キムソノ(キムソンホ)が抱えるトラウマって何?性格が関係してるのか調べてみた!

キムソノさんは2009年演劇界で俳優デビューし、8年間舞台に没頭。

2017年にテレビ界に登場し、あっという間に主演を務める人気俳優となりました。

そんなキムソノさんですが、どうやらトラウマを抱えていると噂が浮上しているようです。

そこで、今回はキムソノが抱えているトラウマは何なのか?また、トラウマを抱える要因に性格も関係しているのかについて調査しました。

キムソノ(キムソンホ)のプロフィール&経歴

まずはキムソノさんのプロフィール&経歴について調査していきましょう!

プロフィール

名前キム・ソンホ
出身韓国ソウル特別市城北区城北洞
生年月日1986年5月8日
年齢35歳(2021年10月時点)
身長・体重183㎝・76㎏
血液型A型
所属事務所ソルトエンターテイメント

韓国ではキムソンホと呼ばれていることが多いのですが、日本ではキムソノと呼ばれることが多いようです。

どちらも間違いではありません。

経歴

ソウル芸術大学で演劇を学び、大学卒業後に兵役に就き、任期を終え進路に悩んでいたところ、大学の同期に薦められて演劇オーディションを受けたそうです。

2009年に演劇作「ニュー・ボーイングボーイング」で演劇俳優として芸能界デビュー。

それ以降、様々な演劇に出演し、美しい外見で「演劇界のアイドル」と呼ばれるようになりました。

楽屋入り口から道路までファンが並ぶほどの人気ぶりだったそうです!

8年間演劇に集中し成功した後の2017年にテレビドラマ界に進出。

ドラマ「キム課長とソ理事」「100日の朗君様」などに出演し、大ブレイクしました。

テレビに出始めてすぐのMBC演技大賞では、新人賞と優秀賞をW受賞しています。

30代半ばのデビューということでかなり遅咲きなのですが、その後はバラエティ番組への出演も果たし高感度も急激にアップ!

韓国のテレビで大人気となりました。

韓国だけではなく日本のファンも多いということから、公式ファンクラブサイトをオープンさせ、Instagramのフォロー数もドラマに出演する度に増え続けているそうです!

キムソノ(キムソンホ)の性格は?

キムソノさんは過去のインタビューで自身の性格について

「今まで一人旅をしたことがない。勇気もなく人見知りして怖くなる(笑)」

「人見知りして緊張も多いのに、適応がうまい。本当に良かった。緊張した方がいい。むしろ緊張感がなくなることを恐れて逃さないようにする」

引用元:KOREA NEWS

また、他のインタビューでは

「私は退屈か、雰囲気が暗くなることを不便に感じるスタイルだ。撮影場でも誰が大変に見えたら、面白い話を持ち出そうとする

「実際、一人でいる時は静かな方だ。たくさん話をして疲れるスタイルだ。むしろメッセンジャーでは言葉が多くない」とし「一人でいることで自分自身をケアする。働く時だけは疲れないようにしている。いつも反省するスタイルだ」

引用元:K-KININARU

まとめてみると

  • 人見知り
  • 一人の時は静か
  • いつも反省するタイプ
  • たくさん話して疲れちゃうタイプ

という感じでしょうか。

ですが、暗い雰囲気はあまり好きではないようなので、そのような場合は自分から話をして場を明るくさせるムードメーカー的な性格も持ち合わせているようですね。

ですが、一部では「昔は怖がりな性格だった」と過去にキムソノさん自身が語っており、怖がりな性格になったのには過去に経験したトラウマが関係しているとのことです。

キムソノ(キムソンホ)が抱えるトラウマって何?

昔は怖がりな性格だったというキムソノですが、幼少期に経験したことがトラウマとなっているとのことなので、ここではどのトラウマについて調査していきます。

トラウマとなった事件は小学2年生の時に起きました。

お母さんと自宅で過ごしている時に、何と強盗が押し入り刃物でお母さんを傷つけるところを目の前で見てしまったのです。

キムソノさんはベットの下に隠れていたため、無傷だったのですが、お母さんが強盗に刺され血を流しながら引っ張られていく時にお母さんと目があったとか。

今でも必死で振り払おうとするお母さんに怒鳴りつけている強盗の姿は忘れられないそうです。

このトラウマのせいで、小学校時代はとても内気な子だったそうで、みんなの前で本を大きな声で読んだりする際に息ができなくなりそうになったり、冷や汗が出るなど私生活にも影響が出ていたみたいですね。

また、テストの際に試験官が後ろに立つと頭が真っ白になることもあったそうです。

強盗の服装は白のTシャツとジーンズ姿だったということもあり、同じ格好をした人には恐怖を感じていたと言います。

そんなキムソノさんを救ったのが演技でした。

演技に没頭している間はトラウマを忘れられたそうで、徐々にトラウマを克服できたといいます。

そんな怖い経験をすればどんな人でもトラウマになってしまうのは当然ですよね!

まとめ

今回はキムソノさんのトラウマについて調査してきました。

強盗にお母さんが襲われるという事件は普通に生活している上でなかなか経験することはありません。

しかし、キムソノさんはそのような怖い経験をしたことで演技を始めるまでトラウマを抱えて過ごすことになってしまいました。

ですが、演技を始めたことでトラウマを払拭し克服することができたキムソノさん。

今では大人気俳優として活躍されているので、今後も頑張って欲しいですね!

最期までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です