ENHYPENヒスンって英語の発音が微妙?動画で検証してみた!

日本デビューも決まり、ますますグローバルに活躍し始めているENHYPEN!

その中でもオールラウンダーでオーディション番組のときから人気も高かったのがヒスンですね!

今回はそんなヒスンの英語の発音が微妙という噂があるので動画も調べてみました!

Sponsored Links






ENHYPENとは

名前ENHYPEN(엔하이픈)
読み方エンハイプン
事務所BELIFT LAB
レーベルHYBE LABELS
デビュー2020年11月30日
公式ファンクラブENGENE(エンジン)

あのBTSが所属するBig Hit Entertainment(現在はHYBEに社名変更)と、CJENMによるサバイバルオーディション番組『I-LAND』で最終7人に残ったメンバーで結成されたグループがENHYPEN

最初は23人から始まり、数々のテストを受けながら審査員による評価とグローバル投票によって最終7人が選ばれました。

メンバーは、ヒスン・ジェイ・ジェイク・ソンフン・ソヌ・ジョンウォン・ニキから構成されています!
その中でもマンネのニキが日本人ということで、日本でもデビュー前からかなり話題になっていましたよね!

全員がとてもスキルが高いので、パフォーマンス力もとても評価されています!

ちなみにENHYPENは、連結記号の「-(ハイフン)」のように異なる7人の少年たちがつながって、お互いに成長するという意味だそうです!

また、音楽を通して人と人、世界と世界をつなげるという意味も込められているそうですね。

そしてファンダム名のENGENEは、ファンからの応募の中からメンバー自身で決めました!
「ファンがENHYPENの成長と発展に必要な原動力(エンジン)になる」という意味と

「遺伝子(GENE)を共有しながら連結、発展、成長していく」という思いも込められているようです!

グループ結成後、2020年11月についにデビューを果たしますが、予約注文の時点で2日で15万枚、その後30万枚まで突破しました!

またリリース初週に約28万枚を売り上げるなど2020年にデビューしたK-POPグループの中で最高記録を出したそうです!

次にリリースした『BORDER:CARNIVAL』も、どんどん記録を作っていますし、本当に人気が高いことが分かりますね!

オーディション時からすでに高い注目を浴びていましたが、数々の記録を作っているのを見ると本当にすごいですよね!

さらに海外アーティストとしては初の「オールナイトニッポンX」の月曜レギュラーパーソナリティーにも抜擢されていて、

日本でもとても人気が高まっていますね!

やっぱり日本人のニキがいることも大きいかもしれませんね!

今後、2021年7月には日本デビューも決定しています!
メンバーもテレビなどで日本語を披露してくれているので勉強してくれているのかと思うととても嬉しいですね!

今はコロナの影響で日本に来るのは難しいかもしれませんが、きっとそのうち日本ツアーもしてくれるかもしれませんし、

とても楽しみですね!

ヒスンとは

名前イ・ヒスン(이희승)
出身韓国 京畿道南楊州市
生年月日2001年10月15日
身長???
体重???
血液型A型
ポジションメインボーカル

ENHYPENの長男であるヒスン!

オーディション番組中も、その高い歌唱力とパフォーマンススキルから他の練習生たちからも一目置かれていましたね。

今もグループのエースとして活躍しています!

もともとBig Hitの練習生として3年1か月間過ごしていて、一緒に練習してきた子たちがデビューしていくのを見るのが辛かったと話していました。

2019年にデビューしたTXT(TOMORROW X TOGETHER)の最終候補生でもあったのですが、デビューメンバーに選ばれなかったため辛い思いもしていたようです。

おそらくTXTのコンセプトとヒスンのイメージが違うからという理由じゃないかとも言われてますが、
ヒスンほどの実力があってもデビューするのが難しいなんて、本当に厳しい世界なのが分かりますね。

ただ、毎月の月末評価で1位を取るなどいつも好成績を残していたようで、有名な練習生だったようですね!

『I-Land』では最終5位で、ENHYPENとしてデビューが決まったヒスン!

グループの中では一番年上ですが、メンバーからもマンネと呼ばれるくらい可愛い性格のようです!

『I-Land』でも一番面白い人としてみんなから言われていましたし、ヒスンのお兄さんも強烈なキャラで、もしかしたら家族みんな明るい性格なのかもしれませんね!

また、ちょっと天然な一面もあるようでステージの上での何でもできるヒスンと普段の姿のギャップにハマるファンの人が多いようです!

Sponsored Links


英語の発音が微妙?

グローバルに活躍するためには、多言語の習得も必要になってきますね!

幸い、ENHYPENはニキが日本語を話せますし、ジェイクもオーストラリア出身のため英語が話せますのでグローバルに活動するには問題ないように思いますが、

メンバーも現在、日本語と英語と勉強をしているようです!

そんな中、ヒスンの英語の発音が気になるとのことなので、調べてみました!

普段からジェイクと英語で会話をするようなのですが、ジェイク曰く英語がとっても上手とのこと!

まさに何でもできる「万能センター」そのものですね!

他の事務所を見てみても、英語や日本語、中国語といった言語を習うカリキュラムが組まれていたりすることが多いのでもともと勉強をしていたのかもしれませんね!

また同じメンバーのジェイもアメリカ出身で英語を話せるということもありますし、近くにネイティブのメンバーがいることで上達するのも早いのかもしれません!

Sponsored Links


動画で検証してみた!

最後の挨拶をヒスンが英語でしているのですが、とっても聞きやすいですね!

なぜかオーストラリアの発音になっちゃうらしいのですが、それもジェイクの影響かもしれないですね。

「ヒスンの英語はとても上手」

英語圏の方の意見を聞いてみても、ヒスンの英語が上手といった声が多く見られたので本当に上手なのは間違いないですね!

努力家のヒスンなので、おそらく英語を習得するのにもかなりの勉強をしたのが分かりますね!

Sponsored Links


まとめ

今回はENHYPENの長男、ヒスンの英語の発音について調べてみました!

同じメンバーのジェイクからも上手だと言われていますし、他国のファンの方も上手だと褒めている声が多く見られました!

今は、日本語も話してくれていますし、忙しいスケジュールの中とても勉強してくれているのが伝わりますね。

今後はもっともっとグローバルに活躍していくことも考えられますので、おそらく言語の実力も上がっていくと思います!

本当に「万能センター」であることが分かりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です