プデュJAPANのセンターに川尻蓮が選ばれた理由は?元バックダンサーで経歴がすごい!

プデュJAPANのタイトル曲「ツカメ~It’s Coming~」

最初に出てくる10名の練習生の中でも1番目立つのが
センターに出てくる彼。

川尻蓮くん!

そして序盤から思うわけです。
この子カンダニエルみたいだわ。

ところで、私たち投票してません!

そうなんです。
何が理由でセンターに選ばれたのか?
気になる理由をチェックしてみたいと思います!

Sponsored Links

川尻蓮(プデュJAPAN)のプロフィール!

名前 川尻蓮
出身 福岡県
生年月日 1997年3月2日(22歳)
身長 173㎝
体重 60kg
血液型 O型

やはり男性アイドルを誕生させるにあたって
年上女性からの票って強くて確固たるものなので
ビジュアルの男らしさという大事なことなんですよね。

掴みはかなりいい感じの川尻蓮くん

なんでこの子が選ばれたの?って思いますよね。

だって!投票してないんですもん!

本国のプデュは、どんな練習生かわからないけど
センター動画をYoutubeにアップしてそこから投票だったんですけど。

まぁ色々な関係で違うこともあるようですね。

Sponsored Links

プデュJAPANのセンターに川尻蓮が選ばれた理由は?

自己紹介動画から感じ取れるのは、K-POP感満載のメイク。

カンダニエルに似ていると感じているのは、私だけじゃありませんでした。

あとこの何か自分の芯がしっかりしてそうな感じが特に、カンダニエル。

シーズン2のカンダニエルに似てるからセンターに選ばれたわけでは
もちろんありません。

川尻くんに注目したいのは、ダンス!

一言いいですか?

「レベル高」

この子のダンスはレベルがかなり高いです。

個人的にはプデュX101の練習生のダンスと引けをとらない
なんなら勝てるかもしれない。

そのくらいめちゃくちゃかっこいい!

ダンスの軽さ!

まず、軽さ!
ダンスで軽く見せるってかなりの高度な技だと思います。

筋肉のつけ方が完全にダンス筋なんだろうと思います。

なので軽く見える。
これは経験者だと思わせる最初のジャンピング。

舞台慣れ!

そして、舞台慣れしている!

最初のクールな表情からの笑顔満載パターン。
キターーーーーー!

全女子が弱い表情です。

「この子どう見られてるかわかってる」
と管理人は思ったわけなんです。
研究しつくしてる。

この時点で、幅を感じる

ブレない!

彼のダンス、全くぶれないんですよ。

ダンスってぶれるから顔の表情を捉えにくいのですが
川尻蓮くん、捉えれるし1つ1つの動きが丁寧なんですよ。

多分手の指先まで意識してるわっていう動き。
他の子もうまいはずなんですけど、個人カメラみちゃうと

川尻くんしか目に入らない。

こりゃセンターなんですよ。
人の目を奪える強さを持ってます彼。

国民プロデューサーが投票でセンターを決めれないとなると
一つあり得るのは、トレーナーたちの選択ですね。

完全にAクラスだろうし、
振り付けを自分のものにする時間が他の参加者よりも早いんだろうなと

総合含めて、川尻くんになったんだと思います。

Sponsored Links

元バックダンサーで経歴がすごい!

ここまでダンスが上手であれば、やっぱり経歴も物言いいます。
どうやらバックダンサーとして活動している川尻くん。

誰のバックで踊っていたのか気になりませんか?

WannaOneのバックダンサーとして活躍していたようです。

それだけではありません。

K-POPからジャニーズ山Pのバックダンサー。
LDH、EXILE系の映画のダンサーで出演まで幅広く活動しすぎ!

逆に今までなぜ注目されてこなかったのか謎です。

そして、プデュに参加してくれてありがとう!という気持ちにまでなります。

なぜか?日の当たる場所でもっとダンスを見てみたいからです。

他にも川尻くんのダンス動画をチェックしてみました。

右が川尻くんです。

ゆっくりな動きの方が難しいと思うのですが
めちゃくちゃ所作が綺麗

やっぱり一つ一つの動きが繊細で丁寧です。

しかも振り付けまでこなしている様子。
自分のダンスの先生がプデュに出演してると思うと

これまた推すしかないし、シンプルにかっこいい。

人は本当に感動したときほど、「かっこいい」とか「素敵」とか
語彙力がなくなりますね。

人の前に立つというのは、やはり何かしら理由があるものだと思います。

川尻蓮くんは、間違いなく前に出てくるタイプの参加者です。
見た目というよりは、中身からにじみ出るダンスが大好きという精神

あとなんだろう、人の良さも感じられる。

写真より動画の方が、これまた良さが伝わりますね。
評価ごとの楽曲の消化の仕方に注目していきたいと思います。

プデュJAPAN侮ることなかれ、どんどん推しが増えていく。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、プデュJAPANのセンターに川尻蓮が選ばれた理由をチェックしてみました!

ダンスを見れば、一目瞭然でしたね。

繊細な動き、表情一つにしてもバックダンサーとして
養われたものが一気に出てきたという感じでしょうか。

推すしかない。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です