プロデュース101JAPANの第2話の感想をまとめ!上原潤にヘイロや川西拓実のクラス分けの結果は?

さてさて2話の感想いっちゃいましょう

今回もレベル評価からでしたね!今回は気になるメンバーのレベル評価が多かったですが

やっとみんなの本命川西拓実君が登場!

気になるクラス分けの結果からチェックしていきたいと思います。

Sponsored Links

プロデュース101JAPANの第2話の感想をまとめ!

さてレベル分けの途中から始まりましたね。

今回でやっと見たい練習生がでてくるという感じでしょうか?

そして、ようやく最初の課題が発表されるところまできました!

ツカメ!この曲はかなりの高音なのでダンスが上手な子は、ボーカルに苦戦。
ボーカルが上手な子はダンスに苦戦しているという感じかな?

KSIX

川西拓実くんまさかのラップだったという衝撃とともに始まりましたね。

そしてまさかの川西拓実くんAクラスじゃない

Bでしたね!
めっちゃ悔しそうでしたけど、確実にAクラスの顔してるんですよ!

Team Rapper Crew

同じ芸能事務所所属だったんですね!
長身の2人でかなり仲が良さそうでした。

稲吉ひかり B

思ったよりの低い声でしたね。
でもイケメン感はルックスからにじみ出してました。

ただ写真の方がかっこいいなというのが動画を見ての感想ですね

中川勝就 C

ダンスがかなりうまいと思いました

HELLO AGAIN

2014年HALOのメンバーとしてデビューしたメンバーですね。
本物のK-POPグループに練習生たちも驚いてましたね。

最後の運命だというくらいの勢いで臨んでる3人かっこよかったですよね。

日本語も勉強してる努力の様子に応援したくなる国プが増えそう。
これこそ韓国の実力なんですよね。

やっぱりダンスがうまいし
ボーカル力も全然違いましたね。

韓国のアイドルが強い理由がわかった瞬間でしたね。
すごく練習してきたのが伝わりました。

キムヒチョン A

キムユンドン A

絶対ユンドンのファン増えますね。
ラップとボーカル力が高い

チョンヨンフン B

ヨンフンがB判定を受けてかなり悔しそうなメンバーたち。

なぜダメだったかというと、もっと圧倒的じゃないとと言われる始末。
ただこれからなので、頑張ってほしいですね。

ドリームランド

遊園地で働いているという2人のパフォーマンスは?
ヘイロメンバーのあとなのでかなり難しいなと思いましたね。

北岡謙人 C

ボーカルが得意でラップがしたい!ということで披露

え?ラップのがうまい気ががしましたがね?
トレーナーも大絶賛だったような気がします。

ラップの声で歌もいいと思うと!

黒川竜聖 F

ダンスが得意ということなのでFクラスで泣いちゃいましたね。
音痴って言われたというトラウマらしく、今後頑張ってほしいですね。

REBORNZ

子役でも活動しているメンバーらしいですね。

鈴木玄 B

大川澪哉 B

瀧澤翼 B

みんなで頑張っていきたいというこのチーム。

全員Bクラスで決定でしたね。
仲のいい印象で、ダンスはまだまだの評価でしたが
これから伸びてきてそうですね

KILLER SMILE

モデル系イケメン集団ですが、歌って踊るは完全に素人。

爽やかな印象はアイドル感がありましたね。
リズムがとれてなくて、という印象でしょうか

古賀一馬D

草地凌之 B

石井祐輝 C

山田恭 B

畑 顕矢 D

あれ畑くん辞退してますね?

菅井先生の「今がチャンス」の声にうまく対応かと思いきや
ものまねをぶちかます草地くんの感じ。キャラとしては良かったかと。
歌はDクラスだけど、可能性はあると

Boys II Men

ボーカルが中心的なグルーぷなんでしょうか?

