西洸人の現場評価が高いのは経歴がヤバいから?バックダンサー時代の動画を調査!

日プ2の人気メンバーとして
話題になっている1人が西洸人さん!

すでに現場に見に行った国プ達の中では
人気と印象が爆上がりのようですよ!

この理由に関しては、西洸人さんの経歴がヤバいからだと言われていますね!
チェックしてみましょう!

Sponsored Links




西洸人(日プ2)プロフィール

名前にしひろと
出身鹿児島
生年月日1997年6月1日
身長173㎝
体重64㎏
血液型AB型

500円玉貯金のペースがいい感じだという
西洸人くん!

ルックスはいたってマイペースそうに見えますが
もしかして、計画性の高い練習生なのでしょうか?

身長は173㎝と韓国アイドルと比べると
低い印象ですが、それを取り払うほどの実力を持っていると言われています。

好きなことはゲームで特技はダンスと
正反対な気もしますが、この相反さが西洸人さんの魅力を増幅させているような気がします。

Sponsored Links

西洸人の現場評価が高いのは経歴がヤバいから?

現場評価とは?

プデュでは、実際に国民プロデューサーが番組収録に参加し
「現場」パフォーマンスによって評価されます。

現場のファンの感想によっては、今後の評価に繋がったり
人気が上がるとともに、順位も上がっていく可能性が高く

非常に需要だといえるでしょう。
また、現場でファンにさせなければ
今後は脱落枠に変わっていくともいえてしまいます。

西洸人の現場評価が高い?

現場が決まってるということは、レベルクラス分けもすでに行われているようですが
西洸人さんは、「Cクラス」と噂されています。

がしかし、現場評価によると

という風にレベルクラスも1つの大事な評価単位にはなりますが
Cからデビュー、Fクラスからデビューということも
全然あり得るのがプデュの世界なので

むしろ西洸人くんの場合は、このレベルでCクラス?と言われています。

その理由の一つに
表情がヤバいとエロいという声が多いようですが
JO1の佐藤景瑚も同じような理由で
現場評価が爆上がりしたので、これは確実にファンが増えそうな予感ですね。

経歴がやばいの?

シーズン1の時にも多かったのが、バックダンサーとして
活躍していた練習生が多かったことですよね。

西洸人さんも、バックダンサーとして活躍していたようで
その1人がSHINeeのテミン

テミンのバックダンサーとして日本のツアーに参加していたそう。

川尻蓮くんと同じように
韓国アイドルのバックダンサーについてる子やNCTのショウタロウのように
韓国の芸能事務所に入り、韓国でアイドルデビューする子など

ダンサーの経歴を持っている子が、次にアイドルを目指すという動きが
ここ数年目立っているなと思います。

他にも、ちゃんみなのMVに出演していたりと
バックダンサーとしても有名だったようです!

経歴がかなり高いということがよくわかりますね。

Sponsored Links

バックダンサー時代の動画を調査!

K-POPの影響でアイドルのダンスレベルが引き上がるため
バックダンサーとして就く子たちのレベルも必然的に上がります。

このダンスレベルでCクラスというのは
ボイス面で多少の問題があるということなんでしょうか?

Bクラスでもおかしくないですよね。

現在、中国のオーディション番組に出演している
力丸くんと一緒にダンスもやっていたようなので
バックダンサーが1つの経験になり、デビューを目指すという流れが
ある意味1つのステータスになってきてるといえるでしょう。

Sponsored Links

まとめ

今回は、西洸人の現場評価が高いのは経歴がヤバいからなのか調べてみました!

すでに観覧した、現場オタクからは歓喜の声が漏れているくらい
現場評価が高いことがわかりました。

数々のバックダンサーの経歴によって
実力の高さも証明されています。

今後は上位メンバーに食い込んでくること間違いありませんね。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です