台によるパフォーマンス
各グループ毎回最終回みたいな舞台を用意してきますね。

あと一生動き続けてるブレイクがない点でも100点

ONEUS

LIT

ONEUSは、THEBOYZのカメラワークに感激し
その部分を中心に会議を繰り広げてましたね。

今回は、個人の部分をもっと出していこうと!
超能力みたいなのを持ってる雰囲気にするか?と相談中

今回で最後だという感じの勢いですね。
後がないという覚悟を持ってきている感じでしたね。

韓国の伝統物語「チョンウチ」にのったパフォーマンスを披露。
会議の話し合いの時にでていた、個人に重きをおいたパフォーマンスですね。
いたるところに、トリックみたいな感じになっていて面白いし
カメラワークを意識した感じも色濃くでてますね。

物語のような内容も取り込まれていて
これが最後の舞台と言われてもおかしくないくらい力が入ってますね。

ネットフリックスのキングダムと被ってるような感じですかね?
ゾンビが出てくるあたり、キングダムかぶせですね。

オリンピックの開幕式みたいとTHEBOYZのサンヨン

後悔がないと一言、確かに楽しそうでしたね!

VERIVERY

PHOTO

どのグループのあともやりにくい
VERIVERYちゃんリーダーのドンヒョンくんの不安そうな顔

また順位もしたなので不安は余計に募りますよね。
事務所を代表してるわけですから練習にもつらそうな感じがでてきてますね。

そこにVIXXのRAVIが登場!

強い味方がすぐそこに!
きつい部分を指摘してくるラビちゃん。
そんな時こと強い勝負欲の舞台をやるべきだとラビ氏

ミニアルバムに入ってるPHOTOに決めたのは
深い意味のある曲だからしたいと、コンセプトが強い
悪夢コンセプトをやるんだと一番強い味方に話してる。

VIXXは何といってもコンセプトアイドルなので。

強いコンセプトは、周りに伝わらないとラビ氏

最初の部分をもっと合わせると細かいディティールまで
合わせるといいよとアドバイスをしてましたね!

いい先輩だわ。

悪夢のコンセプトなので今までの
爽やかさを消しての挑戦ですね。

これも細やかなディティールを意識してますね。
ダンス1つ1つの動きとえぐい感じのダンスは
VERIVERYのイメージではないので順位を上げれるかな

コンセプトドルの先輩の勢いをつなげてほしい。

最後に悪夢だったという伏線がすべて回収される感じ
鳥肌を立たせた感じまでいいコンセプトでしたね。

緊張しながらもパフォーマンスに集中できたというメンバーたち

TOO

Magnalia

新人の中の新人TOOちゃんたち
いつも不安そうでカワイイんですよね。

僕たち曲ないけどと会議そうそう心配そうなリーダーのチャンくん。
90秒パフォーマンスの楽曲をもう一度するべきじゃないかな
その楽曲で上位にいきたいなと

編曲をするならヨーロッパの善悪てきな内容かな?
ストーリー要素を強くようというアイデア。

7位から4位にあがってきたので、この順位を守りたいという気持ちだとチャンくん。

PENTAGON兄さんたちの目つきの優しさよ

天使と悪魔のコンセプトがわかった瞬間
入ってきやすくなって各グループを見入ってる感じですね。
これは大人数だからこそ可能な舞台ですね。

新人にしてはアイデアの豊富な感じがいいと思います。
謙虚ながら、舞台でははじけ切ってる。
これはロキン終了後にファンが増えそう。

これはデビューしたばかりの新人が考えたと思うと点数は高そう。

失敗をしてしまったというチャンくんですが、どこで?
全然わからなかったわ。

THEBOYZ

REVEAL

さぁお待ちかねの方が多いTHEBOYZ!

他のグループの想像をこえてくるパフォーマンスが多く
かなりのプレッシャーがかかってくるメンバーたち。

期待感が大きいためですね。

それにしても顔面がいいわ。

悲しいコンセプトはどう?とミュージカルの感じでやるのはどうかなと、ストリーが大事なんじゃないかなとケビンくん。

確かにこれまでのドボはストーリー性が高いですからね

王冠からスタート!
それにしてもビジュアルが強い

毎回楽しませてくれるドボのパフォーマンス
今回は女性のダンサーを入れていい感じですね。
額縁の中の絵のような始まりここもアイデアがすごいな。

ドボになると、みんな黙ってるから
これは本当に入り込ませる天才だと思う。

まるでライブみたいな感じですね。
インパクトが強すぎるんでしょうね。

細かい演出が他のグループも引くくらい出来上がってる
これはプレッシャー感じても仕方ないくらい
自分たちで自分たちの株を上げている様子。

まるで映画を見ているみたいと
各グループのプレッシャーの感じもすごいし
1位をずっと獲得してるチームならではという意見も。

Sponsored Links

結果発表

結果発表は来週となってしまいましたね。
まさかの今回ではなかった。

3回戦からは、1度の放送枠では収まらなさそうですね。
また今回のようにゲスト方式で誰かを呼んでくる可能性もでてきました。

結果楽しみではありますが、THEBOYZが1位になる意味もよくわかります。

うーんスポ的には、ゴルチャが脱落のようですが
脱落方式は個人的に辞めてほしかったな。見てらんないわ。

3回戦はコラボ舞台とまた別の舞台と合わさった形になるようです。

Sponsored Links

脱落グループはゴルチャなの?

実は次回のサバイバル内容のスポが発表されており
その現場にGOLDENCHILDの名前がありませんでした。

そのため、ゴルチャが脱落グループだといわれています。

次回の楽曲選考をみてみると、多様なK-POPの楽曲が並んでいるので
何を中心に選択しているのかはわかりません。

こういうスポがでちゃうとみる前に脱落者がわかるのはちょっと
今回のロキンをどう見ていいかわかりませんね。

次回選考曲

OENUS-ネコハジャ(INFINITE)
TOO-HardCarry(GOT7)
ONF-Its Raining(Rain)
PENTAGON-FOLLO(MONSTA X)
VERIVERY-GOGOBEBE(MAMAMOO)
THEBOYZ-Shangri-La(VIXX)

ロキン出演者の各事務所のアイドルの楽曲?とかいろいろ考える部分もありますが
全くイコールになりません。

どんな形で次回の選曲がなされるのか楽しみです。

無料視聴サイト

Mnet視聴サイト

Sponsored Links

まとめ

今回もロキンの第4話を放送中に更新していきました。

ナエノレは各グループの思い入れがこもった曲を消化できたので良かったのではないでしょうか?
またカムバック時の音楽番組とは違って、いつもよりもインパクトの強いグループが
点数を稼げる傾向にあるなという印象ですね。

ダンスや歌だけで見せつけても難しいんだなと感じました。

順位が低いチームはプレッシャーにかられるだろうけど
やり方を変えれば挽回できるので、どのチームも頑張ってほしい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です