長谷川怜央 D

中川吟亮 D

表現性が自分ではいいと思ってるということでしたが
トレーナーからの評価はいまいちでしたね。

いうほど顔の印象はなかったといわれてしまいました。

自信とは裏腹に低評価

西山和貴 B

このためにグループやめてきたという西川くん
やる気は感じられるメッセージかなと思いました。

Team SKY

仲のいい2人、未経験の金城くんに対して教えてる印象がありました。
高身長でイケメンの雰囲気でしたね。

中島美嘉の歌をここまで歌えるのは男性でもいないとおもいますよ。
中々よかったのでは?

しかも未経験というとレベルが高いと思いました。

中里 空 C

ボーカル力はうまいと思いましたね。
ライブでこのくらい安定的だといいと思いました。

金城 海 B

高身長、韓国風イケメンですね。
歌も安定的でしたね。

始めたばかりでこのレベルの高さには、トレーナーにも
かなり高評価だったと思います。

あれでCというくらい中里くんの評価に驚きました。

しゃちほこフレンズ

名古屋のダンススクールに通ってる2人
かなり緊張してる府に気でしたね。

かみかみで、「せーの」という掛け声がかわいかったですね。

2人のはまりの歌はよかったんじゃいでしょうか?
西くんのパフォーマンスもよかったですね。

木全くんが爽やかだし。
思ったよりいい感じですね!期待以上のグループでした。

西涼太郎 B

Bクラスを受けて、やっぱり悔しそうな西くん。

木全翔也 A

これからのことも見据えてAクラスという結果でしたね。

上原潤

プデュXシリーズに参加していた上原君の登場です。

さすが貫禄しかありませんでしたね。

「あきらめない上原潤」

脱落して夢をあきらめないという上原君。
経験者としてかなりの期待度がかけられていますね。

実力不足で情けないといっていました
最後という気持ちで挑戦していると意気込みを語っていました。

1人なのにダンスも歌もうますぎましたね。
これにかける意気込みをかなり感じました。

やはり経験者は強い!
かんなり引き込まれる魅力があるなと思いました。

豆原一成くんもかなりすげぇの一言

ラップも準備してきたという豆向きな姿勢はよかったですが
歌詞が飛んでしまうハプニング!

菅井先生に歌詞だけ言ってごらんといわれましたが、でてこず
Cクラスという結果。

歌詞ってやっぱり自分の中で消化できないと
歌えないんですね。緊張には勝てませんでしたね。

木原汰一

個性派の1人目は木原汰一くん。
かなりミュージカル調なのが気になりましたね!

残酷な天使のテーゼを披露。

歌いながら高音は出せてたかなと思います。

社交ダンスをしていた経験からラテンダンスのフリーダンスを披露して
かっこいいといわれていました。

かっこいいバナナマン日村といわれてました!

確かにラテンダンスは素晴らしかったと思います。

クラスとしては、Bクラス

東郷良樹

民謡を習っていたという東郷くんは和服で登場
かなりの曲者というイメージ。

独特な曲と振り付けですがインパクトはかなり強烈ですね。

ただ菅井先生からは、あまりもう一度聞きたいとは思えないという一言

ビューティー4

YOU TUBERとして活動していたヒョクくんが登場!
もちろん日本人練習生からも注目の的で、5年間練習生をしていた過去を告白

イミンヒョク B

片上勇士 F

中谷日向 F

中西直樹 B

注目のメンバーが多かった個々のメンバーたち
振り付けと構成を考えて頑張って練習してきたという4人

Fと言われて悔し涙を流す2人と、こんなはずじゃなかったというヒョクくん。

一言いいですか?

