ハンソヒ(女優)昔が元ヤンの過去を調べてみた!幼少期から問題児だったの?

Netflixで配信中のドラマ「わかっていても」で主人公ユ・ナビを演じ話題のハンソヒ。

このドラマでは、「恋人未満、友人以上」の関係をキープしようとする狡い男と出会い、だめだと“わかっていても”関係をやめられない女性を演じています。

割り切ることも関係を断つこともできない恋の苦しさに、視聴者を悶絶させ、Netflixの総合TOP10でも連日上位にランクインしています。

役柄では透き通った清純なイメージですが、元ヤンの過去があるという噂が。調べてみました。

Sponsored Links






ハンソヒの昔は元ヤン?過去は?

ハンソヒのプロフィール

名前ハン・ソヒ
生年月日1994年11月18日
身長165cm
学歴蔚山女子高校 (転校) →蔚山芸術高等学校 (美術/卒業)
芸能界デビュー2016年11月(SHINeeのMV出演)

ハンソヒの高校時代

ハンソヒはの出身高校は蔚山(ウルサン)女子高校。

地方の高校ですが、韓国芸能界最高学歴と言われる女優キムテヒが卒業した、名門私立高校です。

実家が裕福なことでも知られるキムテヒの出身校ですから、校風もしっかりしていそうですね。

2年生から蔚山(ウルサン)芸術高校へ編入し美術を専攻。

この芸術高校の校風をネットを調査しましたが、確かな情報は残念ながら得られませんでした。

芸術高校ですから、個性や感受性の強い学生が集まっているでしょうし、ハンソヒもそんな高校生だったのかもしれません。

ハンソヒの上京~デビュー前の時代

高校卒業後は大学にはいかずに、20才で上京します。

このときは具体的に目標があったわけではなく、夢を見つけにソウルに来たそうです。

学歴社会の韓国では、大卒でないといい仕事になかなか就職できないのが現実。

そのため大学に行かないのはかなり珍しく、「よほどの事情があるのかな」と思われるそうです。

この経歴も、元ヤン疑惑を呼ぶ一因かもしれません。。

ハンソヒは生計を立てるためにバーの仕事を見つけ、夜から明け方まで働く日々が一年ほど続きました。

そんな時期に、写真を学ぶ女子大学生と知り合い、彼女の卒業制作の被写体にスカウトされます。

卒業制作の写真に表現された彼女の美貌は評判を呼び、モデルの話が舞い込むようになりました。

芸能界デビューとなったのは、SHINeeのTell Me What To DoのMV。

SHINeeメンバーが取り合う美女という役でした。

ハンソヒがタバコ!?タトゥーまで。。

その当時ハンソヒがSNSで公開していた写真を見ると、タバコを吸いながらクールな表情で決めてます。

また、体の数か所にタトゥーを入れた写真も。

清らかで育ちの良さそうな現在とは、ものすごいギャップがありますね!!

日本でもまだまだファッションというより、怖い人のイメージがあるタトゥー。

ファッション先進国韓国でも、タトゥーは社会から「反逆的」なイメージで見られ、国内で入れたことが見つかれば逮捕されることもあるそうです。

デビューとなるSHINeeのTell Me What To DoのMVでも、退廃的な雰囲気の美女を演じています。

演技ではなく、当時のハンソヒに近い役柄だったんですね。

これなら元ヤンだと思われても仕方がないかも。。

ハンソヒの幼少期は?問題児だったの?

両親が5歳のころに離婚し、祖母に育てられたとインタビューで語っているハンソヒ。

幼少期に悲しい経験をしているんですね。。

問題児であったかどうかは、ネットでは情報がありませんでした。

家庭状況で憶測はできませんし、分かるのは普通とは少し違う家庭環境だったということでした。

Sponsored Links


ハンソヒの母親がヤバい!借金?詐欺?

ハンソヒが女優として注目されるまで

2017年のドラマ「再会した世界」でドラマデビューを果たし、その後「ひと夏の奇跡 〜waiting for you」「カネの花 〜愛を閉ざした男〜」「100日の郎君様」「アビス」などのドラマに出演。

一躍注目の的になったのは、2020年。

ドロドロな大人の男女のもつれを描いた「夫婦の世界」で、主人公の不倫相手役を見事に演じ、「あの女神のように美しい女優は誰?」と人気が爆発しました。

ハンソヒの母親に借金問題!?

一躍人気者になったため、さきほどのタバコやタトゥーの写真が再度注目されてしまったハンソヒ。

さらに2020年7月18日、オンラインコミュニティの掲示板にこんなタイトルの書き込みが。

「『夫婦の世界』に出てる芸能人の母親詐欺」

内容は、「『娘が成功したら返す』という約束で金を貸したが、返済日に連絡がつかなくなった。その後連絡は来たが、結局返済できないと言われた。」というもの。

「この芸能人をテレビでみるたびにあまりに腹が立つ」「私のお金であんな風に人気になったのに、私は夢を断たれた。あのお金で叶えたい夢があったのに」「罰を受けてほしい」

ネット上で「これはハンソヒのことではないか」と憶測が流れました。

ハンソヒの母親の事情は分かりませんが、これが本当なら、詐欺と言われて非難されても仕方がない気がしますね。。

ハンソヒが謝罪する事態に

この憶測に、ハンソヒの事務所は当初沈黙していました。

しかしその後、ハンソヒが自身のブログで謝罪文を掲載したのです。

謝罪文にはまず、

「崖っぷちに立った気持ちで文章を書いた被害者の方々に謝罪を伝えたいです。」

と、書かれています。

そして、

「今回のことを通じて不愉快な思い、あるいは傷ついた皆さんにも心からお詫び申し上げたいと思います。本当に申し訳ございません。」

と、全ての責任を引き受けるような謝罪の言葉を続けています。

さらに自身の両親が離婚し祖母に育てられたこと、20歳以降に母親の借金を知り、デビュー前からできる限り返済してきたことなど、今回の事情を詳しく説明しています。

「私の未熟な判断で借金を代わりに返済することだけが解決策だと思っていましたが、私の不覚で被害者の方々が増えてしまったようでただただ申し訳ない」

と、最後も謝罪の言葉で締めくくっています。

Sponsored Links


韓国での反応は?

韓国の多数の芸能媒体によると、母親の詐欺を暴露したオンラインコミュニティの書き込みには、ハンソヒの友人を名乗るコメントが書かれました。

その書き込みには、「小学校のときに両親がいないことを冷やかされても、ただ明るく笑っている子でした」

「私が金銭で悩んでいるとき、お金を送ってくれました」

「ソヒが今受けている苦痛を考えると涙があふれる」と綴られています。

Sponsored Links


日本での反応は?

大変な親を持ったために、世間に対して謝罪文を公表することになってしまったハンソヒに、同情する声が多いようです。

またタバコやタトゥーについては、20歳過ぎてからの姿だったこととから「問題ではない」とする声も。


むしろ自由な自己表現として、潔さやカッコよさを感じるファンも多いようです。

まとめ

数々のスキャンダルのある、ちょっと問題児なハンソヒ。

しかし、インタビューやブログでの誠実な言葉や、女優として努力し魅力を増している姿で、着実にファンの心を掴んでいるようです。

むしろ過去を糧にして、ハンソヒだからこそできる演技を、女優として見せてくれるかもしれません。

これからの活躍がとても楽しみですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です