BTSは女性に触れないって事務所に決められてるの?動画で検証してみた!

BTSの画像や動画を見ると、女性にわざと触れていない場面が結構多く見られます。

この行動は事務所に決められているのではないかと言われているのですが、実際はどうなのでしょうか。

そこで今回は、その真相について動画や画像を交えて徹底調査していきたいと思います!

BTSが女性に触れないと事務所に決められてるの?

BTSはさまざまな場に登場することが多いグループですが、女性に触れたらダメと事務所から言われているのではないかと一部で囁かれています。

禁止令が出ている?

実際に、歌番組でハグなどをする際、ハグしているようでBTSメンバーは女性の体に触れていない場面が目撃されていることも。

ですが、一方でファンとの握手会などでは「握手会」という名目というのもありますが、ファンと握手をしたり手を合わせたりなど接触をしている場面も見られるので、事務所から女性とのNGが出ているわけではなさそうです。

https://youtu.be/Fnhs7O2qWbM

ですが、握手会などは相手がファンなので、問題はないという可能性も。

これが女性K-POPアイドルだとか、女性芸能人だとファンから批判の声が殺到する可能性がありますよね。

ともなれば、BTSメンバーだけではなくその相手の女性にも迷惑をかけることになりかねないということもあり、その点は決められているかもしれません。

BTSが女性に触れないシーンを画像で検証!

2017年11月に行われたアメリカの音楽授賞式「アメリカン・ミュージック・アワード」にて、メンバーのテテとシュガが女性リポーターとハグをする際に見せた行動がありました。

その女性は背中が大きく開いたドレスを着用していたのですが、ハグを求められたテテとシュガは、決して彼女の背中には触れないよう、空中で手を添えながらハグ。

自然に彼女の肌に触れないよう配慮するという、なんともジェントルマンな振る舞いを見せました。

動画を探してみたのですが、見当たらなかったので画像をご覧ください。

これに対してのリツイートがこちら。

【翻訳】

「それは韓国の文化です!これはマナーハンドと呼ばれ、通常、男性の有名人から女性の有名人まで、写真などで適切なマナーを示し、敬意を表する王としての防弾少年団。を尊重するために使用されます。これは、マナーハンドを使用するアイドルの1つです。」

男性に触れられることを嫌がる女性も多いためのマナーのようですね。

マナーの手は韓国の文化だった!

「マナーの手」と言われることもあり、韓国に古くから残っている文化とのこと。

マナーの手は性に触れないだけではなく、相手に物を渡す際に手を添えることも含まれています。

ジミンがマナー手をしている動画を発見しましたのでご覧ください。

確かにBTSメンバーはこのような行動をしっかりしている場面を多く見かけます。

ツイートにも書かれていますが、世界的に有名なK-POPアイドルであっても相手に対するマナーを守っていることは本当に尊敬できる行動ですよね。

意識していてもなかなか難しいものです。

まとめ

今回は、BTSが女性に触れないのは事務所から決められているのかどうかについて検証してきました。

画像で見てみるとやはり女性の体には一切触れないようにしていることがわかりますね。

マナーの手と言われる韓国文化のようですが、BTSだけではなく、K-POPアイドルや俳優であればみなやっている行動のようです。

それに、相手に対するマナーをしっかり守ったり、敬意を表す行動も全て自然とできているBTSメンバーは本当にかっこいい!

ということで、事務所から禁止されているのではなく韓国男性であれば誰しもがやっているマナーというのが真相のようです。

世界が認めるK-POPアイドルとして認められていることに納得です!

最後までお読み頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です