泣くな!!
泣きすぎて、あまり入ってきませんでした。

個人な推しの青木聖波くんには、頑張ってほしい!
ここまで見てきてもかなりレベルはいい感じだし、普通にイケメン。

クラス分けの結果、人数はこのような結果に

A:8人
B:33人
C:20人
D:21人
F:17人

Sponsored Links

テーマ曲発表

ツカメ It’s coming

やっぱりカメラマンよくわかってるわ!
川西拓実くんと豆原一成くんをフォーカスする。
見たいところよくわかってる。

川尻蓮くんはいつも笑顔ですごくいい感じですね!
さすがセンターですわ

ヒョクくんはよく泣きますね。
泣いてばかりてはちょっとねという印象。

Aクラスメインに、BCDクラスがサブFクラスはバックアップ要員

3日後の再評価テストでのクラス替え発表でどこまで這い上がっていけるのかがポイントですね。

あと個人的に、川尻蓮くんの「狙われてるとやる気が出る」
この一言はやっぱりかっこいいですわ。

そしてツカメの練習が始まりました。

Fクラスはほとんどついていけてない状況でしたね。

そしてAクラスになると、踊れる子が多いという印象。
この時点で差がついてることにFクラスは気づいてほしい。

これだけの差を埋めていけるのかが勝負のカギですね。
どう考えても、川尻蓮くんが強すぎます。

そして宿舎へ到着!

宿舎にはルールがありました!しかも減点方式で
10点になると練習禁止との張り紙も。

本国よりもかなり厳しい内容ですね。

ヒョクくんは、女子顔負けの美容への力のいれよう。

Aクラス練習風景

リズムをとりながらのボーカルレッスン。
微妙に狂ってくるリズム。

まずみんなで揃えるところから

そして高い音が出せないと嘆くメンバーたち

ヒチョンくん!
さすがに高音をだせて完璧だといわれてプレッシャー。
ただやはりAは絶対他の人に譲っちゃダメとボーカル先生から指摘

WARNER先生からはダンスはFクラスといわれてしまってます。
レベルは低いAだと。
もっと上げてほしいといわれてやる気の出るAクラス

豆原一成くんとユンドンめっちゃ褒められてましたね。

川尻蓮くんのウェーブ!さすがダンサー
佐藤来良くんがAクラスについてこれない感じがでてきました。

そして部屋の外に出て行ってしまいました
体力的にしんどいと、テンションがおかしいと涙を流しました。

個人的には本国のプデュを見てるので、どうしてもAクラスで頑張る練習生が多いので
心折れるのが早すぎるなという印象ですね。

林くんは笑顔で励ましていましたね。

そうそうそう!こういう支えるのがプデュです!

Dクラス練習風景

菅井先生のお出ましです!

「発声に近道はない!腹式呼吸はどうすることから!」という喝

想像力がなくてDクラスといわれてしまう練習生たち。

動いてリズムをとるのが大事だといわれますが
中々うまくできない練習生。

北川くんは、かなりのプレッシャーをかけられてる模様。

ボーカルでもダンスでもうまくできないと自信を無くしてしまう感じ。

1人1人にアドバイスをあげるA-NON先生

その中でもダンスで苦戦するのが、西野友也くん。
Aクラスに入りたいなら、ダンスは必須ですからね。

ここでナイナイのメンバーからミサンガのプレゼントの差し入れが入りました。

Bクラス練習風景

青木くん頑張ってくれという管理人の気持ち。

もう少しでAという位置なのでレベルの高さがうかがえます。

川西拓実くんは、他の練習生にも注目を浴びるくらい
しかし、自分はBクラスに不満を持っていて
もっと上にいきたいという気持ちで、こんなに歌とダンスばかりしたことないと楽しいという川西拓実

ヨンフンはうまく適応できない感じ。
かなりのプレッシャーとプライドが邪魔をしている感じでしょうか?

