ヨントンペンサ(韓国)ボーダーはどのくらいなのか調査!録画してもバレないって本当?

韓国に行きたいのに、行けないフラストレーションが溜まっている方々アニョハセヨ!
現在コロナの影響で日韓関係の問題もありビザなしでは韓国に行けず

オタク唯一の楽しみである、カムバック旅行や音楽番組への参加など
お茶の間でしか楽しめず、ため息交じりなそこのオタク!

韓国では、サイン会も新たな形として誕生しています。

その名も『ヨントンペンサ』

ヨントンペンサとはなんぞ?からお伝えしていきますね!

Sponsored Links

ヨントンペンサとは?

ヨントンペンサとは韓国語の영상통화팬사인(ヨンサントンファペンサイン)の略で
ヨンサンは=動画、トンファは=会話を意味しています
つまり『テレビ電話』のサイン会という意味です。

ソーシャルディスタンスをある程度設けないといけない限り
この対応になっていくかと思っていますが

予想以上に反響が大きく
普通のサイン会よりも話ができる時間が長いだとか。
録画できるのでしっかりと残すことができる!など
メリットも多いようですね!

しかもこのコロナの期間中にしかできないという
中々の限定感も相まって人気とも言われていますが
通常のサイン会の定員が約100人に対し、30人から50人の枠と人数が限られているので
普段のボーダーよりも枚数の予想がしにくいんでしょう。

ボーダーとは?

ボーダーとは、サイン会に行くためにCDの枚数をいくらぐらい買わないといけないのか
ボーダーラインの話です。

これは『人に聞く話ではありません』

その人がどのくらいの金額を出してサイン会に行ってるかなどが
わかってしまうので、大金だして易々と情報を流すようなものです。

ボーダーを聞くのはご法度であることを認識しておきましょう。

Sponsored Links

ヨントンペンサ(韓国)のボーダーはどのくらいなのか調査!

そんなこと言っても、気になるのがボーダー枚数でしょう。

まず今回のヨントンペンサは、各グループによって「応募人数」が異なります。

現在カムバックしているTXTなら30人
MONTAXも約30人

ソロ活動中のVIXXのケンなら50人と
グループの人数が少ない程当選人数も多くなるという感じでしょうか。

対面式の会話よりも少なからず時間がかかってしまうので
1/3の当選人数になってしまうのだと感じます。

サイン会の醍醐味って、ふれあいの部分がほとんどだと思うんですね。
手を握ったりとアイドルも大変だとは思いますが、金額が金額なもので
まぁすごいもんですよサイン会。

当選人数が少ない分、ボーダーの枚数も上がると予想されています。
30/100とかですからね。

普段購入している人の感覚からすると
「ひゃー」という感じでしょう。

また新人なら気安くいけるという考えも
数年前ならあり得た話かもしれませんが
現在、「新人のうちに行っておこう」というオタクが増えすぎて
その分ボーダーも上がると言われています。

つまり10枚くらいじゃいけないよ!
ってところでしょうか。怒られないくらいのレベルで枚数を申し上げると

「10枚じゃ足りない」というところでしょう。

年数や人気に限らず、中々の金額がかかるのがサイン会
ならメリットも少なからずあるはずですよね!

サイン会に参加したことある人なら、1度行くと中毒性があるので
毎度行きたくなる。次回のリベンジも込めて!など人によっては異なります。

お金で情報を買っているようなものなので
サイン会に行ってる人に、「何枚買っていけた?」のかは聞いてはいけません。

Sponsored Links

録画してもバレないって本当?

これもグループによるのですが、最近だとNU‘ESTのヨントンペンサ
「録画禁止」なはずなんです。

でもこれそもそもどうやって録画してるってわかるの?って話だと思いませんか?

ちなみに始まる時間しか教えてくれず
いつ電話がかかってくるかはわからない。
常に待機しておかなければいけないようなんです。

なので、ずっと録画していてもばれないでしょ?ということです。
まぁSNSにアップしなければOKじゃないでしょうか?

間違いなく、思い出になりますし動画も撮れるだろうし
思った以上の時間話ができるということなので
韓国語も無理がなく事前準備できてかつ

金銭的に余裕のある方なら応募してみてもいいかと思います。

Sponsored Links

各ヨントンペンサをチェックしてみよう!

ASTRO

NCT

TXT

CRAVITY

TOO

Apink

ケン(VIXX)

スホ

まとめ

今回は、ヨントンペンサのボーダーがどのくらいなのか調査してみました!

ボーダーの枚数は、通常よりも多いと思います。
応募人数を見れば一目瞭然かと
あとは予想に予想を重ねてお金だしてサイン会に行きましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です