キムダヨン(ガルプラ)TOP9圏外はMnetの操作が関係してるのか調査!デビューまでのシナリオの噂も?

日本人33名、韓国人33名、中国人33名、計99名から最終的に9名のみがデビューすることができるグローバルオーディション番組「ガールズプラネット999」

今回は、その中でもシグナルソングで韓国のセンターを努めたキムダヨンについて、TOP9圏外はMnetの操作が関係してるのか?またデビューまでのシナリオがすでに存在するというのは本当なのか調べてみようと思います。

Sponsored Links






キムダヨンのプロフィール

名前キム・ダヨン
生年月日2003年3月2日(現在18歳)
体重41kg
身長158cm
血液型 A型
趣味/特技ダンス、バスケ、ドッジボール

趣味や特技で分かる通り、ダヨンはスポーツが得意なようですね。

自己PR動画でも、特にドッジボールが好きで投げるのも取るのも得意だと話していました。


自己PRでドッジボールが得意って可愛くないですか?

小学生の自己紹介みたいな…愛くるしい!!

さらにバスケも得意とのことで、球技が得意なんですかね?

ガルプラでスポーツ企画みたいなものがあったらダヨン大活躍間違いなしですね!

ワクワクしながらもガチで挑むダヨンを想像するだけ頬が緩む…。

プデュ48出身者

韓国生まれ韓国育ちのダヨンですが、昔はCNCという事務所に所属しており、15歳の時にはプデュ48に参加しています。


その後もSTARDIUMエンターテインメント、Jellyfishエンターテインメントの練習生になるも、なかなかデビューの機会に恵まれませんでした。

それでも諦めずに今まで努力し続けたダヨンが、今回ガルプラに参加し見事シグナルソングで韓国チームのセンターに抜擢されました。


やはり実力が高いですよね。

ダヨンは歌もダンスもできるオールラウンダーのイメージが強く、今回こそデビューできるのでは?と期待されていましたが、結構、いやかなり苦戦しているようですね。

Sponsored Links


TOP9にいれなかったのは番組のシナリオ?

ガルプラの1話と2話で放送された最初のパフォーマンスでは、マスターに「オーラが感じられない」との理由でTOP9に選ばれず、Jチームの1位江崎ひかる、Cチーム1位のシェンシャオティンがTOP9に選ばれる中、ダヨンだけTOP9候補にすら入ることができませんでした。


それを見た視聴者も特に失敗もせず、素晴らしいステージを披露したダヨンがなぜ選ばれないのかと疑問視する声が多かったようです。

しかしその後、マスターから思いも寄らない言葉をかけられます。

コネクトミッションで、BLACKPINKの「How You Like That」に挑んだダヨンは、迫力あるパフォーマンスを披露し、マスター達から「ボーカルもダンスも1番安定していた」「なんで1位なのかわかった」と大絶賛されました。

するとその後、ボーカルマスターのイムハンビョルは「ダヨンはわざとトップ9に入れなかったんだ」と、衝撃的な告白をします。


理由については「どうせ後から入りそうだったから」と、ダヨンのずば抜けた実力を見込んでのことだったことを明らかにし、自信をなくしていたダヨンがその言葉に号泣するというシーンが放送されました。

一見めちゃめちゃ感動エピソードのような感じがしますが、これをみたネットユーザーたちは「わざとって何?」「どれだけ傷ついたと思ってるの」マスターに対する批判が集中しているようですね。


たしかに今回ガルプラのシステム上、cellでどれだけ人気、実力があるメンバーと組めるかが結構重要になってきますよね。

TOP9に入ると先にcellを組む相手を決めることができるので、ぜひともTOP9候補に入りたいところですが、その特典を「わざと与えなかった」なんてちょっとダヨンが可哀想です。

さらに今回の件が、番組によるシナリオ通りなのでは?と話題になっているようです。


たしかにセンターを務めたにも関わらず、9位候補にすら入れず、ミッションではミスした訳ではないのになぜか責められ、しまいにはマスターにわざといれなかったと言われる始末。

そんなめちゃめちゃ不運なダヨンが、ここから這い上がって見事デビューするみたいなサクセスストーリーを番組が作り上げているのではないかとも言われているようです。

ただまだ番組の序盤ですので、シナリオが実際にあるかどうかは今の段階では判断できませんが、もしシナリオがあったとてしもMnetがやったことであって、ダヨン本人はなにも悪くないですからね!

Sponsored Links


TOP9圏外はMnetの操作が関係してるのか?

この前の順位発表では、個人順位Kグループで7位,cell順位では9位にランクインしました。

次の順位発表では各グループ10人ずつ脱落のようなので、かなりギリギリのラインですよね。

ネットユーザーの反応は「脱落しなくて安心した」などそこまで意外な結果というほどではなかったようです。


ダヨンはコネクトミッションでベネフィット獲得できませんでしたし、同じcellのメンバーもそこまで高くない順位なので、これは妥当と思っている方が多いのかもしれませんね。

ただ順位操作というよりもダヨンの場合は印象操作されているような気がしなくもないですよね。


シャオティンや江崎ひかるが褒められたりすると必ずと言っていいほどダヨンの真顔が映りますし、番組が各国のセンター同士でバチバチになるシーンを求めているのが、とてもわかりやすく伝わってきますよね。

いずれにせよ、何度もいいますがダヨン本人はなにも悪くないですからね。

もし操作してたとしても、ダヨンではなくMnetに抗議しましょう!

Sponsored Links


まとめ

ということで、今回は

・キムダヨンのプロフィール

・TOP9にいれなかったのは番組のシナリオ?
・TOP9圏外はMnetの操作が関係してるのか?

についてまとめてみました!

少しでもガルプラ、キムダヨンに興味を持って頂けたらとても嬉しいです!

ここまで読んで頂きまして誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です