宮島くんは、小さくてかわいいけどダンスはパワフルで
今後上にあがってきそう。

Cクラス練習風景

ここで難しいと嘆いてるのは、ハーフのメンバーたち
アルジャマくんは、日本語の歌詞を読むところから。

発音や漢字にかなり苦戦している様子。
両親の話で涙がでちゃった様子でしたね。

上原潤くんは91位で前回脱落してしまった結果から
ひたすら走るだけという一言。

盛り上げる一面もあってよかったかなと
みんなが寝てるときもやるという覚悟が見えましたね。

大平祥生くんは、川尻蓮くんについていくという感じのスタンスなので
川尻蓮くんに追いつきたいという気持ちで復習を重ねてました。

WARNER先生から指摘さてたのは「鶴房くん」
態度が悪いといわれた鶴房くん、かなりダンスでつつかれますが
吸収しようという目つきが感じられてますね。

負けん気の強さが、これからどのように活かされていくかに期待です。

Fクラス練習風景

Fクラスで経験者にはWARNER先生から、経験はゼロにしてほしいという一言から入りました。

かなりバラバラなので、基礎の基礎からのレッスン。

自分の癖を直すとこからという印象。

他には、ボーカルに自信がある中川吟亮くんが全くついてこれてません。

他の練習生の動きを見てといわれる始末。

自分が思ってる以上にできない壁とぶつかってるなという感覚ですね。

Sponsored Links

再評価の様子

みんなが見守る中再評価が始まりました。

川尻蓮くんからの再評価!

もう彼に何の言葉もいりません。
Aクラスで1位といわれる印象

豆原一成くんも、Aクラスで最年少ながらかなりできてるのでAのままでしょうね。

肉イケメン安藤くんは、かなり歌のレベルが低いかもなという印象。
ここがすべてはない。Fに落ちてもそこからやり直したいという

井汲大翔くんは、歌詞が飛んでしまって泣いちゃってましたね。
緊張してる自分とわないといけないんですよね。

Fクラスながら全然できない練習生も石井健太郎くんは、動きも止まってしまいましたね。

そして、プデュあるあるの両親との電話シーン

なんというか、両親との電話早すぎる!
ちょっとこのサバイバルをお涙ちょうだいの番組にはしてほしくないですね。

トレーナーたちの再評価

川尻蓮くんはさすがにトレーナーからの評価も高い。
もう完璧なんですよね。
文句なしのA

ユンドンには期待してる、WARNER先生。
直したとこは、全部直してきてると好印象でAですね

川西拓実くんは、菅井先生からも好きだなという
ポテンシャルを感じる一言。

ヨンフンは最初のオーディションと変わってないと多分評価下がりますね。
やっぱりやる気とか努力の部分が本当に大事だと思います。

やる気努力の面で、見せてこないとトレーナーには響かないんですよね。

あとは、できなくても一生懸命さが大事ですね。

今西正彦くんは、どうしても腰から入ってしまう感じ
表現力とダンスは褒められてます。

癖はすごいけど、という印象。

ダンス未経験の子の方が頑張ってましたね。

宮島くんはトレーナーからも褒められてましたね。

鶴房くんもなんか持ってるという一言をもらってました。

頑張った人にはやっぱり、再評価で上に持っていくトレーナーたち。
その代わりできない人には、下げてもらう。

クラス変更はかなり変動があって、練習生の気持ちも混乱という感じですね。

再評価の結果

これは来週にまたぎですね。

わかってるなプデュJAPAN!

トータルの感想としては、自分の期待値が高い練習生ほど
レベル評価は低くつけられる。

あと、本国のプデュを見ていない練習生

出直してこい!

やっぱりこのサバイバルは努力なしでは成り立ちません。
眠いできないは、すべていいわけです。

Sponsored Links

第2話上位11名順位発表

1位 豆原一成

2位 川尻蓮

3位 川西拓実

4位 安藤誠明

5位 鶴房汐恩

6位 キムヒチョン

7位 上原潤
8位 今西正彦
9位 大平祥生
10位 イミンヒョク
11位 チョンヨンフン

ちょっと待ってよ。
どう考えてもユンドンと青木くんは11名の中に入らないと!

まとめ

プデュJAPANの2話の感想をお伝えしました!

どうでしたか?練習生全員の雰囲気はツカメましたでしょうか?

個人的には泣いてる練習生が多すぎて萎えました。
泣くよりも前を向かないと何しにプデュに参加したのか聞きたいくらいの気持ちになりましたね。

努力する子にはやはり順位は上がってほしいと感じます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です