日プ2デビュー圏内でも脱落の可能性が高いのは藤牧京介や西洸人?シーズン1と比較してみた!

ファイナル楽曲のメンバーが決定しましたね!
ONEが人気ではありますが、個人的にはファイナルステージを
ものにするのは当日の空気感とかがあるので
最後までまだわかりません。

今回は、日プ2デビュー圏内でも脱落する可能性が高いのは
小池俊司や小林大悟くんと言われてる噂について調べていきたいと思います。

日プ2デビュー圏内でも脱落の可能性が高いのは藤牧京介や西洸人?

デビュー圏内でも安心できない?

シーズン1を見ていた国プなら
「安心」という言葉がないのはご存じのはずです。

というのも、毎話ごとに順位が発表されていき
ずっとデビュー圏内にいいても、最後の当日になると
どうなるか分からないからです。

それを裏付けるのが「安藤誠明」の脱落ですね。

彼は1話からずっとデビュー圏内のメンバーでした。
誰もが彼のJO1としてのデビューを疑うことなどなかったはずです。

しかし、ファイナルでは14位という順位で脱落してしまうのです。

現在は、ORBITUNIONのメンバーとして
デビュ-していますが、プデュ主催者の吉本興業とは敵対している状況のため
中々、メディア露出も難しいかなと思っています。

今回の日プ2は特に過去のことなど
順位に反映されてますので、1位2位のメンバーは確実だとしても
5位以下のメンバーはいつでも変動があると思っていいでしょうね。

脱落する可能性が高いのは藤牧京介や西洸人?

なぜ脱落する可能性が高いのが藤牧京介くんや西洸人くんなのかというと
確実だろうと考える国プが多いから。

安定感のある両者なので
デビュ-組のメンバーに必須だという考えもよくわかります。

しかし、後半にかけて7位以降のメンバーあるいは
現在15位くらいのメンバーの国プが焦り

このままでは推しが脱落してしまうと
投票が伸びてくるんですよね。

なので、上位でも安心して投票してもらえないと
最後の段階で安定だったメンバーがデビューできない
圏外になってしまうことが起こってしまうのです。

というと個人的にも1位と2位の
田島将吾くんと木村柾哉くんは確定

そのあとの変動は多いにあり得ると予想しています。

特に、最近「飲酒問題」が取り沙汰されているので
名まえが上がってるメンバーは脱落してしまう可能性は高くなってしまうでしょう。

西洸人くんや、池崎理人くんに関しては
ギリギリのラインになってくる可能性も多いにありますね。

シーズン1と比較してみた!

シーズン1と比較してみると圏外だったメンバーがJO1に加入
圏内だったメンバーがデビューを逃すということがありました。

金城碧海くんは1度も圏内入りしたことがなく
24位から14位そして最終10位でデビューしました。

怒涛の追い上げがすごいのと
彼の努力のたまものでしたね。

反対に、ずっと圏内に入っていた
安藤誠明くんは最終14位でメンバー入りせずという結果になってしまったのです。

これはJO1のメンバーですら
予想出来なかったことだと思っています。

これは日本だけのことではありません。
まぁ韓国では投票操作の問題があったので
何とも言えませんが、最終話で上位に入ってくるメンバーがいたり
上位だったのに?下がるメンバーもいます。

伝説のX1でいくと、ハンギョルとスンヨンとか

最初の順位から怒涛の追い上げでメンバー入りしたので
自分たちで投票してるにも関わらず全く予想がつきません。

参加してるメンバーですら安心できない
それがプデュです。

来週いよいよ最終回を迎えますが、
絶対いけるだろうという気持ちは捨てて

上位メンバーでさえも投票することをおすすめします。

まとめ

今回は、日プ2デビュー圏内でも脱落の可能性が高いのは藤牧京介や西洸人なのか調べてみました!

デビュー圏内という言葉にメンバーもそして
国プも最後まで安心できません。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です