ENHYPENソンフンのスケートの実力や成績を調査!フィギュアはもうやらないの?

2020年11月にデビューした「I-LAND」にて選抜された7人グループ
ENHYPEN

今回はENHYPENのヴィジュアル・ソンフンにスポットを当てていきます!
ソンフンと言えば元フィギュアスケート選手という異色の経歴が話題ですよね。

そんなソンフンの

  • プロフィール
  • スケートの実力や成績
  • フィギュアはもうやらないのか

について詳しく調べましたので、是非最後まで読んでみてくださいね!

ENHYPENソンフンのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

ENHYPEN(@enhypen)がシェアした投稿

名前パク・ソンフン/ ハングル表記:박 성훈 英語表記:Park Sung-Hoon
出身韓国・ソウル特別市 恩平区
生年月日2002 年 12 月 8 日
身長178 ㎝
体重不明
血液型O 型
ポジションヴィジュアル

ENHYPENソンフンのプロフィールは上記のとおりになります。

では早速、ENHYPENソンフンについて少し詳しく見ていきましょう♪

BTSに憧れて練習生になった「氷王子」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ENHYPEN(@enhypen)がシェアした投稿

自他公認のイケメンとして、I-LAND時代から着実にファンやプロデューサー
の心を掴んでいったENHYPENソンフン。

元々は、フィギュアスケート選手として活動していたソンフンがアイドルを
目指したきっかけはまさに「BTS」でした!

BTSのコンサートを観に行き、”あんな舞台に立つ素敵な人になりたい!”と
思いアイドルの練習生としてBigHitの門を叩いたようです。

17歳の時に練習生になったソンフンはその後2年間程、フィギュア選手と
アイドル練習生の二足の草鞋を履いていたのだとか!

ENHYPENの”氷王子”、かなりのバイタリティを感じますよね…!

元フィギュア選手という異色の経歴の持ち主

 

この投稿をInstagramで見る

 

ENHYPEN(@enhypen)がシェアした投稿

そして、ソンフンを語る上で避けて通れないのが”ソンフンの経歴”ですよね。

前述でもご紹介していますが、ソンフンは元フィギュアスケート選手として
韓国国内そして国際大会にも出場した経験を持ちます

フィギュアの選手になったのは幼い頃、弱視であったため左目がほぼ見えない
状態だったことがきっかけのようです。

しかし、片目を12時間覆った状態で治療を受けることは幼いソンフンには酷。

段々消極的な性格になっていく彼に両親が「運動してみてはどうか?」と誘い、
7歳のころにアイスホッケーを始めたのだとか。

ですが、成長していくにつれてアイスホッケーに求められる体格に限界を感じ、
9歳の頃にフィギュアに転向し、その後約11年間選手生活を送っていたようです。

ネガティブなことがきっかけで大成したソンフン、フィギュアやアイドルとしての
素質がこのころから備わっていたのかもしれませんね♪

ENHYPENソンフンのスケートの実力や成績は?

続いては、ENHYPENソンフンのスケートの実力や成績について見ていきましょう!

ソンフンは2012年から2018年まで国内大会を皮切りにノービスやジュニア部門へ、
2018年から2020年にかけてはシニア部門で出場していたようです。

フィギュアスケートの実力は?

まずは、ENHYPENソンフンのスケートの実力についてです。

ソンフンのスケートの実力は過去に韓国国内でもフォーカスされており、将来の
冬季オリンピック有望株”とも言われていたようです!

後述の中でもご紹介していますが、過去に国内大会を中心に受賞歴が多く国際
大会の中でもアジアンオープントロフィーでは金・銀・銅メダルを獲る常連です。

現在アイドルとして活動していますが、もしアイドルでなかったとしても確実に
韓国のフィギュア選手として世界に名を轟かせていたこと間違いなしです!

フィギュア選手時代の成績

ENHYPENソンフンのフィギュア現役選手時代の成績は以下のとおりです。

国際大会:シニア
大会開催年度
12-13
13-14
14-15
15-16
16-17
17-18
18-19
19-20
CSインゲソーラーメモリアル
21st
CSアジアンオープントロフィー
7th
国際大会:ノービス、ジュニア
JGPポーランド
16th
JGPエストニア
15th
ロンバルディアトロフィー
1st N
アジアンオープントロフィー
3rd N
1st N
2nd J
2nd J
国内大会
総合選手権
2nd N
2nd J
8th
7th
7th
8th
8th
7th
会場ランキング大会
2nd J
2nd J
1st J
5th
9th
8th
7th
冬季体育大会
1st
1st
2nd
1st
2nd
4th
2nd
種別選手権
2nd
1st
3rd
2nd
JGP選抜
4th
4th
5th
4th

引用:나무위키

※CS =チャレンジャーシリーズ
※JGP =ジュニアグランプリ
※N =ノービス
※J =ジュニア

直近の2019年国内冬季体育大会でも2位(銀賞)を受賞しているソンフン。
さすが、将来の冬季オリンピック有望株と言われただけありますよね♡

ENHYPENソンフンはフィギュアはもうやらないの?

最後に、ENHYPENソンフンはフィギュアはもうやらないのかについてです。

結論から言うと、現時点でソンフンはフィギュアをすることはなさそうです。

アップルミュージック主催のオンラインサイン会の際に、ソンフンは
ソンフンにとってフィギュアとはどんな存在?」というファンの質問に答えています。

フィギュアは半生をしてきた友人のような存在であり、懐かしい存在です。

そして、今はアイドルとしての活動に専念しているためフィギュア自体は得意な
スポーツの1つとして捉えている
のだとか。

また、ソンフンは2020年デビュー後初のMAMAでフィギュアを披露していますよね♪

舞台上のパフォーマンスとして今後もフィギュアを披露してくれる機会は沢山ありそう
なので、アイドルとしてのソンフンファンもフィギュア時代のファンも楽しめそうです!

まとめ

いかがでしたか?

K-POPが世界的に人気を博していく中で、どんどん多国籍メンバーや
過去にすごい経歴を持っているメンバーが増えている
気がしますよね!

ソンフンもまた、フィギュアの前にアイスホッケーをしていた事実も
驚きでした。

そしてオリンピック有望株としてのキャリアを捨ててまでもアイドル
になるという夢を叶えたポテンシャルの高さにもびっくりです。

ENHYPENも次のカムバックの知らせまでそう遠くありません。
ソンフンが一体どのようなアイドルに成長していくのか楽しみですね♡

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です